ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自称魂斗羅の血が騒ぐ


Wii用バーチャルコンソール/MSX2版「魂斗羅」を遊ぶ。総じて評価の低い本作ですが、昔ながらのシンプルな魂斗羅が好きな人ならソコソコ楽しめる気がします。作り込みに欠ける部分が其処彼処に見られるので、クオリティー重視の人には全くオススメ出来ませんけど。

自機の動きに合わせて画面がスクロールせず、端へ行く毎に次のエリアへ切り替わるゲームスタイルは独特。ボタンの押し加減でジャンプの高度が変えられるのも、魂斗羅シリーズとしては珍しい仕様です。ライフ+残機制に加え、エブリエクステンドも有るのが嬉しい。

だがしかし。武器の種類が少ない上に、どれも変わり映えしないのは残念賞。スプレッドガンの無い魂斗羅はかなり寂しいって云うか。ファイアーガンのショボさと弾速の遅さにもガッカリ。


MSX2版は全体的に敵の弾が遅い関係もあって、特に3D面は難易度が低下しています。新アクションとして方向キー上+ショットで通常より高い位置へ撃てるようになったモノの、特定の砲台やセンサー以外には当たらないので殆ど意味が無い感じ。

3D面ではマシンガンとノーマルショット以外の武器が使用できないのは酷いかも(強制的にノーマルショットへ変更されます)。


各面の構成はAC版に忠実…とは言い難く、その再現性はかなり大雑把。爆発する橋や天井から収縮するスパイクなど、ステージギミックの殆どがオミットされています。

ツンドラ地帯の中ボス(装甲車)のやられ判定が自機の銃口(射撃位置)より若干高めの所為で、ファイアーガン以外の武器では効率的にダメージを与えられないのが面倒。ナンでこんな余計な事をしたのやら。


MSX2版はステージ数が倍増しており、AC版の最終面・エイリアンステージは中間地点に過ぎません。安易にステージ数を水増しするよりは、1面あたりのクオリティーアップに努めて欲しかったなぁ…と云うのが正直なトコロ。

各ステージの背景色によって、自機のパレットが微妙に変化するのは面白い仕様だなぁ、とか。まぁ、ハードの制約による苦肉の策なんでしょうけど。


エイリアンステージ以降はMSX2版ならではのオリジナル展開。と云っても、これまでに登場したステージをアレンジした程度の内容です。

縦穴を降下する洞窟ステージはなかなか面白いのですが、落下先のエリアに着いた途端に敵と接触するケースもしばしば。ライフ+残機制だから許されるアバウトさって感じ。こんなんで死ぬとゲンナリしますけど。


マグマ地帯は自機の接近に合わせて火柱が噴出する箇所があり、接触すれば大ダメージを受けます。画像のエリアはちょっとした難関で、火柱をかわしつつ左右に動く浮島を渡るのが結構シビアだったり。ザコ敵と砲台の攻撃がかなり鬱陶しい…。 

浮島で火柱に直撃して、ブッ飛ばされた挙句に転落死。まさか魂斗羅で「悪魔城ドラキュラ」や「魔界村」のような死に方をするとは思わなんだ…。


最終面・邪悪空間(すげえネーミング)の最深部に構えるラスボス。自機狙いの弾を低速で延々と撃ってくるのが厄介です。画面内にいつまでも弾が残っていて、避け難いったらありゃしない。

床と天井に張り付いたザコの巣を潰すのに苦戦している内に、徐々にライフを削られてラスト1機をロスト。弾を避けつつザコを処理するのが精一杯で、ラスボスに殆ど撃ち込めませんでした。無念。


せっかくだから再挑戦。中盤までは順調に進んでいたハズなのですが、最終面に辿り着く頃には残機が尽き果てていました。どうやっても被弾を避けられないポイントが結構あるのが厳しいって云うか。

今回は床の巣を一掃したら速攻でボスの懐へ入り、天井から湧き続けるザコもろとも撃ち込みまくり! 丁度この位置は死角になるので、ラスボスの弾には当たらないのデス。ザコの体当たりがちょっと怖いのですが。


何とかラスボスの撃破に成功。そんな感じでMSX2版魂斗羅をノーコンALLクリア達成です。 


エンディングはテキスト表示のみで綴られ、BGMは1面の使い回しと云うお粗末さ。スタッフロールも無い為、かなりアッサリと終わります。自分としては結構楽しめたので満足デス。

| ゲーム | 20:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自称KONTORAの血が騒ぐ


Wii用「魂斗羅 ReBirth」をプレイ。イージー、ノーマルランクのALLクリアを経てハードランクに挑戦です。だがしかし。3面中盤~ボス戦のあまりの難しさにハマってしまい、これまでのゴリ押し攻略では突破できないと悟りました。そんな感じで、改めて腰を据えて攻略に取り組む事に大決定。残機を可能な限り増やし(最大7機)、コンティニューしまくってでもハードランクをクリアしたい!!

自機の中ではトカゲ型エイリアンのプリスケンがお気に入り。他のメンツより足が速いのがイイ感じ。あとカッコイイ。

画像の3面中ボスの弾幕はトラック下段の安全地帯で回避(右から3番目の柱に後ろ足の踵を合わせてしゃがむ)。それ以外の攻撃は全てトラック上段の画面左端で垂直ジャンプでかわします。通常弾、誘導弾ともに引き付けてからジャンプするのがコツ。


ノーマルランクまでは、何とかトラックの上でやり過ごせたアルパカ群。ハードでは積極的に前へ出て、常にアルパカの上を渡って行かないとダメっぽい模様です。前後から登場するザコは出現と同時に倒したいトコロ。

ミスして自機が復活する際に足場が無いと(アルパカ不在だと)、次以降の自機もそのまま転落死を繰り返すのは酷い。こんな所で死ぬ方が悪いんでしょうけど。


3面ボス第2形態までノーミスで到達。ボスの予備動作で攻撃パターンを判断して対応します。ノーマルランクでは見られなかった新たな攻撃もあり、苦戦は必至と思われます。屈折レーザーなんて、初見じゃ避けようも無いって云うか…。


豊富な攻撃バリエーションに思うように対処できず、6機を費やして遂に3面ボスを撃破…。結局、最後はゴリ押し気味の攻略になってしまいました。勝てば良かろうなのだ!

3面の展開は一難去ってまた一難と云った感じで、クリアまでの道程は本当に険しかったデス。ここだけで果たして何人のKONTORAたちが散っていった事か…。


自分にとっては3面が難度的にピークだったようで、以降はサクサクと進行~。4面をコンティニュー1回で突破して、最終面も順風満帆って云うか。今回はたまたま調子が良かっただけなんですど。


ラスボスは攻撃パターンをチェンジする毎に画面の向きまでチェンジ。宇宙デブリと思しき廃棄物で攻撃してきます。廃棄物は破壊不能のモノもあるので、攻撃パターンによっては回避に専念~。


画面の向きに関わらず、自機は十字キーを押した方向に移動します(画像の場合は十字キー上で↑に移動)。画面回転はラスボスのトンデモ能力を演出する表現としては非常に面白く、咄嗟の画面回転でも操作が混乱しないよう配慮されているのは良いなぁ、とか。


ラスボスを撃破。残機増やしまくり+コンティニューしまくりなので達成感は希薄ですが、取り敢えずハードランクをALLクリア達成です。やっぱり全ステージを通して3面が一番難しかったような…。


エンディング。NEO沙羅曼蛇軍の野望を打ち砕いたKONTORAたちに大はしゃぎする銀河大統領。ストーリーデモはオープニングも含めて全編こんな調子です。明確なストーリー性や設定も有って無いようなモノなので、気にしたら負け。

大統領のバックに飾られた旗のようなモノには、初期の魂斗羅シリーズで地球侵略を企てたエイリアン部隊・レッドファルコンのようなアイコンが。まぁ、深い意味なんて無いんでしょうけど(凄い気になる…)。


戦いを終えた主人公・ビルは再び眠りに就く。ビルが長らく休眠状態となっていた理由、そして自身の存在すら忘却していた理由も語られず、一方的に物語の幕は閉じます。KONTORAの一員でもある女子ロボ・TSUGU-MINの立ち位置も不明確なままに…。


NEO沙羅曼蛇軍の統率者であるチーフ沙羅曼蛇=プリスケンが、何故KONTORAの一員に加わり、NEO沙羅曼蛇軍の壊滅に手を貸したのか。わからん、全然わからん。

ナンかしらの条件を満たす事(全キャラで最高ランクをクリアする、とか)で、謎と複線とハッタリとバカ丸出しのストーリーの全貌が明らかになる…のか!? 


ハードランクをALLクリアすると、更に難度の高いナイトメアが選択可能に。敵が死に際に破壊可能の撃ち返し弾を放つようになります。撃ち返しは兎も角として、純粋に難度の上昇が凄まじく、自分は2面中盤で早くも限界を感じました。無理だコレ。

| ゲーム | 20:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

I'am 駆け込み需要者


Wiiショッピングチャンネルの購入ポイントの追加終了を間近に控え、慌ててバーチャルコンソール他の買い逃していたソフトを補完。今後、現行機種に移植されない可能性のあるタイトルを優先的に確保…と云うワケでも無く、純粋にプレイしたい(プレイしてみたかった)モノを購入しました。

だがしかし。


ソフトの購入は来年まで可能とは云え、購入に必要なポイントの追加は明日の早朝(確か5時前)までなワケで。そんな事を考えていたらアレもコレも欲しくなったので、更にポイントを購入。まぁ、2500ポイント程あれば大丈夫かな…。多分。

…何を買うか悩むのは、明日以降にしよう。

| にっき | 20:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダブルドラゴンフィスト・双截拳幟


MD版「ダブルドラゴンII」を遊ぶ。アーケードアーカイブス版のノーコンALLクリアが安定してきた(気がする)ので、せっかくだからMD版もこの機会に挑戦~。MD版は発売当時に購入しておきながら、あまりにも残念な移植度で殆ど触れていなかったのデス。岩田匡治氏が担当したサウンド全般は非常に良い出来なので、その為だけにソフトを手放さずにいるのですが。

どの場所でも複数の敵が同時出現するのはMD版の嫌な仕様。ウイリアムスを始めとするザコ敵のアルゴリズムがAC版よりイヤらしく、こちらのパンチが当たらない軸をキープしながら襲ってきます。ジャンプキックを多用してくるのもスゲー鬱陶しいって云うか。

ザコの中でもリンダの強化が著しく、その体力はAC版の約2~3倍にアップ。例によって掴み攻撃が行えない上に直ぐ転倒する為、武器やスピンキック(龍尾乱風脚)以外の攻撃では持久戦になりがちデス。素手、ナイフ、先狼鎖のリンダが一度に攻めてくる1面序盤は最初の難関(ちょっと大げさな形容ですけど)。


頑強なボディーが取り柄だったアボボは何故か弱体化。バックキック>ハイキック(回し蹴り)を2セット決めるだけで昇天します。同じような敵キャラのオハラは先のステージへ進むごとに強くなるのに、アボボは3面ボス前の2体も弱いまま。不遇。


MD版はAC版準拠の忠実移植…と見せかけて、随所にアレンジが施されております。2面終盤のベルトコンベア地帯はなかなか面白いギミックって云うか。慣れない内はコンベアに振り回されると思いますが…。

3体のローパーはスピンキックで対処すると楽に捌く事が出来ます。


2面ボス・アボレとの闘い。自機の攻撃判定と敵のやられ判定が噛み合わない為、AC版のように積荷の上から安全に攻める戦法は通じません。ココは正攻法で勝負。

MD版は攻撃ヒット時に獲得できるスコアが一桁足りない感じ。パンチとバックキックが1発10点、ジャンプキックが20点とか幾らナンでも安すぎるんですけど。ちなみに面クリアボーナスはAC版から変更はありません(3000点~8000点)。


手榴弾リンダは3面序盤の曲者。手榴弾を投擲>手榴弾を拾って投擲>拾って投擲…を素早く繰り返しながら自機に纏わり着きます。運悪くリンダと密着状態で手榴弾を喰らってしまうと、起き上がりのタイミングがリンダと被ってしまい、そのつど密着で手榴弾を喰らってダウン…と云うハマリに陥ります。

軸をずらしながら距離を詰め、スピンキックでブッとばしてやるのが宜しいかと。


中盤のトラクターは攻撃頻度がAC版より高く、ローパーの処理以上に回避の優先を強いられます。画面の両端にある空間は一見安全に見えますが…

素手ローパーとスコップローパーを相手に、トラクターの攻撃を避けるのは結構シビア。この場面に限ってはAC版より難しいやも。


1ミスで最終面に到達。チン・タイメイを倒したらフロアから落ちない程度に下まで行き、足を止めずに一気に前進。彫像の槍とせり出しブロックを安全に突破できます(この方法で3回挑み、3回とも無傷で梯子を降りられました)。AC版の攻略法がそのまんま通用したのがちょっとビックリって云うか。


回廊の先に待つオハラ2体とリンダを倒し、いよいよ最終決戦の舞台へ。


最終面のボスエリアへ入ると、ありがたい事に自機のライフと残りタイムが全回復します。ボスクラスの敵は全体的にAC版より弱体化している為、2体を同時に相手にする場合でも多少は無理が利く感じデス。バックキック安定~。


チン・タイメイを1体を倒した直後に中ボスのウイリーが乱入。マシンガンを喰らわないように注意を払いつつ、先ずはチンから倒して行きます。


ラスボスは他のボスクラスの敵と同様に、AC版より攻撃力と体力が低下。パンチ連打を数セット叩き込むだけでアッサリ倒せます。憑依攻撃の威力も微々たるモノだったり。

そんな感じで、MD版ダブドラIIをデフォ設定でノーコンALLクリア達成です。先日の記事で紹介した方法でスピンキックが打ち放題になったら、途端にMD版が易しくなった印象って云うか。鈍重なゲーム動作を許容できれば、意外と遊べるやも…。


エンディングはモノクロームで綴られるジャンプキックの思い出。今回、アボレは肘鉄だけで倒したんですけど。ナンて云うか、切なさ溢れるエンディング曲が勿体無い終わり方デス。

MD版はマリアンとリー兄弟の写真(のグラフィック)を用意できないほど、ROM容量がカツカツだったのかな…。なお、設定を変更してもエンディングに変化はありません。

| ゲーム | 20:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。