ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファミコン版パロディウスだ! オプション増殖と副作用の検証


ビックバイパーかタコを選択してゲームスタート。ダブルか2WAYミソでステージ中盤の天井を破壊して、そこから画面を上にスクロールさせるとエキストラステージへ行ける。

天井を破壊するタイミングが遅いとエキストラには行けないので注意。


エキストラステージの最深部には、ゲーム中の機体変更を可能にする点滅カプセルが存在。ココに到達するまでにオプションを3個装備して、ツインビーかペン太郎にチェンジする。

ビックバイパーでスピード×1、ミサイル、ダブルを装備した上でオプション×3を取得するには、道中で手に入るカプセルを全て回収する必要がある。もしもの為に開幕の空中戦でわざと1ミスして、保険カプセルを用意してから挑戦するのが良いやも。


エキストラステージでツインビーかペン太郎に機体変更すると、最大でオプションを7個まで装備可能になる。4個目以降のオプションは、1個目の後ろに纏まって配置される。



ノーミスを維持して、3面以降のエキストラステージで再度機体変更すれば、ビックバイパーやタコでも多くのオプションが装備可能。5個目以降のオプションは1個目の後ろに配置される。

機体変更直後は画像のようにダブルやレーザーが化けて表示されるコトも。


オプション増殖したビックバイパーで最高速度まで上げるも、1個目と5個目以降のオプション間隔は殆ど広がらず。意味なし。


エキストラステージは1面以降も各所に点在。3面エキストラは、中盤の斜めスクロール直前の外壁を破壊するコトで進入可能となる。

斜めスクロールが始まる前に内部に進入する必要があり、そのタイミングもかなりシビアなので要注意(進入が遅いとスクロールに巻き込まれ、速いと壁に激突する)。


5面のエキストラ入り口はモアイ戦艦の口の中(奥の方)。口を破壊して中に入ってもフラグが立たない時があるが、そのまま待っていればエキストラへ行ける(フラグ前に口の奥へ行き過ぎると激突死)。鼻の砲台は潰さなくてもOK。


6面エキストラはボス前の地形にある怪しいポイントが入り口。

●オプション増殖時は通常のプレイでは起こらない現象が発生します。以下は自分が実践、確認した範囲でまとめたモノです。


■オプション増殖のメリット

・火力の向上と攻撃範囲の拡大。特にオプション数が少ないツインビー&ペン太郎には恩恵がデカい。

・自機と6個目のオプションから射出されるダブル系、レーザー系の弾速が上がる(ビックバイパーのレーザーは5、6個目のオプションが弾速アップ)。


■オプション増殖のデメリット

・オプションを5個以上装備するとバリアが張れない(張った瞬間消える)。

・オプション4個まではバリア可能。ただし5個目のオプションを装備すると消滅(以降バリア不可)。ツインビーの場合は残っていたバリアが1個目のオプションに移るが、グラフィックのみで判定は一切無い。

・7個(限界)まで装備すると不可避の不具合が発生する(※)。オプション増殖は6個を推奨。

※突然死、ボスが出現しない=面クリア出来ない、フリーズの何れかが発生。

・画面のチラつきとタイマー落ちが増大。

・タコの自機、および6個目のオプションから出る2WAYミソの軌道が変化し、前方に射出されるようになる。また、6個目のオプションから出るリップルが2WAYミソ(上側)と同様の軌道に変化し、テイルガンの場合は自機のショットが2WAYミソ(上側/前方発射)に変化する。

・ベルパワーが正常に機能しなくなる。

●オプションを6個装備すると、副作用でベルパワーに変化が現れます


■ボム(青ベル)の変化

・ショットを押しても任意のタイミングで発動できない。連射しまくってもボムれない時がある。ボム発動時の効果は以下の通りで、任意の効果を選ぶことは出来ない。

・ボムのストックが3発に増える。

・ボム発動後、画面がホワイトアウトしたままになる。その際は地形が表示されなくなるが、見えない地形にぶつかると死ぬ。

・ボム発動後、画面内のスプライトで表現されるモノ(自機、敵、弾など)だけが黒く表示される。2面など背景が黒い場面で発生するとゲームにならない。

・ボム発動後、画面内のBG面で表示されるモノ(地形、ボスなど)の発色(明度)が上がる。

・何度ボムってもストックは尽きないモノの、発動してもSEのみでボムとしての効果は一切なし。

・ボム発動後(ホワイトアウト終了後)も効果が持続する。敵は出現と同時に破壊され、ボスの攻撃を含む敵弾は画面に出る前に消滅。ボム効果でボスにダメージを与えることは出来ても(ただしボスは痛がらない)、ショットを当てない限り倒せない(っぽい)。面クリアで効果終了。

・菊一文字(赤ベル)を取っても変更されずボムのままの時がある。


■菊一文字(赤ベル)の変化

・ショットを押しても任意のタイミングで発動できない。連射しまくっても菊一文字が射出されない時がある。

・射出時の軌道がおかしくなる。装備してるダブル系orレーザー系装備の影響を受けるようで、ダブル装備のビックバイパー&ペン太郎だと前方斜め上に発射する。3WAY装備のツインビーだと前方斜め下に、テイルガン装備時のツインビー&タコは後方に菊一文字を射出。なお、オプション増殖後の菊一文字は、自機では無く6個目のオプションから放つようになる。

・菊一文字のストックが無限になる(※)。ただし菊一文字展開中に1発でもショットを撃つと消えてしまう。菊一文字は射出から着弾、展開までの間(アイコン状態)も弾消し効果があり、その範囲も広いので意外と重宝する。特に敵&弾の多い6面道中はコレがあるとかなり楽になる。

※ストック表示がゼロの時に画面内の菊一文字をスクロールアウト、もしくは自然消滅させてしまうと無限終了。機体変更しても終了。

・副作用で6個目のオプションから放たれるダブル系、レーザー系の軌道(射角)、効果が変化。ビックバイパー&ペン太郎のダブルは画面端で垂直上昇し、ツインビーの3WAYは画面端で垂直下降する。タコのリップルは2WAYミソ(上側)と同じ起動で飛ぶ。タコのリップルとペン太郎のスプレッドは画面端に固着して(ショット判定あり)、一定時間経過で菊一文字が一瞬だけ展開する。

・ランダム性が強くメリットの薄いボムよりも、安定した効果が得られる無限菊一文字は攻略にも有効。


■1UP(白ベル)の変化

・何個取っても効果がない(1UPしなくなる)ことがある。ツインビーでスピード×2、ロケットパンチ、3WAY、オプション×6、バリア、菊一文字を装備してる時に発生。機体変更で正常に戻る。

なお、スコア(黄ベル)、無敵(点滅ベル)は特に変化は見られません。


●まとめ
20年以上前に知ったオプション増殖技を、今さらながら徹底的に検証してみました。ウワサを聞いた当時はどうせ「ウソ技」(それも大関技)だと思いましたが、実際に自分でオプション増殖を確かみてみた時の感動は今でも忘れません。

| ゲーム | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT