ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

I LOVE GRADIUS I. その4


X68000版「グラディウス」を遊ぶ。グラディウスは市販ソフトでは無く、初代X68000の付属品=デモソフトとしてバンドルされていました。X68版はアーケード版との差異こそあれど、そのハイレベルな移植度に当時のゲーマーはココロをときめかせたモノです。


X68版は自機とオプションのレーザー射出タイミングが同期していて、アーケード版の様にバラバラに撃つコトが出来ません。結果、オプションを収束してレーザーを切れ目なく撃ち込むコトが不可能になったり。

更にマザーや肉だんごと云った一部の敵を貫通しない等、レーザーの使い勝手が微妙に悪化しているのはちょっと気になるトコロです。判定の大きさやワインダーの再現性が高いだけに、それらの不具合がなおさら惜しいって云うか。


他にもオプションがグラⅡ以降のクセの無い挙動に変更されていたりして、アーケード版同様のプレイ感覚には至りませんでした。たかがオマケソフトにそこまで求めるのは酷な気もするのですが…。

そんなX68版グラディウスは有志の手によって生まれ変わるのですが、それについてはまた後ほど。


X68版グラディウスは「スペースハリアー」と同様に、ユーザーによるデータ改変が人気を呼びました。ココでは自分が所有する、いわゆる”改造グラディウス”を何本か紹介したく思います。

「グラオパ」(正式名称不明)はキャラデータの差し替えによる改変が施されたモノ。ビックバイパーは「ファンタジーゾーン」のオパオパに描き換えられており、ビッグコアを始めとする殆どの敵が別モノに変更されています。


特殊細胞ステージはパレット変更で大幅にイメージチェンジ。暖色系も悪くないじゃなイカ!

グラオパには元ネタ不明のキャラが多数出現しますが、そのセンスは概ね初代「パロディウス」に通じるノリだったり。撃破時の爆風もパロっぽく擬音で表現されています。


最終面の終盤に登場する電磁バリアは「極上パロディウス」のクレイジーコアを彷彿とさせるアレンジに。ちなみにラストの脳味噌はオリジナルのまんまでした。

自機がオパオパだから、ラストは絶対パパオパだと思ったのになぁ(身勝手な要望)。


「グラデュウム」は敵の配置や出現数、ランク等を極端に変更した地獄のような展開が特徴。ビッグコアのフライング出現や超連射68ダッカーなど、その地獄っぷりは1面からご覧の有様だよ。


2面のストーンヘンジもハッチ増量で満員電車状態に。少しヤリすぎじゃなイカ?


特殊細胞の網目にハッチを設置すると云う斬新な試み。グラデュウムは自分のような素人に太刀打ちできるバランスでは無いので、デバッグモードの無敵設定でプレイしました。あしからず;;


「グラディウス PRO」はX68版の不具合の数々を修正して、よりアーケード版に近いグラディウスを再現しております。修正範囲は多岐に渡り、BGMもアーケード版に忠実な音色に変更されました。

これが! これこそが俺たちの望んだグラディウスって云うか!!

レーザーの同期ズレの再現によって火山での稼ぎが実現!(画像参照) X68版は噴出される火山弾が多い所為か、1面クリア時のスコアがアーケード版を余裕で上回ります。


パレットにも手が加えられ、薄緑がかったビッグコアもアーケード版のような発色に。パレット変更の影響を受けてか、グラディウスPROでは残機のストックアイコンが色バケしていたりして。


オプションの挙動はやや誇張されている感はありますが、初代グラディウスならではのクセを再現しております。それにしても、あのX68版がココまでアーケード版に近付くとは思ってもみなかったですよ。グラディウスPROがリリースされた時は、感動のあまり狂ったように遊びまくったっけ…。


最後に紹介するのは「グラディウス EXPERT」。敵配置+出現数の改変に加え、グラフィックも一部描き替えられております。グラデュウム程では無いにしても難易度はかなり高く、当時は1ゲームクリアを断念した覚えが…;;

ハッチを積み重ねるコトで射線を遮り、絶対的な防衛網を敷くと云う発想に思わず座尿。


魚類のようなフォルムに変更されたビッグコアが印象的。ベルサーとバクテリアンのコラボなら、こんなデザインもアリかも知れない…。なんつったりしてなー。


4面ボス前のラッシュでアイアンメイデンの代わりに「パックランド」のクライド(和名:おとぼけグズタ)が登場。アイアンメイデンのフワフワした軌道が、UFOに乗ったクライドにマッチしすぎでスゲーって云うか。


5面の肉だんごに「沙羅曼蛇」のゴーレムの触手を移植。何かゴーレムの幼生って感じ。

ゴーレムの幼生をゼロス軍で培養し、成体をサラマンダ軍が管理、前線へ配備している…とか妄想すると「コズミックウォーズ」の続編が出ないかなー、とかイメージが無駄に飛躍するから困る。

さりげなく飛び交うギャルボスがまたイイね。


最終面の空中戦で電磁バリアがフライング出現。ココまで来たら何が起こっても驚かないぞー。なお、最終面はフル装備でランクが上がっていると、開幕からエンディングまで常にザブが飛び交います。

どうでも良いけど、ヤマモなんて誰が知ってるんだよ(笑)。


要塞内部もご覧の有様だよ。メカ触手をフロアに配置するのは「ゴーファーの野望 エピソードⅡ」の終盤みたいで面白いなぁ。コレでもう少し落ち着いた難易度だったら良かったのに。

あー、今回は本作も無敵でプレイしてます;;


そんな感じで、サターン版グラディウスを切欠に始まったグラディウス週間(?)も今回で終了です。久々にグラディウスの移植の歴史を振り返るコトが出来て、自分的には非常に充実した日々を過ごせましたですよ。スゲー楽しかった!!

やっぱグラディウスは、ナンだカンだ言っても初代が1番って云うか。そんな感じデス。

| ゲーム | 20:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT