ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セビキャンを(今さら)極めるオニ


今日もPS3版「スーパーストリートファイターⅣ AE」を狂オシキ鬼で遊ぶ。CPU戦を効率良く進めると特定のコンボと波動昇龍ばっかになり、対戦を想定した立ち回りの練習にならないと気付く。

意識して色んな技を使ってみるもCPUは的確に迎撃してきたりして、コレはコレで面白みに欠けるって云う。やっぱり駆け引き=騙し合いの練習相手はCPUじゃ務まらないらしいです(それは当たり前)。


狂オシキ鬼の火力を更に伸ばすべく、EXセービング(セビキャン)によるコンボの延長を図ってみる。忙しい操作が苦手でセビキャン絡みのコンボは苦手だったのですが、この機会にガッツリ身に着けてみたいって云うか。今さら感バリバリではありますが、好きなゲームの好きなキャラを使うからには、より巧く使いこなしてみたいのデスよ。

多段ヒットする豪昇龍拳はセビキャンの掛けどころが難しく速攻で挫折。羅漢断塔刃(弱)は豪昇龍より安定するモノの、発生が速いコトもあってセビキャンもいささかシビアに感じたり。取り敢えず練習しまくってタイミングをモノにするしかないって云うか。


30分ほど繰り返し練習するコトで断塔刃のセビキャンタイミングが見えてきました。

J強P>4中P4強P>キャンセル弱断塔刃>セビキャン>強豪昇龍のコンボもそれなりに繋がり、練習した甲斐があったって感じです。これで400オーバーのダメージ+気絶値が大幅に稼げるのはデカいなぁ。


セビキャン練習の成果を他のキャラでも試すべく、サガットでワロスコンボ(J強K>近強K>キャンセル強アッパーカット>セビキャン>タイガーディストラクション)に挑戦。サガットを練習していた頃はなかなか繋がらなかったワロスが1発で決まってスゲー感動です。

狂オシキ鬼で鍛えたセビキャンの成果がこんなに早く発揮されるとは。


ミスするまでワロスを繰り返してみたところ、連続で11回まで繋がりました。ばんじゃーい。その後もワロスはそこそこ安定してヒットし「俺もやれば出来るじゃん!」などと増長してみたり。

わはは。

| ゲーム | 20:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT