ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ララ・クロフトGOL 一段落


PS3版「ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト」を取り敢えずALLクリア達成。スゲー楽しかった!! そんなワケで今回は、ララ・クロフトGOLを構成する3つのゲーム性について綴ってみたく思います。


■探索/アクション:操作性が良く、慣性や硬直と云ったクセも無いので、アクションは実に快適です。簡単操作で直感的にララを動かせる楽しさもあって、プレイ中にストレスは一切感じませんでした。

グラップリングフックやヤリ、爆弾等のギミックを用いたアクションも楽しく、それらを活かした遺跡内の探索がスゲー楽しかったり。使用回数に制限が無いので、色んな場所でイロイロ試せるのがまた楽しいのデス。 


■謎解き/パズル要素:トラップの解除などを中心に、遺跡の内部はパズル的な謎解きや仕掛けが満載。謎解きには忙しい操作=矢継ぎ早なアクションを要求される場面も多いのですが、操作性の良さもあってその辺りは全く問題ナシ。

各種ギミックも使い放題なので、じっくり腰を据えて謎解きに取り組むコトが出来ます。


■戦闘/全方位STG:個人的に本作で最も楽しめたパートです。遺跡探索&謎解きはスルーして、戦闘に特化したステージやチャレンジモードが有っても良いんじゃなイカ? と思えるほど夢中になれましたですよ(重度のバトルマニア乙)。

ララの武器は豊富に揃っておりますが、敵の種類も結構豊富。スケルトンは銃器で撃っても倒せませんが、ダウン中に爆弾を使うと撃破可能とか、防御力が高いシールド持ちの巨人はグレネードランチャーでシールドをブッ壊すと楽勝とか、敵ごとの個性&弱点もシッカリしていたり。

操作系&アクションがメチャクチャ丁寧に作られているだけに、アクション、パズル、STGに特化したモードが無いのが本当に残念デス。惜しい、惜しすぎる(by埼玉銘菓)。


■総評/まとめ:理不尽な謎解きやトラップが無い為、アクションアドベンチャーに興味が無い自分でもガッツリ楽しむコトが出来ました。操作性の良さとララの軽快なアクションがマッチしていて、細部まで作り込まれた遺跡内を動き回っているだけでも面白かったデスよ。

全体を通しての難易度は比較的易しい部類でも、リワードやスコアによって得られるアイテム等の取得条件はかなりシビアだったり。アクションアドベンチャーとしての敷居は下げつつ、やり込み派のプレイヤーも満たせるような作りはスゲー好印象って云うか。ひたすら難しく、極一部のマニアしか対象にしていないようなゲームが目立つ中、こう云った万人に向けたアプローチが出来るゲームは素晴らしいと思うです。

約1週間程でしたが、ララ・クロフトGOLを堪能させて頂きました。腹の底からスゲー楽しかった!!! 守備範囲外のゲームをプレイするコトで、自分のゲームに対する視野も少しは広がった気がします。だがしかし。自分は自分の好きなジャンルを突き詰めて行きたいって云うか。家庭用ならではのジャンルを否定する気は毛頭ありませんが、自分はやっぱりアーケードスタイルのゲームが好きなんで。

そんなワケで、ララ・クロフトGOLは今回で終了デス。さらばララ・クロフト! 宇宙のどこかでまた会おう!!

| レビュー | 20:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT