ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

俺より強い奴が会いに来てくれた@2月3日のにっき

この日は友人であり漫画家の斉藤和衛さんをお招きして対戦&ダベりまくり。更にゲストとして同人活動の好敵手たる村上雅貴さんを加え、ストリートファイターシリーズで熱い闘いを繰り広げまくりました。

かずえさんにお会いするのは数年振り以来。お忙しい日々の合間を縫って遊びに来て頂きました。村上さんは「無限のフロンティア」シリーズなど、かずえさんがデザインを担当されたキャラクターの大ファンだったり。お互い多少の面識が有るコトもあって、この機会にマッチングさせてみたのです。

全ての試合はかずえさん一人に対し、村上さん&自分が交互に挑むと云うスタイルで進行。基本的に負け抜け制ですが、あまりに不甲斐ない敗北を喫した際は再挑戦もアリだったり(なさけむようで交代だったり)。


第1試合はかずえさんの大好物「ストリートファイターⅢ 3rd STRIKE」。オンライン対戦に加え、未だにアーケードでも対戦しているかずえさんの腕前や如何に。

ちなみに対戦では北米PS2版「ストリートファイター アニバーサリーコレクション」に収録されたモノを使用しております。


かずえさんの使用キャラはリュウ一択。対する自分はユンをメインに、アクマとかケンとかいろいろ使用。自分はストⅢは殆ど遊んでいないクチですが、この日の為にユンを練習しておりました。

ユンの立ち回り&コンボはスパⅣで培った技術が応用できそうなので、自分的には結構イケるのでは? とか思っていたワケだ。いや、ワケです。


ところが。強烈な攻めと鉄壁の守りの前に何もさせて貰えない有様だよ。かずえさんは波動拳をあまり撃たない為に隙らしい隙がなく、安易に飛び込んでくるようなコトもないので、どう動いて良いかワカランって云うか。

で、牽制合戦に痺れを切らして飛び込むと昇龍拳で迎撃されたり、ブロッキング→真・昇龍拳で美味しく頂かれる、と。ぶっぱなした絶招歩法は必ずガードされ、投げのお釣りを貰って画面端へ。そしてキツい起き攻めが。


かずえさんはブロッキング精度の高さがハンパではなく、コチラの動きを完全に見切ってブロッキングを繰り出してくるのが恐ろしい。見切られた技や連携は的確に対処され、飛び道具はもはや牽制にすら使えないって云う。

ストⅢがブロッキング依存のゲーム性と云うのは大よそ理解していましたが、極まったプレイヤーが相手だとココまで封殺されるとは思ってもみませんでした。

それでもかずえさんは勝つコトだけに徹するワケでは無く、不慣れな自分や村上さんに使用キャラのアドバイスをしてくれるのが嬉しかったり。対戦で即実践可能な助言も多く、とても参考になりましたですよ。


相手に最大限の力を出させた上で、勝負を決める時はキッチリ決める。そんなかずえさんにシビれる憧れるゥな第1試合でした。悔しいけど実力差が有り過ぎるって云うか。うぐぐ…。


村上さんは使用キャラのアレックスに触れるのは10年振り位とのコト。序盤はパーフェクト負けする程に腕が鈍っていましたがでしたが、試合を重ねるごとに闘いのカンを取り戻してゆく様が素晴らしかったです。

■第1試合の試合結果:かずえさん/50勝くらい 村上さん+自分/計2勝くらい
・勝者:圧倒的にかずえさん ・勝者に一言:うまい、うますぎる(by埼玉銘菓) 


第2試合は北米PS2版「ハイパーストリートファイターⅡ」。ストⅢでの汚名を挽回するべく、初戦から本気ムキ出しのザンギエフ(X)で挑みます。対するかずえさんはリュウ、ケン(Ⅱ~X)をメインに、ガイル(Ⅱ~X)なども使用。

ストⅡは定期的に対戦を行っているので腕は衰えておらず、自分の実力的にはかずえさんと同等かそれ以上のハズ。今度こそ麗しのザンギエフでギャフンと言わせてやるぜ!


だがしかし。ストⅢが巧い人はストⅡもやっぱり巧いワケで、のっけから連敗街道マッシグラですよ。今思えばニードロップからのスクリューに固執しすぎたかも。膝を当ててもスカしても吸えるから、つい頼っちゃうんだよなぁ…;;


対戦中にこちらの行動テーブルが徐々にバレて行き、的確に対処されるのはストⅡでも一緒だったり。自分のザンギにおける立ち回りの要であるバニシングフラットも、そのタイミングを余裕で見切られる始末デス。ああ、我が世の冬。

まさかバニシングフラットを繰り出す直前に「そこでバニ(シングフラット)!」と突っ込まれ、速攻で潰された日にゃ思わず泣けてくるって云うか;; ザンギ以外のキャラでは(少しだけ)勝たせて貰えましたが、メインキャラ(ザンギ)で勝てなきゃ意味がないんだッ!


村上さんはT.ホーク(スーパー)で奮戦。2強Pや強Kなど攻撃判定に優れる通常技を活かし、上手く立ち回っておりました。スパⅣのホークとは使い勝手が違う所為もあってか、メキシカンタイフーンがあまり見られなかったのが残念。


終始冴えない自分のザンギでしたが、最終試合では天敵のガイル(Ⅱ)から辛くも勝利を収め、有終の美を飾りました。終わり良ければ全て良し。ザンギ・ビューティフル・ビクトリー。

■第2試合の試合結果:かずえさん/33勝 村上さん+自分/計17勝
・勝者:ダブルスコアでかずえさん ・勝者に一言:強い! 強すぎる~ッ!!(byローレンス・ブラッド)


せっかくだから北米PS2版「カプコン クラシックスコレクション Vol.2」の初代「ストリートファイター」でも対戦! 波動拳1発で体力の3分の1を奪う、ダメージのインフレっぷりが素晴らしいデス。昇龍拳が全段ヒットすると体力満タンから即死するとかサイコーすぎる。


対戦はかずえさん対自分の1試合だけ行いました。初代(6ボタン仕様)は必殺技の入力にクセがある為、流石のかずえさんもコマンドミスをしたり。そんなワケで、初代に慣れた自分はフツーに勝たせて頂きました。わはは。


対戦の後は毎度の飲み会。車で来たかずえさんはノンアルコールビールで乾杯~。

BGVに当サークルの前身時代の同人修羅場~コミケ参加当日までを記録したビデオを再生。ビデオに映る約20年前のメンツ(かずえさん本人も含む)の姿と、晴海で開催されていた93年の夏コミの様子に大いに感動して頂きましたですよ。村上さんにも楽しんで頂けて何よりでした。

ちなみに机に向かっているTシャツが自分で、手前のジーパンがかずえさんデス。この頃はみんな若かったね。


今回のおみやげ:カードゲーム「バトルスピリッツ」で、かずえさんがイラストを担当したカードを頂きました(サインを入れて貰う辺りミーハー(笑))。カステラも美味しかったですよ。どうもありがとぉ~。

かずえさん&村上さん、この日は夜遅くまでお付き合い下さって本当にありがとらのこいました。★★□ また俺と闘ってくれ!!

| にっき | 20:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT