ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弾幕STG=電流イライラ棒 ?


ニンテンドー64版「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー 電流イライラ棒」を購入。よく弾幕STGの弾避けの形容としてイライラ棒が挙げられますが、果たしてビデオゲーム化したイライラ棒のプレイ感覚は、弾幕STGの弾避けに通ずるモノが有るのでしょうか。

そんな感じで、今では誰も見向きもしないゲームに挑戦しようとしている私は、きっと特別な存在なのだと感じました。



取り敢えず、デフォルトでカーソルが合っているステージと、デフォルトの棒を選択してみる。弾幕STGに(そこそこ)慣れた身としては、難易度的に大したコースには見えないのですが…


しかし、実際にプレイしてみるとこれが地獄だったり。64のアナログスティックの扱いに慣れていないにしても、操作感覚が結構シビアって云うか。ジグザグ通路の隙間が直線に見えるような、目の錯覚を生かしたレイアウトも有ってイヤらしいったらありゃしない。

アナログスティックの傾斜角度に比例して棒の移動速度がアップし、Aボタンで更に加速が可能なフィーチャーは面白いなぁ、と。タイムアタック重視のゲーム性を強調する仕様で、実に男らしいって云うか。


何度も何度もミスを繰り返し、慎重に進んでやっとゴール! …かと思ったら、寸前でタイムアップしてガメオベラ。操作性もコースレイアウトも地獄なら、制限時間設定も地獄って云うか。うぐぐぐぐ…

…何て云うか、「イライラ棒」って云うネーミングは本当に素晴らしいわ。


苦労の末にやっとこさゴール達成~。残りタイムも結構余裕が有ったし、これはなかなか良い記録が出たんじゃなイカ!? ひょとして1位とか♪


結果は1位どころか、ランクインすら果たせぬ現実に驚愕。そして、このソフトの前オーナーによる壮絶な記録を見て唖然。1位は俺より10秒も速いのかよ!? 世の中には凄い漢(おとこ)が居るモンやで…。

それにしても、久々にゲームらしいゲームを堪能したと云うか。これで100円なら値段分は充分楽しめると思ったですよ。定価分は楽しめるか分かりませんけど。


まとめ:弾幕STGは向うから飛んでくる障害の隙間を抜ければ良いのに対し、イライラ棒は自ら進まないと障害を突破できない時点で別ゲームって云うか。アナログスティックの微妙な操作で進行角度と移動速度を制御する必要がある上、制限時間と云う概念がある為に比較になりません。

結論:弾幕STGとイライラ棒は別モノ。異論は大いに認める。って云うか、ジャンル的にはフツーにレースゲームだと思ったり>イライラ棒

■拍手コメント
K.B.V(キリエビューティフルビクトリー)・・・そういえば飢狼MOWのB・ジェニーも「ビューティフルビクトリー!」って言いますよね。何か元ネタがあるのかな?

absorb06さん、どうもです。そう云えばジェニーもそんなコト言ってましたっけね。元ネタとかは特に無くて、キャラクター性に合わせた勝ちセリフを考えたらこうなった、とか。バルログ・ビューティフル・ビクトリー。

| レビュー | 09:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT