ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時代は今、64


以前に購入したモノの、長らく放置していたニンテンドー64に火を灯す。って云うか、部屋の模様替えをした際に空いたスペースが勿体無かったので、せっかくだから64を引っ張り出してみたワケだ。いや、ワケです。


そんな感じで本格的に64を弄ってみたくなったので、前々から欲しかった北米版64ソフトをまとめて購入してみましたよ。「モータルコンバット トリロジー」、「ウォーゴッズ」、「バイオフリークス」、「メイス ザ・ダークエイジ」と、見事に格ゲーばっかですけど。

私信:永田正月さんへ 「キラーインスティンクト:ゴールド」を持て余してしたら安く売ってね(笑)。



北米版64ソフトの基板サイズやリージョンは国内版と共通です。が、カセット背面の形状(画像の赤丸で囲った部分)が異なる為、国内の本体には挿入できないようになっていたり。


そこでカセットの背面部分を国内のモノと交換します。特殊ドライバー(DTC-20)でカセットを分解し、国内版の背面パーツを海外版へ装着~。これで海外ソフトがご家庭でフツーに遊べるようになるワケです。ばんじゃい。

背面を加工したり変換アダプターをかますのもアリですが、この方法が手間も掛からずスマートで宜しいかと。特殊ドライバーと生け贄用のカセットを用意するのが億劫ですが。


早速、大本命のモーコントリロジーを遊ぶ。やっぱモーコンって云ったら、実写取り込み+2D格ゲーのゲーム性だよなー、とか。3D格ゲーに移行したモーコン4以降の作品も好きですけど。

PS版トリロジーは頻繁に挿入されるロードとその読み込み時間にゲンナリしましたが、64版はロードなしのシームレス展開で快適極まりないって云うか。しかし、登場キャラ数はPS版より8体ほど間引かれていると云う諸刃の剣。素人にはオススメできない。

64版でオミットされたのは基本的に裏キャラとボス連中なので、あまり気にならないと云えば気にならないのですが。


しかし、メインで使っていたサブゼロ(弟)が削除されてしまったのは困ったり。兄者は弟とコンボルートが違うので、慣れるのに時間が掛かりそう…かと思ったら、兄者の方が使い勝手が良いんでやんの。ばんじゃーい。

弟の必殺技も何故か使えるようになっているし、兄者で全く問題ないって云うか。


この俺の最強に強まったフェイタリティを喰らえ。サブゼロの代名詞たるヘッドリップ(首ごと脊髄引っこ抜き)は、発動の瞬間に画面全体がマスクされるようになってしまい残念賞。モデルとなった取り込み元の人物の肖像権を著しく傷付けるとして、人権保護団体に訴えられたってのは本当の話なのかしら。

実写取り込み時代のフェイタリティはユーモアもあって好きだったのですが、シリーズとハードウェアの進化に合わせて表現も生々しくなり、最新作はもう見てらんないって感じ。以前はゲームにおける残虐行為の表現と倫理規定に興味があったのですが、今はどうでもイイって云うか。


中ボスのモタロー先生にブッ殺されて終了。難易度をベリーイージーまで下げてもご覧の有様だよ。でも楽しいから平気。

| レビュー | 20:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT