ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新年会まくり@1月4日と5日のにっき

■1月4日/村上さんと手強い仲間たちがやってきた

同人活動の好敵手たる村上雅貴さんをはじめ、狐星さん、月辿ちょーちんさんが我が家にご来訪。メンツが全員揃ったトコロでWii版「仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ」を起動。やらせてみる。

超クラは方向キー以外に使うボタンが9個(+アナログスティック)と無駄に多く、とっつきの悪さから然程盛り上がらないと思っていました。が、気付けば3時間以上も対戦に熱くなる有様だよ。スカルやエターナルと云った大理不尽な要素も含めて楽しんで頂けたので良かったデス。


超クラが謎のビープ音と共にフリーズしたので、この日のメインディッシュであるXBOX版「ソウルキャリバーⅡ」に移行。キャリバーⅡでの対戦を提唱したサトーさんが事情により参加できなかったのは残念ですが、試合はスゲー盛り上がりました。

で、皆さんが兎に角強いんでやんの。キャリバーⅢ~Ⅳの頃よりキツいって云うか、まるで勝てる気がしないって云うか。聞けば皆さんの持ちキャラは新作が出る度に弱体化の一途を辿っていたらしく、去勢前のⅡだと大暴れ出来るとのコト(超要約)。

それにしても動きが今までと違いすぎるって云うか。手強い…。


自分はスポーン&ネクリッドでワカラン殺しを狙うも、バレてからは余裕で対処される始末。まさかレビテーションで飛んだ瞬間、狐星さんのアイヴィーにKILLワイヤー(違う)で迎撃されるとは思わなんだ。

そんな感じで、村上さんのシャンファには嫌らしく張り付かれ、月辿さんのカサンドラには面白いように回り込まれ、狐星さんのアイヴィーには間合いを問わずしばかれまくったのでありました。助けてソフィーティア。


4時間近くキャリバーⅡで対戦した後はいつもの飲み会。村上さんが持ってきてくれたウルトラマンの主題歌DVDをBGVに、ウルトラエッグを弄りながら飲みまくり&食いまくり。ガーッと飲んでゴーッと酔っ払いつつ、夜中の12時過ぎまで趣味の話題で盛り上がったのでありました。


1月4日に頂いた皆様からのおみやげ。うなぎサブレと村上さんの新刊、特撮系ソフビ人形を頂きました。みんなありがとぉ~! なお、ソフビ人形はセールで3個で1000円だったとのコト。安ッしー!! 自分の好きなエレキステイツを押さえてくれて嬉しいデス。

■1月5日/地元の友人&かつての地元の友人たちが押し寄せた

永田正月さん、ファラオさん、かろかろーさん、大田六助さん、チョロさんがご来訪。

4畳半の自室のキャパシティを超える人口密度の中、XBOX360版「ミッドウェイ アーケードオリジンズ」の「ピットファイター」で3人同時プレイを開始。参加者は永田さん、ファラオさん、かろかろーさんの3人=なささけむようの強者たち。

時に協力しあい、時に足を引っ張りあい、ゲラゲラ笑いながら最後まで楽しんで頂きました。「ピットファイターは1コインでストイックに攻略するより、友人とコンティニューしまくりで遊ぶ方がやっぱり面白い」とは永田さんのお言葉。確かに。だが、俺は(つづく)


「そんなことよりストⅡやろうぜ!」と誰かが言い出したので、PS2版「ハイパーストリートファイターⅡ」を起動。現役ストⅡプレイヤーの永田正月さんを相手に、グランドマスターチャレンジしてみるコトに。

しかし、永田さんに対抗できるのはファラオさんだけと云う寂しい現状。他のメンツでは実力差が開きすぎて、もはや駆け引きとして成立しないレベルだったり。それでも楽しいので、自分らは何度でも挑んでしまうのですが。誰か永田を調整しろ(笑)。


ストⅡ対戦が一段落したら少し早めの飲み会。BGVがてらに、対戦中に話題に上った動画をユーチューブで見てみるコトに。動画には80年代後半の池袋のゲーセン(シネマサンシャイン&ザ・ゴリラ)の様子が映し出されていました。

まだまだゲームセンターに活気や勢いがあった時代。その頃の熱気のようなモノが動画には溢れておりました。何もかもが懐かしい。あの頃は良かった…。

■80s Japan - Video Arcade ゲームセンター
http://www.youtube.com/watch?v=4Yjv3EVEfzE


そんな動画に触発されて、タンスの奥から昔のアーケード誌やゲーム攻略サークルのミニコミ誌などを引っ張り出してみる。これらは特にファラオさんにバカ受けで、ページをめくる度に「もう死にそう」と悶えておりました(笑)。

飲み会は例によって夜中まで続き、2日間に渡ってしゃべりまくった自分は喉がガラガラに枯れてしまいましたとさ。


1月5日に頂いた皆様からのおみやげ。グラップラー刃牙の単行本とか冬コミの戦利品とかチョロさんの新刊とからきすたOVAとか。みんなありがとぉ~! しかし、なぜグラップラー刃牙? しかも27、32、33巻とは中途半端な。

大田さん曰く「アントニオ猪狩のエピソードをまとめたので、しっかり読んで猪狩イズムを身に付けてくださいッ!!」とのこと。なんでやねん(笑)。

4日、5日の新年会に集まって下さった皆様、楽しい時間をありがとらのこいました。★★□
また俺と闘ってくれ!!

■拍手コメント
お久しぶりです。ナコルルさんを拝見しましたが、ガーストが最高ですね(^ ^)もし、ますじまさんの新刊が発行された際は是非とも購入致しますね(^ ^)

七海奈弦さん、どうもです。返信が遅れてすみません。食べ物に何でもマヨネーズをかける人のように、自分のエロ絵にガーターは欠かせない調味料なのです。新刊の予定は未定ですが、未定なりに企画は進行中だったりします(あくまでも未定ですが)。新刊を発行できた際は宜しくお願いします~。

| にっき | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT