ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どりょくせずにむくわれることはない


XBOX版「ソウルキャリバーⅡ」にてスポーンを再特訓中。有効な連携等を記した自前の技表が出てきたので、それを見ながら奮戦しております。使いやすい技が揃ったソフィーティアを弄った後だと、スポーンのクセの強さが面白くも新鮮に感じたり。

ある程度スポーンの何たるかを思い出せたら、今度はダミーをCPUに設定して延々とバトる。CPUはハードランク程度でも手応え有り過ぎなので、立ち回りや確反の練習にも最適って云うか。


練習の成果を試すべくエキストラアーケードに挑戦。苦戦しつつ最終面まで来れたモノの、ラスボス相手に反撃もままならず轟沈。まだまだ修行が足りない。

かつてトッド・マクファーレン氏の世界に魅了された者として、スポーンをガッツリ使いこなさなくては(あとネクリッドも)。


PS版「雷電」は7面ボスまでノーミスで到達。しかし。開幕の撃ち込みで欲張り過ぎ→ヤヴァいと思った時には目の前に弾幕→慌ててボムる→間に合うワケも無く→ご覧の有様だよ。


妖精のおかげで復活→7面ボスを撃破→はるばる来たぜ最終面。だがしかし。ヘリの熱烈大歓迎+5WAY砲台×2による猛攻が凄まじく→結局序盤が抜けられずにガメオベラ。どんだけボムっても突破できないとは。

そう云えば最終面の復活作業は、中盤より序盤の方が遥かに厳しかった気が。やっぱ装備を維持したまま最終面まで来ないとダメか…。まだまだ修行が足りない。

| にっき | 20:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT