ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冷静(平成)と情熱(昭和)のあいだ


Wii版「仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ」に夢中の日々。トレーニングモードで様々なライダーを弄っては悦に浸っております。た、楽しい…!

そんな感じでザビーが素晴らしい。一目見て[スズメバチがモチーフのライダー]と認識できるデザインに一目惚れですよ。その凶悪な面構えのマスクを始め、胸当てでスズメバチの胴を、肩当てで羽を表現しているのが秀逸すぎるって云うか。

ザビー(サポートタイプ)はプレイアビリティが極めて高く、とにかく動かしていてスゲー楽しいデス。サポートアタック2種類(アナログスティック横入力で前方からの一斉射撃、縦入力で4方向からの時間差射撃が可能)に加え、クロックアップ(2必)まで使える優遇っぷりは異常。もう一人のザビー(スピードタイプ)と、どうしてココまで差が付いた。


ゼクトルーパーの援護射撃はコンボにも組み込める頼れるサポート。画像は6必必(3段目)>援護射撃(横入力)>必>必を決めたトコロ。画面端だとコンボ中の援護射撃が全弾命中します。シメの必>必(ライダースティング×2)は、6必必の硬直が解けてから入力。

サポート呼び出しに2ゲージ消費しますが、最大で体力の約7割を奪うことが可能です。


ザビーは相手を浮かすエリアル始動技や膝崩れを誘発する必殺技があるおかげで、超必殺技へ繋ぐのも容易だったり。ライダーアーツによる高速移動も使い勝手が良く、楽しくて強いキャラに仕上がっていると思いますですよ。


昭和ライダー勢の中ではV3が楽しい。サポートで呼び出せるライダーマンのロープアームはガード不能なので、コンボをガードされた際の崩し技としても重宝したり。当然コンボにも組み込めマス。

画像は強強(4段目)>ライダーマン呼び出し>強>ロープアームヒット>必or6必 と云う少しクセのあるコンボ。ダメージは安めですが、連携としての見栄えは悪くないかと。


トレーニングモード豆知識:コンボが成立しているか否かを判断する際は、コンボヒット中に相手の設定を[CPU] [とても強い]に変更するのが吉。最強CPUは空中復帰や受身をしっかり取るので、繋がっていないコンボは余裕で抜けてくるのです。

って云うか、練習相手の受身設定とかしっかり用意しておいてくれよ;; 受身可能な連携で、コンボ表示のヒット数が上がる仕様もオカシイと思いますが。

| ゲーム | 20:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT