ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続・SNKとかアルファ電子の遺産の残骸


北米PSNにてMinis版「ヴァンガード」を購入。例によってお値段は2.99ドル(約240円)ナリ。安ッしー!! ヴァンガードは4ボタンで上下左右への撃ち分けが可能なSTGで、ステージによってスクロール方向が横、斜め、縦に変化するのが特徴です。

ゲーム開始直後のボイスは「ボンボヤージ」って言ってたのか…。餓鬼の頃は「だんご屋」としか聞こえなかったのに。


マルチスクロール仕様で外人ボイスによる実況が頻繁に挿入される辺り、「沙羅曼蛇」や「ライフフォース」に少なからず影響を与えた作品なのやも知れません。多方向へのショット撃ち分けを考慮すると「ヘルファイアー」や「ブラストオフ」の始祖と云う見方も。

まぁ「スクランブル」の亜流と言えばソレまでなのですが。なお、画面上部のMAPに従ってステージは進行します。


画面のスクロールもMAP通りですが、スクロール切り替え直後に次の敵がスタンバッているので、油断していると余裕で事故ります。

ラスト2面は縦スクロールステージ。敵は発砲したり体当たりしてくるワケでも無いので、画面下の方で撃っていれば大体OKです。スクロールの最終地点にはラスボスが待ち構えています。


遂にラスボス”ゴンドー”とのご対面…のハズが、出現→瞬殺の出オチで終了;; 左右の壁面には無数の砲台が構えている為、持久戦になるとかなり厳しいんですよ;;

ゴンドーを倒すかゴンドーに倒されると1周クリアとなり、スクロール速度が速くなった2周目が始まります。ステージ構成も少しちゃうねん。

総評:餓鬼の頃に遊んだヴァンガードの思い出そのままの出来って云うか。ボタン配置の関係もあってPS3の(連射)パッドとの相性もバツグン。目の肥えた今となっては、4方向への撃ち分けに必然を感じない敵の配置に思えますが、遊んでいてスゲー楽しかった&懐かしかったです。目に付く不具合も特に無いし、これで240円はお買い得だなぁ、と。


同じくMinis版「オズマウォーズ」も購入しました。が、こちらは酷い移植で腹立たしいコトこの上ないって云うか。移植ベースが白黒画面バージョンな上に、ヤマト出現時のジングルがインベーダーの歩行音で奏でられていて超ゲンナリ。オリジナルはそんな音じゃないだろ!!

ゲーム中の効果音がほぼ「スペースインベーダー」で、どう見ても(どう聞いても)新日本企画の純正基板によるエミュレーションではありません。本当にありがとうございました。

総評:何このコピー基板。240円返せ。

■拍手コメント
お久しぶりっす。以前話したかもしれませんが、後期のSNKループレバーゲームはデバイスは8方向(45度刻み)だけど、ゲーム内では12方向(30度刻み)なのでバトルフィールドはより細かい角度調整ができると、元アルファ電子の関係者から聞きました。

永田正月さん、ごっつぁんです!!! 回転の射角が従来より細かいのは以前に永田さんに教えてもらいましたね。で、その微妙な角度に向けたくて回転ボタンをチョン押ししても、無反応な時が多々あって困るんですよ。

どうやら回転ボタンには低速ながらも連射が設定されており、その所為で押し加減によっては反応しないようなのです。で、ソフト側で設定されている連射以上の入力を受け付けない為、高速回転も出来ないワケだ。いや、ワケです。

| レビュー | 20:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT