ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイマン対戦会 闘って戦って斗って@3月21日のにっき


友人にして同人活動の好敵手たる村上雅貴さん(スタジオきゃうん)をお招きして、趣味の格ゲーで対戦しまくりました。まずは対戦前のウォーミングアップがてらに、村上さんも楽しみにしていたPS3版「ストリートファイター×鉄拳」を遊んで貰うコトに。

リリ&飛鳥、リュウ&ケンでアーケードモードをクリアまでプレイして貰い、スト鉄の基礎を理解したら早速対戦です。


スト鉄を始めたての村上さんにガチ対戦を強いるのもナンなんで、今回はジャンブルバトルでそのお祭りっぷりをタップリ味わって頂きましたですよ。ちなみに村上さんはリリを、自分はニーナとメガマンを主に使用~。パートナーは任意で選んだりランダムだったり、試合毎にテキトーにおチョイスしました。


CPUキャラをパートナーにしてジャンブルバトルを開始~。のっけから殴り殴られの大混戦に早くも盛り上がりまくりデス。CPUはデフォ設定でも中々の立ち回りを見せてくれるのが頼もしく、ゲージが溜まっていれば積極的にクロスアーツも狙ってくれたり。パートナーを盾にしてスーパーチャージで大技をブッ放すのもいとおかし。

通常の対戦では、使い勝手が良すぎて敬遠されがちなジェム(オート投げ抜け&オートガード)も、乱戦で展開の速いジャンブルなら保険として丁度良いバランスに思えましたですよ。


スーパーアーツ(クロスアーツ)終了後は各キャラの状況がリセットされてしまう為、試合がほぼ仕切り直しになってしまう上のがナンとも…。対戦参加者全員が一切の操作を行えず、ただボ~ッと見てるだけの無駄な時間に何の意味があるのやら。過剰な演出は兎も角として、試合の流れを10秒以上も止めるのは流石にやり過ぎかと。


乱戦中だろうとトコロ構わず掌握を極めまくるニーナさん。なお、掌握の発動中はニーナが完全無敵になる為、相手のパートナーがどんなに暴れても仲間を救出するコトは出来ません(笑)。

掌握は他のコマンド投げやスーパーアーツ等と違い、カメラ切り替えの演出が無いので対戦の流れも途切れないのがイイですね。って云うか、多人数が一度に参加するモードなら、コレが当然の仕様であって然るべきだと思うのですが;;

結局、スト鉄はアーケードモード1時間+ジャンブル対戦を2時間ほど遊んで終了。止めるキッカケが無くてズルズルと対戦しつづけそうになった為、半ば強制終了に近いカタチで幕を閉じました(笑)。今度は4人揃えてジャンブル&ペアマッチで対戦してみたいなぁ。


スト鉄の後はXBOX360版「鉄拳6」で勝負! 村上さんと会う前にリハビリがてらにレオを弄ってみるも、全てのコンボ&立ち回りをド忘れしている始末。で、レオに夢中になってた頃にスッカリ動かせなくなっていたドラグノフが、何故か手足のように動かせるって云う不思議。

そんなワケで、今回も村上さんのリリを迎え撃つのは麗しのドラグノフに大決定だったりするワケだ。いや、ワケです。 


嗚呼、ドラグノフが行く。他人さまのプレイデータを参考に付け焼刃で仕上げたレオよりも、時間を掛けてじっくり鍛えたドラちゃんの方が身に着いていたって云うか。世の中案外そんなもの。どりょくせずにむくわれることはない。そんなワケで早速「フルボッコですわ!」(byスト鉄リリ)

なさけむよう。


と、思ったら。村上さんも日々リリを鍛えていたようで、前回の対戦会とは動きがまるで違ったりして。硬直の長い技を防がれると、もれなく確定反撃のお釣りを頂戴する有様だよ。こちらも迂闊に手が出せなくなり、しばらくは村上さんの動きを把握するのに必死になったりして。

対戦中に試行錯誤を繰り返し、リアルタイムで相手を攻略していくのってスゲー楽しい。


鉄拳ならではのテンポの良い対戦ペースに思わず熱くなり、ステージも変えずにイッキに80試合を堪能~。今回も勝たせて頂きましたが、次回は更に強まったリリと対戦できるコトを楽しみにしてますですよ。ウフフ…(by佐山タイガー)。

…自分もレオをしっかり動かせる様に鍛え直さないとなぁ…;;


本日の最終戦にしてメインイベントは、PS3版「スーパーストリートファイターⅣ AE」による[T.ホーク39番勝負]! 以前から村上さんと企画していたネタで、村上さん操るT.ホークに、スパⅣAEの全キャラを使って自分が挑むと云う対戦企画なのデス。

スパⅣはしばらく弄ってませんが「まぁナンとかなるでしょ♪」と、軽い気持ちで挑んだのですが…。


勝てる試合を落としてしまったり、殆ど弄ったことの無いキャラで圧勝できたりと、対戦している本人たちすら予想のつかない展開に思わず笑ったり(泣いたり;;)。殺意リュウTUEEEEE!! とか調子に乗っていたら、渾身の瞬獄殺をダブルタイフーンで返り討ちにされました;;

スト鉄の前転起き上がりに慣れた所為で、スパⅣの起き攻めがキツく感じたりもして。


一時期はメインキャラに据えていたモノの、結局は使いこなせずに挫折してしまった元で勝てたのがスゲー嬉しい。二つの流派を切り替えながらの立ち回りは忙しくも面白く、元でもう一度頑張ってみようと云う気持ちが湧いてきたデスよ。


一方、勝つ気マンマンで余裕ぶっこいていた春日野さんは、見るも無残な大惨敗を喫するハメに。まさか1本も取れずに敗北するとは…;; あー悔しい! いま思い出してもあの無様な負けっぷりは悔しいなぁーもぅ!!!

…ううう、村上さんが以前より強まっているのか、自分が以前より弱まっているのか。
はたまたどっちもか;;


T.ホークのヘビーボディプレスが思いのほか厚く、ガイルのサマソもあっさり潰される有様だよ。そんなワケで対空は間合いの広い空中投げで処理するコトに。適度に待ちつつソニックで焦らして、飛んだトコロを千切っては投げ千切っては投げ。

早めに攻撃を出されると空中投げも潰されますが、そうなったらそうなったで今度は2強Pで迎え撃てば良いワケで。やっぱガイルは強いわ♪


最終戦の自キャラはローズ。迎撃に放ったソウルスルーがことごとく潰され、ロクに活躍も出来ずに試合終了です;; 前回の対戦会ではローズの圧勝でしたが、今回は村上さんにガッツリとリベンジされてしまいました。やはりこの男、出来る!!

ちなみに対戦結果は20勝19敗で、辛くも自分が勝ち越しました。ばんじゃいばんじゃい。「実力伯仲! だが天は俺に味方した!!」(byフェイロン)

そんな感じで、村上さんが確実に強くなっているコトを実感したT.ホーク39番勝負でした。これにて延べ7時間に渡って繰り広げられた対戦会は終了~。いやー、久々に対戦しまくりまくりでスゲー楽しかったですよ。毎回、長時間の対戦に文句も言わず、お付き合いして下さる村上さんには感謝の気持ちでイッパイです。次はオボエテロ(笑)!!


対戦の後は例によって飲み会! 二人でビールをガブガブ飲みながら趣味のハナシで盛り上がりました。画像は村上さんに頂いた新刊とスト魔のクリアファイル。いつも色々ありがとぉ~。

村上さん、この日は夜遅くまで付き合って下さって本当にありがとらのこいました。★★□

また俺と闘ってくれ!!

| にっき | 20:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT