ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スト鉄に備えて4人同時プレイ環境を整えてみる


PS3版「ストリートファイター×鉄拳」のジャンブルバトル&タッグ戦に備え、せっかくだから必要な周辺機器をこの機会に取り揃えてみました。画像は本日konozamaより到着したブツ。PS用USBコンバータ2個とUSBハブ(4穴)です。

USBコンバータはPS(2)用ジョイスティックをPS3で使う為に購入。愛用のJY-PSUAD1(サンワサプライ製)は製造終了で、後継機のJY-PSUAD11も品切れ中だったので、今回はJC-PS101USV(エレコム製)をチョイスしました。第三科学研究所によると操作レスポンスも良好のようですし、値段もお手頃すぎるので買ってソンするコトは無さそうデス。

ちなみにJC-PS101USVのお値段は1コ660円(税込)で、バッファロー製のハブ、BSH4U06BKは518円(税込)ナリ。安ッしー!! 


早速、ハブにコンバータ&PS用ジョイスティック×4を接続してみる。そして更にSIXAXISを2コ繋げてみました。なお、JC-PS101USVの説明書きにはアナログモードのみ対応とありますが、デジタル入力しかないPS用スティックもフツーに認識してくれます。って云うか、むしろデジタル専用デバイスの方が操作レスポンスが良いって云う。ファイティングスティックもRAPも何でも繋がる~ゼー!!

計6コの操作デバイスをPS3に接続して、最大6人同時プレイが可能な北米PSN版「X-MEN」で動作実験を行います。果たして6コものデバイスをしっかり認識してくれるのでしょうか…。


5番目と6番目に認識させたSIXAXISはIDランプが複数点灯。1と4のランプで5P、2と4のランプで6Pのポジションを表していました。へ~~~。こりゃ上手い表現を考えたモンだなぁ…。


X-MENの6Pモードを開始。キャラセレ画面にてそれぞれスタートを押すと、しっかり6人分のキャラをエントリー出来ました! ばんじゃいばんじゃい! 実験は成功だ!!


X-MENだよ全員集合! ねんがんの6人同時プレイが我が家で可能になるなんて、アーケード版に夢中になっていた頃には想像も付かないサプライズアタックですわ(コナミ繋がり)。

操作デバイスが6コ繋がっていても、個々の入力遅延みたいなモノは特に感じられませんでした。ただ、一度に複数のスティックを操作するにも限界があるので、実際にメンツを揃えて遊んでみるまでそのレスポンスは分かりませんが…。

■今回のまとめ:USBハブさえあれば6人同時プレイも余裕で可能。あとはスト鉄の4人同時プレイの仕様がX-MENと違っていないコトを祈るばかりです…。

ilovemegaman
…それにしても、スト鉄で自分が一番楽しみにしていたメガマンが、まさかDLCだったとは思わなんだ…。自分のメインキャラとして真っ先にやり込みたかったのになぁ;;

まぁ、メガマン&パックマンはスト鉄発売から数日で配信するらしいので、それまではロレントとかポイズンとかヒューゴとか吉光とかコールさんとかトロクロでも鍛えて待つとしますですよ←何気にメガマン以外のキャラも楽しみだったりする(笑)。

| ゲーム | 20:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT