ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Shock! 嘘で固めたナイフ切りつけ


今日も北米PS3版「X-MEN」国内バージョンを遊ぶ。今回は1ゲームで5面中盤まで到達~。この面のBGMが「A-JAX」の6面の曲にそっくりでスゲー熱いって云うか! X-MENに限らず、この頃のコナミの曲はハズレが無いからタマランですよ。

今日になって気付いたのですが、PS3版って難易度毎に異なる残機数が設定(固定)されているんですね。ゲーセンで散々遊んだタイトルなだけに、工場出荷設定(デフォルト)で遊びたかったなぁ。



そしてコンティニューしまくりでALLまで遊んでみる。肉だるまのカプコン版ジャガーノートを見慣れていた所為か、コナミ版がイケメンに見えて仕方が無い;; 軸ずらしから近付いて殴ろうとしてるのに、軸が合った途端にショルダーチャージとかブッ放すのやめてよね…。


最終面のボスラッシュで画面をスクロールさせまくって、複数のボスと同時に闘ってみたり。どうせコンテしまくりなんだから、一度にまとめて面倒みてやるでございますですわ。ひゃっはー。


ニムロッドもホワイトクイーンもジャガーノートも死屍累々。X-MENに逆らうからこうなるんじゃドアホ。


ラスボスのマグニートとご対面。無敵のシールドを展開してもボムで吹き飛ばしてボコボコにしてやんよ。己の体力の消耗を無視して繰り出すボム連打のナンと爽快なコトか。嗚呼、フリーコンティニューって素晴らしい。1ゲームでALLを目指すだけがゲームの楽しみ方じゃないよな~、とか。

む、虚しい…。


エンディングの後はスタッフロールが流れてゲーム終了。やっぱコンテしまくりで遊んでも全然面白くないって云うか;; あとガメオベラ後のネームエントリーが無いのがかなり残念賞。ネームのBGMも結構好きなんだけどなぁ…。


せっかくだから北米版も遊んでみた。同一タイトルでも海外と国内で異なる仕様、ゲーム性の作品を多数リリースしてきたコナミですが、X-MENも例に漏れず。そんなワケで、国内版との差異を(自分が気付いた範囲で)挙げてみるとしますですよ。

■その1「レバー斜め入れ攻撃が無い」:攻撃時にレバーを斜め上か斜め下に入れると、リーチや判定の異なる攻撃を繰り出せますが、北米版にはこのフィーチャーがありません。この為、攻撃リーチの短いキャラでのボス戦が地獄と化します。

■その2「画面端付近でダウンさせた敵が画面外へ出てしまう」:この所為で画面端でダウンした相手に追い討ちが入りません。


■その3「面クリア時にボムが支給される」:この点だけは国内版より優遇されているかと。

■その4「ボム使用時の消費優先順位が違う」:北米版は[体力>ボムストック]になっています。取り敢えずボムるとこっちもピンチに陥る仕様ってどないやねん;;


■その5「2面が別モノ」:国内版の2面とは構成が全く違います。ステージの長さも2倍近くあり、足元から炎が噴出するトラップも有ってかなり新鮮です。ボスまでの道程は遠く、かなりの長丁場となるので苦戦は必至かも。他のステージも国内版より微妙に長かったり、敵の出現場所にも違いがあります。


■その6「マグニートの体力がやや低い」:気がする…。国内版の3分の2も無いような。

■その7「背後攻撃の発生条件が厳しい」:気がする…。国内版の感覚で追い討ちに夢中になっていたら背後からポカリとやられたでござる。


■その8「2周目以降もゲームが続く」:1周エンドの国内版と違い2周目以降があります(3周目まで確認)。エンディング~スタッフロールに「ゲームはまだ終わっていません」と注釈も表示されます。

■総評:どっちかっつーと国内版の方が楽しいかも~。


●拍手コメント
X-MEN出てたんですね。つーか2010年末~2011年初頭に配信されてる…どんだけ情弱なんだ。自分も北米MSP購入してダウンロードしよっかな。

永田正月さん、ごっつぁんです!!!!! あと相手の起き上がりに近強キックを重ねてバックジャンプ強パンチ。そんなワケで我々の知らない間にX-MENが出ていたんですよ。もうね、コナミ最高って感じ(笑)。ジャレゲーで4人同時プレイに夢中になっていた頃を思い出しつつ遊んでおりますですよ。あの頃はホント楽しかったなぁ…。

| レビュー | 20:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT