ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Rの日 終焉


懲りずに北米PS版「R-TYPES」より「R-TYPE」を遊ぶ。北米PSNで購入してからちょうど1週間が過ぎましたが、やっと6面クリアまでノーミス進行できましたですよ。なんかココまでの道のりがスゲー長かったような、ホントに長かったような(笑)。

事態は見えてきた。あとは簡単だ!(…カンタンでも無いヨ;;)


復活が困難な地獄の7面後半も、フル装備なら安定した攻略が可能に。R-TYPEにおいて、このエリアほどフル装備のありがたみを痛感するポイントは他に無いでございますですよ;; 死んでないって素晴らしい。


ノーミスを維持できれば最終面は勝ったも同然! そんな感じで、アーケード版(準拠の)R-TYPEを20年振りにノーミス1周クリア達成です。ばんじゃいばんじゃい!! 長かった闘いも、これで終わったんだぁ!(by餓狼伝説)


エンディングの後は2周目に挑戦。ノーミス1周で気力も尽き果てましたが、それでも全力でガンバリマス。…しかし、想定外の難易度の高さに圧倒され、2面の中盤で終わってしまいました。敵が硬いわ弾は多くて速いわで、2周目ってこんなにキツかったっけ…って感じです;; 全盛期みたいに2-4くらいまでは行けるかなー、とか思っていた自分が恥かしい…;;


おまけ:ゲーム内の設定資料を漁っていたら、一部の敵の名称が国内版と違うコトに気付きました。1面ボスの[ドブゲラドプス]は、海外では[ドッペルゲンガー]なんですって。むー、ドッペルゲンガーねぇ…。何か意味あんのかな?

| ゲーム | 20:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT