ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

FFと言ったら その2


長年行方不明になっていたGBA用「ファイナルファイトONE」を発掘。早速遊んでみる。

ONEはゲーム中に得られるポイントで「ストリートファイターZERO3」仕様のコーディー&ガイが使用可能になったりします。敵キャラとのグラフィックの差に「BEATS OF RAGE」のMODみたいな違和感がありますが、そこは気にしない方向で。

ONEはスーファミ版をベースにしつつも、スーファミ版ではオミットされたアーケード版の4面をしっかり収録しています。とは云え、BGMは1面他の曲の使い回しだったり、出現する敵の種類や配置も別物だったりするのですが。



ボス前にちょっとした会話デモが挿入されるのがONEの特徴。ストZEROシリーズに参加したキャラはグラフィックが流用されています。ちなみにコーディーのセリフは、スーファミ版でカットされた4面のコトについて触れている模様。

なにやらストZERO以降の時代のコーディーが、世界線を越えて1989年のメトロシティに帰ってきたみたいですよ。で、マッドギアのメンツは、未来のやさぐれたコーディーとまるで面識が無いって云う。会話が噛み合ってない場面もあってなかなか面白いです。


ハードウェアの進歩により、敵キャラの最大表示数がスーファミ版より一人増えました。4人に囲まれると流石に一筋縄では行かなくなり、より正確な立ち回りが要求されます。なんつーか、スーファミ版と比べてファイナルファイトらしさがUPしてるって感じデス。GBAの解像度の関係でキャラが大きく表示されるのは良いのですが、その所為でキャラが大勢いると画面が窮屈に感じたり。


そして最終戦。注目すべきはベルガーに抱かれたジェシカの専用アイコンでしょう。アーケード版、スーファミ版ともにジェシカのアイコンはポイズンの流用でしたが、ONEで初めて専用アイコンを持つに至ったのです。良かったですね、ジェシカさん! そんだけ。


エンディングでは脈略も無くいつものコーディーに戻って帰る際にジェシカに呼び止められてガイにコンボ1セット貰ってブッ倒れてジェシカを口説いたあとチューして終了お疲れ様でしたー。

総評・10年ぶりに遊んでみて:貴重なバックアップデータ(ZEROコーディーとか)が消えずに残っていて良かった良かった。ONEはスーファミ版を更に易しくした難易度設定で、携帯機でも気軽に楽しめるのがイイ感じデス。

敵の体力も低めに調整されているのでサクサク進みますし、電源を切っても途中から再開できるシステムはスゴく便利って云うか。エブリエクステンドに加えてアイテムによる1UPも有る為、”ファイナルファイト”の名を冠するタイトルの中でも最も易しい作りになっているかと。でも、隠し扱いになってる連射機能は、携帯機での操作性を考慮して最初からオープンにすべき。

スーファミ版と同様に、出現する敵キャラの種類や配置場所は(特定の箇所以外は)アーケード版とはほぼ別モノなので、その辺りに不満がある人にはオススメできません。ファイナルファイトのゲーム性が好きなら、それだけで充分楽しめる出来に仕上がっているとは思いますが…。


それにしても、森気楼先生によるONEのメインビジュアルがカッコ良すぎる。「バーニングファイトONE」wwwwwwとか言ってバカにする人は先生が許るさーん! ですよ!?


おまけ:ONEのスラッシュさん。スーファミ版ほどでは無いにしても、やっぱり痛い…。ちなみに派生キャラのアクセルの一撃はここまでデカくないです。アーケード版(カプクラ版)と比較してもDANZEN!痛いので、家庭用スラッシュの攻撃力は、実は何か意図するモノがあるのかも知れません。無いかも知れません。


PS2用「カプコンクラシックスコレクション」版も遊んでみた。見よ、この脅威の換金率! 今後は俺のことを「拳の錬金術師」と呼んでくれ… なんつったりしてな! ヒャッハー!!

| レビュー | 20:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT