ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鉄拳衆への誘い


友人が「鉄拳6を始めるかも…」と言うので、せっかくだから自分も始めるコトにしてみたり。そんな感じでXBOX360版「鉄拳6」を中古で購入。お値段1480円(税込み)ナリ。安ッしー!

鉄拳6はPS3版でも良かったのですが、こちらは相場が3000円前後と、値段にかなりの差があったのデス。両機種によって内容やクオリティに差は無いでしょうし、どうせ買うなら安い方がイイって云うか。


さっそく練習に勤しんでみる。今作のメインキャラは、未プレイの前作(鉄拳5 ダークリザレクション)の頃から気になっていたドラグノフに大決定。ちょっと影のある寡黙な軍人さんで、ナンて云うかスゲーカコイイのです!

よーしパパ、ドラグノフを鍛えて友人の好きなリリをボコボコにノシちゃうぞー、とか言ってんの。もう見てらんない。


トレーニングモードでは固有技のコマンド表示は当然として、それらを組み合わせたコンボのサンプル紹介もあったり。むむむ、なかなか親切&便利。コンボの実演もしてくれるので、シロウトの自分には非常に参考になります。サンプルコンボ4の連携が手数も多く、見栄えも良いので練習してみるコトにしましたよ。

しかし、肝心のコンボレシピが表示されない為、各コンボパーツを自分で確認するハメに。こりゃ厳しい…;; 助けてグーグル先生!


[ドラグノフ サンプルコンボ]でググッたら詳細なレシピもスグ分かり、実演通りの7ヒットコンボ(6両P>66右P>1右P左P右P>2右K右K)を修得しました。ばんじゃいばんじゃい。ダメージも悪くないし、3右Pのアッパー始動のコンボと状況に合わせて使い分けてみよう。

た、楽しい…。


■画像キャプチャまめ知識:スクリーンショットを綺麗に撮るには、オプション>システム内のモーションブラーの項目をOFFにするとイイらしぞ。ちなみにこの画像はモーションブラーONでキャプったスクリーンショット。残像引きまくりって云うかボケボケですね;;

| ゲーム | 20:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT