ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SNKとかPSPとか黒復活とか


PSP用「SNK Arcade Classics 0」は、やり込む程にアラが出てくると云うか。特にループレバー系のゲームは、射撃方向のローテート速度が一定な所為で、かなりモドカシイ思いをしております。「怒号層圏」では剣を入手してもブン回すのが遅い為に防御が間に合わないコトも…。防御メインの武器なのに、防御が思うようにならないってちょっと酷いかも。

デバイスの違いによる操作系の問題もあるとは云え、オリジナル(アーケード版)のゲーム性を変えてしまうような仕様変更はどうかと思う。ゲーム中にタイマー落ちが殆ど掛からず、敵の動きが速く感じられるのもツライかも。

あと「バミューダトライアングル」の実況(オペレータのアナウンス)がメチャクチャ。コイン投入時のデモは本来なら[緊急事態! SYD着艦せよ!! 繰り返す、SYD着艦せよ!! ]のハズなのに、PSP版は[緊急事態! スタート]だって。ゲーム中も状況とアナウンスがまったく噛み合ってないし、デバッグ作業すら満足に行っていないのでは?と疑わざるを得ない。

収録された全てのゲームに”連射機能が一切無い”ってのもキツイし、ちょっと残念賞って云うか。まぁ「サイコソルジャー」&「アテナ」は悪くない移植なので、取り敢えずは良しとしますが…。


予備機としてサブで使用しているPSP-1000をちょっと弄くり中。液晶画面の両端にダメージを受けて以来、あまり使っていなかったのですが、別の方向で再生させるべく奮闘しております。「けいおん! 放課後ライブ!!」も右端に表示される音符が全く見れない為、殆どゲームにならなかったのですが…。改造手術の成果は如何に。


XBOX360版「怒首領蜂大復活ブラックレーベル」はA機体(B機体)/ボムスタイル/オートボムONで、暫定ラスボスのシューティ本体(人型形態)まで到達。最終面に辿り着いてから結構時間が過ぎてしまいましたが、漸くあと一歩のトコロまで来ました。Just a couple more shots! あと少しだ!!

| レビュー | 21:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT