ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黒復活とファントムブレイカー


約1ヶ月ぶりに自室でゲームを堪能。やはり自室は馴染むと云うか落ち着くと云うか。家族の目を気にせず、どっかりと腰を下ろしてプレイするゲームの何と楽しいコトか。

そんなワケでXBOX360版「怒首領蜂大復活ブラックレーベル」をプレイ。発売から2ヶ月以上が経過しましたが、未だにALLできずに燻っている次第です。とにかく最終面だけが極端に厳しく、破壊不能砲台や、切り替えしも困難なザコラッシュに翻弄されまくっております。そして満身創痍で暫定ラスボスまで辿り着くも、まったく勝てる気がしないまま被弾してガメオベラ。一体どうすりゃ良いんだか。

とは云え、ゲームは多少行き詰ったくらいの方が面白いので、ALLできないのは苦痛どころか、むしろ最高に楽しくもあったり。試行錯誤を繰り返して、自力で活路を見出した時の歓びはナニモノにも代えられないぜよ。


発売延期になってしまった「ファントムブレイカー」体験版をやってみた。「あすか120%」シリーズの開発スタッフによる格ゲーと云うコトですが、確かにキャラの挙動やプレイ感覚は”あすか”っぽいニュアンスがあります。しかし、あすかまんまと云うワケでも無く。今風のゲームシステムに加え、独自のフィーチャーも盛り込まれている為、やり込めば(理解できれば)ファントム~ならではの対戦=駆け引きが楽しめそう。覚えることが多いので、ちょっと敷居は高そうですが…。

ただ、気になったのがいわゆる[必殺技]でして。方向キー(←、↓、→)+SPボタンの同時押しで発動する必殺技は、コマンド入力式の操作系に慣れた身としては非常に使い難かったり。弱or強で出す際は通常攻撃のボタンまで同時押しさせるので非常に億劫なのデス。操作性の簡易化を図っているつもりナンでしょうけど、かえって煩わしくしてどうするってカンジ。慣れれば問題ないのやも知れませんが、カンタンな波動拳コマンドとかじゃダメだったんでしょうか?

別のあすかスタッフが手掛けた同人の「QOH」シリーズは、あすかっぽさを引継ぎつつも文句ナシの完成度&面白さでした。そんなワケでファントム~にもゼヒ期待したいトコロであります。必殺技は従来のコマンド入力式も採用してくれるとイイなぁ…。

| ゲーム | 20:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT