ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ギャラガアレンジメントを遊ぶ


先日、ジャンクから復活を果たした北米PS2版「ナムコミュージアム」の「ギャラガアレンジメント」をたっぷり堪能。北米ナムコ~には国内ハードに移植されなかったアーケードタイトル「ナムコクラシックコレクション(vol.1&2)」の中から「ギャラガ」、「パックマン」、「ディグダグ」のオリジナル版とアレンジ版が収録されています。



ギャラガアレンジのタイトル画面。PSPとXBOX360のナムコ系オムニバスソフトに同名タイトルが収録されていますが、画面を見る限りではコレ(アケ版移植)とは別モノのようデス。でも、ギャラガ好きとしてはどんなデキか気になるトコロだったり(開発にジョリアン氏は関わっているのかしら…)。

アケ版にはタイトル画面で入力する隠しコマンド(タイム表示)があるそうなのですが、ショットボタンの□、×(アケ版のA、Bボタン相当?)に何故か2P、1Pスタートも割り振られている為、コマンド入力は出来ないっぽいです。ALLまでの総プレイ時間でボーナスに差が出る仕様なので、タイム表示は有るとかなり便利だと思うのですが。残念賞。


十数年振りの再会。そして戦闘再開。ボレロ調の印象的なBGMがスゲー懐かしくて思わず感動しました。サクサク進むテンポの良い展開も実に気持ちイイです。

移植度はアケ版に忠実で、挙動やパターンなどに特に違和感はありません。ボーナス面もしっかり再現されています。こんなに難しかったっけ? と云う印象は無くもないのですが、ソレは単に当時より自分がヘタまっただけでしょう…;; エミュレーション移植に付き物の入力遅延が発生していますが、それほど気になる程度でも無いので(自分は)全然平気デス。遅延アレルギーの人からしたら結構耐えられないレベルやも知れませんが。

久々の所為か14面で何度か詰まりましたが、抜けて16面で赤ファイターにチェンジしたらイッキに23面まで来れました。やっぱ赤のバウンド3ウェイTUEEEEEEE! 徐々に激しくなる敵の攻撃に対して、自機もソレに対抗できるだけのパワーアップが備わるのが最高に楽しいですわ♪ でもエクステンド&残機が尽きて、最後の1機になったときの孤独感&絶望感は異常;; 「ギャラガ’88」みたいに、残機に依存しないパワーアップアイテムとかも有れば良かったのになぁ。

左右だけの限られた移動範囲で敵の攻撃をかわし、そして撃ち込む。合体によるパワーアップこそ派手になったモノの、ギャラガシリーズの根底となるその面白さは歳月が過ぎても変わらないのでありました。


閑話休題。北米ナムコ~のマニュアルを読んでみたら”「パックマン」&「ミズ・パックマン」で規定のスコアを超えると、隠しゲームの「パックマニア」と「パックアタック」がプレイできるようになるヨ”と書いてありました。そんなワケで、せっかくだから俺はこの隠しゲームを解放してみることにするぜ!


「パックマニア」。まだ触った程度のプレイなので細かい移植度は分かりませんが、何故かゲームスタート時のデモ曲(パックマンのアレンジ曲)がすぐにフェードアウトしてしまうのがナゾだったり。画面全体が暗く、パックマニアのバキッとした鮮やかな色使いが台無しなのもションボリング・ベイと云うか。


「パックアタック」。国内では主に「コズモギャング・ザ・パズル」として知られる落ちモノの移植版。ゲームはパズル性が強すぎて、バカな自分には全くついて行けませんでした;;コズモパズルよりシステム面が改善されていて遊び易く、やり込めばかなりハマるらしいのですが…。連鎖に偶然性が介入する余地の無い落ちモノはキツイぜよ…。

| レビュー | 20:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT