ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファミコン系 スターフォースを遊ぶ


SG-1000版「スターフォース」が楽しかったので、せっかくだから他機種版もクレオパトラ解放まで遊んでみました。まずはファミコン版。ゴーデス砂漠にシーラカンスの化石はありませんが、クレオパトラは居るべき場所にキチンと居ます。



そして100万点ボーナス獲得。”SPECIAL BONUS”の表示がスプライトによるモノなので、敵機&敵弾が被さるとご覧の有様に。スターフォース最大の謎を解いたにも関わらず、ピロリロリロとジングルが鳴る程度で、演出らしい演出は全くありません。100万点ボーナスは嬉しいけど、なんか寂しい…。


続いてNES版。残念なコトにこちらもシーラカンスは登場しません。どうでも良いのですが、地上施設のムンクさんがファミコン版とは違う顔になってますね。


ファミコン版と違ってNES版はクレオパトラを解放すると、ファンファーレが流れておめでとう画面に切り替わります。”CONGRATULATION「S」”では無いのがアーケード版に忠実でよろしいかと。


ファミコン版、NES版ともに終盤のエリアには象形文字の代替品と思しきモノがあります。画像はNES版ですが、ファミコン版も殆ど同じです。一応、ゴーデス砂漠のクレオパトラの位置を表しているのが分かります。苦肉の策とは思いますが、初めて見たときにはソレなりに感動しました。


今度はパチモノの「マーズ」。ゲーム中は背景が表示されない(常に宇宙空間が続く)為、プレイ時間と地上施設の配置を頼りにクレオパトラの位置を割り出します。画像はクレオパトラ解放(100万点獲得)直後の様子。地上施設の表示が不安定で、出現してもスグに消えてしまう為にクレオパトラはキャプれませんでした。無念、ダムネン;;

地上施設がバグっていますが、今回の記事の2枚目の画像と比較すると同じ場所(ゴーデス砂漠の最終地点)だと云うのが分かると思います。象形文字は背景がこんなナンで、該当するエリアまで行っても発見できませんでした。残念、無念…;;


同じくパチモノ「スペースウォー」のクレオパトラ。自機、敵機ともに狂った配色&デザイン改悪の為に分かりにくいですが、画面右端の中央に写っているのがソレです。検証も面倒臭くなってきたので、オブセス誘導でゴーデス砂漠まで来たのはココだけの秘密。


象形文字の代替品も存在を確認しました。つ、疲れた…;;

| レビュー | 20:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT