ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バギー


PS4用「リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議」を再開。小鍵ダンジョン(カノープスの小鍵Lv3)での稼ぎを卒業して、ストーリー&探索を進めまくり。ルーナノヴァを席巻する七不思議の解明に、本格的に乗り出しました。まぁ、本当を言うと、EXレイヤーの合間にボチボチと進めていたのですが。

割とどうでも良い話ですが、本作のメインヒロイン・アッコさんが表情豊かでスゲー好き。


新たに入手した魔法の数々は、鍛え上げたキャラたちを更に強化。不死身と思われたツタンカーム猫すら2軍チーム(レベル50台)で瞬殺して、向かうトコロ敵なしって感じデス。当然ながら、各大鍵ダンジョンのボスも同様に瞬殺無音。少し鍛えすぎた感が無くもないのですが…。

とは云え、チートなどのインチキで手に入れた力では無いので、この無双っぷりを正々堂々と楽しみたいって云うか。後ろめたさゼロ、なさけむようの精神でゴーなのです。


最終ダンジョン(ポルックスの鍵)にて不具合を確認。敵の有無を問わず、画面がスクロールしない部屋でグランシャリオン(orグラビトンオメガ)の魔法を使うと…


割と低くない確率で、魔法の終了時にカメラの視点が一定の距離と位置に固定されます。画面がスクロールしない上にキャラの移動範囲まで制限されてしまう為、部屋によっては出入り口からの脱出が不可能に。


途方に暮れる三人。こうなってしまっては、もうダンジョン攻略を諦めざるを得ないワケで。ちなみにこの現象はその後も行く先々で発生しました(自力で脱出できたのは1回限り)。

グランシャリオンを自重しつつ進行しても、仲間のヤスミンカがグラビトンオメガを発動してハマってしまった事も。なんで最強クラスの魔法を封印して進まなきゃならないんだか。


大鍵ダンジョン(カノープスの鍵)のボス戦でも同様の不具合が発生して、腹の底からゲンナリング・ベイ。テキトーに放った魔法(コンスタンツェのレーザー)が、画面外にいるボスの弱点に運良くヒットして事なきを得ましたが…。


※ここから先の記事はネタバレ要素を多分に含みます。肝心な部分には極力触れないようにしておりますが、先の展開を知りたくない方はご注意下さい。また、バレバレやも知れませんが、一部の画像にマスキングを行っております。



そしてラスボス戦にて、これまでとは異なるタイプのバグが発動。ラスボスの体力をゼロにしたにも関わらず、撃破した際の演出に移行せずクリア不能に陥りました。こちらは魔法以外のアクションを行えるモノの、それらがラスボス戦クリアに繋がる様子は全くありません。仕方が無いのでオプションボタンを押し、ホロロギウムの間への帰還を選択(要はリタイヤ)。

微動だにしないラスボスと空しく鳴り響くファンファーレに、怒りを通り越して呆れ果てました。ココまで酷いと、デバッグ作業がザルだったとしか思えないんですが。


直後にリトライして、今度こそラスボスを撃破。キャラクターのステータス強化配分をリセットできるアイテムは、ALLクリアして初めて手に入れる事が出来る…のか?


ノーマルランククリアで新たな難易度(インフェルノ)が開放されました。ベリーハードは変なタイミングで開放されたので、新手のバグかと思いましたけど。


最強ランク・インフェルノのラスボスに挑戦。持久戦の末に打ち倒すも、またしてもご覧の有様だよ。もうブチ切れ寸前。男だったらブチ切れろ!!(ぶちギレ金剛っぽく)


こんなバグだらけのゲームにブチ切れても空しいだけなので、リタイヤしてホロロギウムの間に帰還。

思えばアクセサリー関連のアイテムが満杯直前だったので、売却処分の為に購買部Aへ足を運ぶ事に。ああ、面倒臭いったらありゃしない。本作のディレクターは、何でこんな仕様でゴーサインを出しちゃったんだろう…。


ホロロギウムの間にインした途端に、何故かエンディングが始まって思わず座尿。

これは推測ですが、恐らくラスボスの体力をゼロにした時点で、最終決戦をクリアしたフラグは一応立っていたのでしょう。で、エンディングの舞台となるホロロギウムの間にアッコが移動してこうなった、と。まぁ、リタイヤ扱いでもあるので、アイテムの類は一切得られなかったんですけど!!!


今度こそインフェルノのラスボスをしっかり倒してリザルトへ。稼ぎ頭(ドロップ運の塊)のコンスタンツェをパーティーから外していたとは云え、なかなかのモノが手に入りました。


■PS4 リトルウィッチアカデミア 主観的まとめ

・キャラクターモデリングの出来は良好で、時間帯によって光源や色味が変化する背景の造り込みもスゴいです。BGMの雰囲気も上品で、ゲームにとても合っていると思います。ダンジョンクリア時の曲が全キャラ分用意されており、どの曲も個性が強調されていて良い感じです。オープニングの歌もすこぶる好み。

・学園の七不思議+タイムリープと云うストーリー展開はしばらく退屈でしたが、物語が終盤に差し掛かる辺りから急に盛り上がりまくりました。それと同時に、クリア必須のイベントが大量発生したのにはウンザリしましたけど。

・イベントは基本的に行ったり来たりのお使い中心。広大なスケールで描かれる学園内を探索するのが楽しい! …のは最初の内だけでした。面倒くさい…。イベントの発生には時間の概念があり、特定の時間帯以外は何も起こらないのが良いんだか悪いんだか。時間を任意で進める事が可能な自室に篭り、イベント発生(MAPで確認可能)まで調整を繰り返すのは、単なる作業以外のナニモノでも無いような。

・サブイベントは発生時点でクリアできないモノも多く、混乱と徒労にガッカリさせられる感じ。アイテム集めなどの目的を達成できる段階でサブイベントを発生させれば良いのでは、と思うのは間違っているのでしょうか。

・ベルトフロアの必然を感じさせない大雑把な戦闘とアクション。敵に攻撃を当てる際の座標合わせが無駄にシビアで、操作性の悪さもあってストレスがたまりまくり。魔法の威力が凄すぎて、魔力の補充程度にしか活かせない通常攻撃全般。戦闘に関しては期待ハズレもいいトコでした。レベルがサクサク上がるので、経験値稼ぎはガッツリ楽しめましたけど。

・仲間キャラの無能なアルゴリズム。敵と横軸がズレている事を判断できずに、攻撃を空振りしまくるのは何とかならなかったのでしょうか。瀕死のザコが1匹居るだけなのに消費魔力の多い必殺技を繰り出したり、逆にボス戦で必殺技を使い惜しみしたり。敵の攻撃を避けようともせず、突っ込んでいって返り討ちに遭う事もしばしば。せっかく回復魔法を持たせているのに、それを使わず死んでいくのはアホとしか云いようがないデス。リーダー(自キャラ)と接触判定を持つ所為で、こちらの動きを阻害する事も。

・UIの操作レスポンスが戦闘時と同じくらい悪い。溜まったアイテムの処分が購買部Aでの売却しか方法が無い上に、1個単位でしか売却できないのが最高に最悪です。アイテムが満杯だとダンジョンへ行く事が出来ないとかマヌケの極みって云うか。

・バグだらけ。イベントが進行不能になる不具合も幾つかあるそうで…。アイテム合成でのフリーズと素材消失、カメラ固定にラスボスのアレだけで自分はお腹一杯ですけど。

総評:割と楽しめました。

| ゲーム | 20:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。