ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続・新 蟹の星に愛をこめて


SS版「ストライカーズ1945」を遊ぶ。今回は愛機・P-38ライトニングでプレイ。

P-38は彩京伝統のホーミングミサイルをサブウェポンに持つ機体。伝統に則って接射からの瞬殺を得意とします。と云っても、こよりやマリオンほど活かせる場面が無いのが残念デス。ホーミングミサイルの性能が高いので、通常の立ち回りでも十分イケるのは救いかも。見た目通りの接触判定のデカさと足の遅さは愛でカバー。

フォーメーション攻撃は、オプションを横並びに配置しての一斉射撃・パラレルフォーメーション。フルパワーアップ時の攻撃範囲は広く、威力もそこそこあるので、接射が狙い難い相手への撃ち込みに重宝します。発動までの溜め時間も比較的短いため、汎用性が高いフォーメーションと言えるでしょう。

かつてAC版で何度も交戦したラスボス(第2形態)の攻略は未だに不安定。左右に揺さ振りを掛ける高速弾や、リーチの長いパンチから繰り出す攻撃に上手く対処できません。よくある放射状に展開する弾ですら、ちょっと油断すると被弾直前まで追い詰められる有様だよ。


瞬時の判断でコレは避けられないと悟り、慌てず騒がずナイスボム(自分で言うな)。

P-38のボム(1トン爆弾)は画面全体にダメージを与えます。爆発の中心に近いほど高威力を発揮するので、どうせボムるなら一歩踏み込んでからドカンと行きたいトコロです。


渾身のボムを放ってもラスボス第2形態を仕留めるまでには至らず、1ミスの末にようやく倒しました。最終形態は第2形態より相手にしやすいとは云え、残機ゼロで挑むのは結構緊張するワケで。うおお…。


ラスボス撃破! こちらの状況がノーボム+ラスト1機と云う事もあってか、先日のスピットファイア(残1機)で1周した時よりラスボスが弱く感じました。本作は残機数やボム数に応じて難易度が派手に変化するので、その影響も多分にあったのだと思いますが。

弱ってるプレイヤーに手加減してくれるゲームってスゲー好き!


総合リザルト。おっぱいエンドの為にALL金勲章を目指して頑張ったモノの、どうやら最終面クリアに時間を掛けすぎてしまったようデス。やっぱりラスボス第2段階で苦戦したのが敗因かな…。

もう少しでALL金勲章だったのに。ちょっと(どころかスゲー)口惜しいなぁ…。


電光石火(ザ・ライトニング)の異名を持つP-38パイロット、シンディ・ボルトン。23歳。ストライカーズのリーダーで、向こう見ずの熱血ガール。フライトジャケットの下に隠された、豊満なバストはナンと138cm。両胸に抱えた1トン爆弾は伊達じゃない。

ちなみに本作ではコンティニューしてエンディングを迎えると、パイロットはヘルメットで顔を覆ってしまう上に、その素性も一切明かされません。残念賞。


シンディに10年振りの再会を果たすも、今度こそALL金勲章獲得を目指して再び戦場へゴー。そしてラスボスとの最終決戦を迎える。スコアが前回よりかなり低いですが、これもALL金勲章獲得を最優先した結果って云うか。ストライカーズには、スコア以上に大事なモノがあるのデス。


ラスボスを討ち取り、今度こそALL金勲章を達成!! やったー!!!


シンディのおっぱいエンディング。AC版では星条旗柄のマイクロビキニ姿があまりにも刺激的でした。SS版ではトップがノースリーブハイネックになって、その際どい表現が若干マイルドに。でも、これはコレでスゲー良いって云うか。

…お恥ずかしい話なのですが、SS版シンディのこの姿を自力で拝見するのは、実は今回が初めてだったりします。ストライカーズが自分の中で再燃しているこの機会に、ねんがんのおっぱいエンドを達成できて本当に良かったですヨ。

なお、ALL金勲章を獲得してもスペシャルボーナスなどは全く無いので、スコアを稼ぐなら全く無視して良いフィーチャーです。だがしかし!


今回は更にメッサーシュミットでもノーコン1周クリアを達成~。

メッサーシュミットのサブウェポンはオートエイミング仕様の機銃・サーチバルカン。耐久力の低いザコに対しては無類の強さを発揮します。しかし、手数と追尾性に優れる反面、威力に乏しいためボス等の硬い敵に対しては不向きです。

フォーメーション攻撃・ドリルフォーメーションの溜め時間は非常に長く、攻撃範囲も狭いのですが、その分だけ威力が物凄いのです。敵の出現に合わせて「置いておく」ように発動するのがセオリー。

P-38とは似て非なるピーキーな機体なれど、使い込む程にその強さを実感できます。


通称・黒の猟鳥(シュヴァルツヴィルト)と呼ばれるリーン・バイラーは、ナチスに心酔する凄腕パイロットの19歳。こんなにも自信に満ち溢れた表情でありながら、自殺願望を持っているなんて信じられないんですけど。


今日までの我が家のランキング。P-51と震電でALLクリアを果たせなかったのが心残りデス(零戦はビデオキャプチャーの設定ミスにより、プレイ中の画像を撮り損ねました…)。それにしても、1度たりとも2-1を突破できなかったとは情け無い…。

そんな感じで、約10年振りにストライカーズを堪能しまくりました。また、思い出した頃に挑戦するとしよう。

| ゲーム | 20:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。