ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続・新ドリフト適合性


DC版「パワードリフト」(鈴木裕 ゲームワークス VOL.1)を遊ぶ。

今回は本作に登場する全12キャラクターのエンディング(1枚絵)をまとめまくり。情け無い事にAC版のリリースから現在に至るまで、エミリーとルーシーのエンディングしか拝んでいなかったのデス。そんな感じで、この機会に全キャラでノーコンALLクリアを達成してみました。なお、本作ではキャラクター毎の性能差は一切ないので、誰を選んでもレース展開は変わりません。

※各キャラクターのプロフィールは、ポニーキャニオン/サイトロン・レーベルより発売された攻略ビデオのオープニングより抜粋しました。


■元・プロレスラーの「マーク」/ロケ地:Aコース


■超人気ロックシンガーの「キース」/ロケ地:Bコース


■ハーレム生まれのワル「ストロガノフ」/ロケ地:Cコース


■牛肉解体工場で働いている「ジェイソン」/ロケ地:Dコース


■国際的株式ディーラーの「ハリー」/ロケ地:Eコース


■元・全米アームレスリングチャンピオン「マイケル」/ロケ地:Aコース


■元・コンピュータープログラマーの「ジミー」/ロケ地:Bコース


■F1カーのエンジニアでもある「ルーシー」/ロケ地:Cコース


■世界的トップモデルでスピード狂の「エミリー」/ロケ地:Dコース


■アメリカインディアン、スー族いちの荒くれ男「ジェロニモ」/ロケ地:Eコース


■メキシコの酒場でバンジョーを弾いていた「エリック」/ロケ地:Aコース


■某映画制作会社の社長「トム」/ロケ地:Bコース


●おまけの編集後記:トムでBコースを走ろうとチョイスした際に、決定のタイミングが僅かに遅れた事で裏技が発動。キャラセレ枠の右端(トム)と左端(マーク)の間には、自キャラのランダムセレクトが隠されている事を失念していました。ランダムセレクトが成功すると無人のマシーンがガレージを出発~。ゲーム中は各ステージ毎にランダムで運転手が変わります。

ランダムなのでトムのエンディング画像がキャプれる確立は1/12になりましたが、せっかくだからこのままBコースを走ってみる事に大決定。


Bコースはかつて最も走り込んだコースなのですが、DC版は相変わらず苦戦中デス。4、5面の走りが未だに安定しない為、エクストラステージに行けそうで行けないのが口惜しいったらありゃしない…。

このプレイでは4面までALL1位を維持できたモノの、5面のゴール直前で事故ってご覧の有様だよ。もうね、超ゲンナリング・ベイ。マジで。


今回のプレイで改めてDコースの地獄っぷりをその身に体感まくり。理不尽なまでの超絶難度に何度も挫けそうになりました…。いや、本当にキッツイんですよコレが。

コース幅が狭くてタイトなコーナーが続く4、5面はアドリブの余地が無く、もはや完全な覚えゲーと云って良いレベル。こんな拷問じみたコースを、当時の自分はよくもエクストラまでクリアしたモンですよ。若いって素晴らしい。若い力、それはセガ社歌。


こちらは一見すると何の変哲も無いストロガノフのエンディングです。しかし、画像の右下に注目して下さい。そこには何と、本レースで入賞を逃したトムの亡霊が、愛車と共に映っていたのです…!!


もうちょっとだけ続くんじゃ(フィンっぽく)。

| ゲーム | 19:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。