ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新 ドリフト適合性


DC版「パワードリフト」(鈴木裕 ゲームワークス VOL.1)を遊ぶ。憧れのエクストラステージを目指して、今日も今日とてCコースをエミリーで走りまくり。ステージ4までの全ステージでALL1位獲得が安定しつつある中、未だにステージ5で引っ掛かっております。

C-5はコースレイアウトこそ他の最終面より格段に緩やかなモノの、転落による1ミスが致命傷になりかねないのが恐ろしいのデス。

そんなワケで、ステージ4までは鼻歌まじりで1位をゲットできても、ステージ5が始まると緊張で心臓はドキドキまくり。果たして、今回の結果や如何に。


ステージ5に入ってからも走りは順調で、3周目終盤までは安定していたのですが、チェックポイント手前で周回遅れと接触。運良くコースアウトこそ免れたモノの、スピンした自機は減速を強いられ、後続車に付け入る隙を与えてしまう事に…。

ファイナルラップ目前のミスに心臓は破裂寸前。腕の震えは止まらず、手汗は滝の如く。ゲーム中にココまで緊張するのは本当に久し振りって云うか。


自機の体勢を立て直している間に、2位につけていたマークに軽くチギられてトップの座を奪われる。焦るあまりシフトチェンジのタイミングを誤ってしまい、予定より大幅に出遅れてしまったのデス…。

既にマークはこちらの視界から消えるほど先を走っており、今回もダメだったか…と意気も消沈…せず、開き直って猛追撃。コーナーでの減速を極力控えれば、まだ追いつけるハズ…!


普段はエンジンブレーキによる安定した減速で周っていたコーナーを、一瞬のシフトダウンで最低限の減速に留めて駆け抜けまくり。危険を顧みない全盛期の走りで攻めまくった甲斐があって、ゴール直前で1位の座に返り咲きました!!


1位をキープしたままゴール・イン!! 長く苦難に満ちた全ステージでの1位獲得を、やっっっと達成しましたですよ!! ながかった戦いも、これで終ったんだぁ!(餓狼伝説っぽく)


そして、念願のエクストラステージが遂に開幕!! エクストラステージは全ステージをトップで走破した者だけが辿り着ける最後の舞台。今までに無かったアッー! と驚く演出が仕込まれており、パワードリフトのラストを飾るに相応しいステージとなっております。

ゴー・フォー・ザ・ナンバー・ワン!!


スタートと同時に自機が若干大きくなり、コースから僅かに高い位置を飛ぶように走ります。


車体全体が白く変色しながら、見覚えのあるシルエットへと徐々に姿を変えて行き…


「アフターバーナーII」の自機・F-14XXに変形を遂げました! ちなみにA、C、EコースではF-14XXに、B、Dコースのエクストラステージでは「ハングオン」のバイク(レーサー込み)に自機が変形します。


F-14XXの操作感覚はこれまでの自機と全く異なり、その挙動は繊細かつ大振り。クセの強い機体のコントロールはまるで暴れ馬のようで、慣れない内は文字通り振り回される事でしょう。って云うか、久々なモンで振り回されまくりデス…。

DC版パワードリフトは僅かに入力遅延が発生しているのか、AC版やSS版以上にF-14XXが制御しにくい感じデス。コーナーに対して気持ち速めにハンドルを切らないと、上手く曲がり切れないって云うか…。本当に今さらの発見ナンですけど。


幸いにしてF-14XXは敵車との接触判定を持たない為、路肩の障害物にだけ気を付けていれば事故は防げます。画像ではどう見てもコーナーを突き抜けて縁石すら乗り越えていますが、F-14XXだから全然平気デス。

うおおおお…


赤く染まる夕暮れのコースをF-14XXが往く。いよいよゴール目前、楽しかったエクストラステージももうすぐ終了です。話は変わりますが、パワードリフトには季節や時間帯の異なるステージが数多く存在します。エクストラステージのように、時間の経過に合わせて朝から夕方へ変化するのは珍しかったりして。

確かAコースかDコースにも背景変化のあるステージが有ったような…。


エクストラステージを1位でゴール・イン。これにてCコースの全ステージが終了しました。思っていた以上に苦戦が続きましたが、約15年振りとなる完走を果たせて感無量デス。

スゲー楽しかった!!


エンディングで歓声まみれになる直前のエミリー嬢。本格的に今さら気付いたのですが、エクストラと通常のエンディングでは、自キャラが乗っているマシーンのデザインが違うんですね…。

ゲーム中はステージ毎に異なるマシーン(全3種類+カラーバリエーション有り)を乗ってますが、エンディングでは1種類に統一されているモンだと思ってましたよ。へぇ~…。


クリアタイムは7分49秒。こんな記録でも、今の自分には大満足の結果なのです。

ばんじゃーい。

| ゲーム | 19:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。