ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続 グレートゲイナーに私はなりたい


PS2版「ゲイングランド」を遊ぶ。ラウンド2-10の魔法使いに対する立ち回りをモノにして、今回は残り時間70秒ほどで連中を殲滅せり。少し無理をした所為で先鋒の教授が撃たれてしまいましたが、続くジョニーが教授を救出~。騎士ども一掃して脱出に成功しました。


先日は右上の弓兵を倒せずタイムアップの憂き目に遭いましたが、今回はバッチリ討ち取ったり~。ロビー出動から最速で弓兵を仕留める為の射撃位置をやっと思い出しました。これでラウンド2までの攻略は極めたも同然って云うか。多分。 

…実は今回も何度か弓兵を撃ち損じた為、タイムアップまで残り時間が数秒まで迫っていたのデス。あぶねぇあぶねぇ…。


判定のデカさと弾速に優れるマッドパピーのバズーカでライフル兵どもを倒し、自分の攻略パターンに持ち込んで3-3を突破。不慣れなメンツによるプレイで苦汁を飲まされた、先日のリベンジを果たす事ができました。スッキリ。


3-3に次ぐ難所の3-4はブーメラン勢(マムorバルキリー)を先発として出動。広い攻撃判定を持つブーメランで素早く駆け回る突撃兵を捉え、その軌道を活かして死角からライフル兵を仕留めます。

ラウンド2終盤からラウンド3中盤は難度の高い面が集中しており、本作における最初の山場と言えるでしょう。なお、3-4を越えれば終盤までは比較的易しい面が続きます。ムチとアメって感じのレベルバランス、結構イイ塩梅です。


易しいハズの3-6で大苦戦を強いられる。ラウンド3の中盤から終盤にかけては弓使い・マースの独壇場で、この面もマースで簡単にクリアできるハズだったのですが…。

塹壕内の突撃兵から察知されずに攻撃可能な立ち位置に合わせる事が出来ず、モタモタしている内に突撃兵のスクランブルでマースを二人失いました。あーあ…。


3-10はサイバーで楽勝。ナンと開始地点で多弾頭弾を撃っているだけでクリア可能デス(少し時間は掛かりますが)。3-10はAC版とは仕様が異なり、ボスの赤鬼&青鬼を倒すだけで全滅クリア扱いになるのが有り難いって云うか。

仕様の違いと云うよりはバグっぽい気がしなくも無いのですけど。


最終ステージのラウンド4は難易度の差が激しい面が多く、使用キャラによってはボーナス面の如く生温さになる程です。スコア稼ぎに有効な面もあるのですが、稼ぎは二の次で先ずはノーコンALLクリアを優先。安全運転でゴーなのです。


難関4-4は攻略に若干の運も絡む嫌な面。カニのようなメカの気分次第によって(?)難易度が結構変わってきます。今回は運悪くカニの攻撃がなかなか途切れず&見切れず、攻略の切り札となるサイバーを立て続けに二人失い驚愕-PANIC-(怒首領蜂IIっぽく)

うわ…こりゃマジでヤヴァいやも…。


耐久力が高く、回避の難しい攻撃を繰り出すカニどもに歯が立たず、一人また一人と討ち死にまくり。ああ、サイバーなら多弾頭弾の一撃で多くのカニを屠る事が出来たのに…。

苦闘の末にラスト1匹までカニを追い詰めるも、最後はタイムアップで終了しました。前回のプレイと同様に攻略を特定キャラに依存しすぎて、アドリブが全く利かなくなっているのが情け無いデス…。

| ゲーム | 19:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT