ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラティス開放戦線に異常あり

MSX版「沙羅曼蛇」を集中的に遊ぶ。約20年振りにノーコンALLクリアを果たすべくムキになって遊ぶ。このサーベルタイガー(自機)、ムキになってるよ! と、後ろ指さされる程に。


■9月14日 午後7時31分:遂に最終面中ボス・アウターリミッツを撃破。直後に控えたラスボス・メタルスレイブとの最終決戦に備えるも、出現途中のメタルスレイブに接触…。本作のボスはフェードインの時点で接触判定が生じる事を盛大に失念していました。情けない…。


■9月16日 午前9時38分:アウターリミッツ出現直後に接触。愛用のATARI規格コントローラ・JOY CONT CT-VI(スピタル産業)は方向キーの配置角度が微妙に斜めっており(極端な形容ですが+じゃなくて×っぽい角度)、うっかり操作を誤って激突。戦闘開始前に戦闘が終了しました。うへー…。


■9月17日 午後4時5分:アウターリミッツの正面を抜けてオプションを配置しようと企むも、背後より現れたオプションイーターと接触。イーターの出現タイミングを見計らって移動したモノの、自機の移動速度を考慮してなかった為にご覧の有様だよ。


■9月17日 午後6時26分:メタルスレイブの機首に直撃。愛用のコントローラで、またしても誤操作によるミスを冒してしまいけり。しかも、あと一歩の所までメタルスレイブを追い詰めておきながら…。

不慮の事故による機会の損失は、精神ダメージも最大級って云うか。そんな感じで、今回を以って使用するコントローラを変更する事に大決定。プレイするゲームを選ばない、 CT-VIのボリューム式連射調整機能はスゲー便利だったのですが…。


■9月18日 午前10時27分:コントローラを同じくスピタル産業のJOYCONT TURBO IVに変更。快適な操作でアウターリミッツに挑むも、オプションイーターのバックアタックに再び沈む。もうね、アホかと。

でも、アウターリミッツの動きに合わせながら、イーター回避のタイミングを計るのは結構シビアって云うか。自機のフォースフィールドが前方じゃなくて全体だったら、こんな情けない事故も起こらないのになぁ(それは当たり前)。


■9月18日 午後2時10分:メタルスレイブのレーザーをゼロ距離で喰らって爆発。レーザー発射口の位置を勘違いしていて、ココなら安全…と思っていた矢先に貫かれました。苦労に苦労を重ねて最終面まで辿り着いたってのに、本当にマヌケなミスばかりで自分が嫌になるって云うか。

どうして俺は、こうなんだ…(いつもの〆セリフ)


■9月18日 午後4時40分:ラスボス、及び中ボスでミスした後の再開ポイントは最終面の中盤。ココからラスボス到達までに入手可能なパワーカプセルは大体2~3個で、とても「復活」と呼べるような自機の立て直しは出来ません。カプセルを全てスピードアップに充てて、回避中心のプレイで細々と生き長らえるのがやっとって云うか。

現役時代は裸同然の装備でも(運が良ければ)アウターリミッツまで辿り着く事が出来たのですが、今回の集中プレイではその手前のモアイ地帯がやっとでした。無念ダムネン…。

| ゲーム | 19:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT