ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第三の阿修・乱・道


欧州SMS用「シークレットコマンドー」(※SECRET COMMANDO)を遊ぶ。

「阿修羅」は欧州でも名前を変えて販売されました。同一内容のゲームが世界中の国々でリリースされるのは珍しくありませんが、地域によって全て異なる名称で販売されたのは非常に稀なケースと思われます。なお、先日紹介した「ランボー」と同様に、ゲーム内容の違いは殆どありません。

※本作のタイトルについて:パッケージとカセットのラベルには「シークレットコマンド(SECRET COMMAND)」と記載されています。パッケに記載されている以上、~コマンドの方が商品名/ゲームタイトルとして正しいのやも知れません。だがしかし。当ブログでは諸事情により~コマンドーとして紹介させて頂きます(諸事情:コマンドーの方がカッコイイから)。


本作の独自要素はタイトル画面くらいしか無く(それでも阿修羅の改変レベルですが)、それ以外は阿修羅とランボーの素材で構成されています。

自機デザインとゲームバランスはランボーに準拠。各種強化アイテムが出易いので、ミス後の立て直しも阿修羅ほど難しくはありません。

…独自要素が無いと記事にするネタも無いので困ったなぁ、と思いつつ4面中盤で捕虜を救出していると。


捕虜収容施設(跡地)が、スクロールアウト寸前で復活すると云うバグが発生。これは阿修羅のメジャーな不具合なのですが、シクレコマン(酷い略称)にもしっかり受け継がれていました。

ちなみにこの現象を意図的に起こす方法は(現在も恐らく発見されて)無いので、有名とは云えお目に掛けるのは少しレアやも知れません。

そんな感じで、僅かに顔を出した屋根の先っちょ部分に強化ボンバーアローを放つと…


爆発と同時に再び捕虜が飛び出し、お礼とばかりにボンバーアロー補充アイテムを置いて行きました。このバグを意図的に起こす事でアイテム出現テーブルの早回しが出来れば、1UPをより多く獲得できるようになるかも…。ムリカナー。


ステージクリア時に表示されるビジュアルは阿修羅のモノを流用。本作のゲーム中における独自要素は皆無で、阿修羅&ランボーに慣れた身からするとちょっと退屈な気もします。逆に考えれば、阿修羅とランボーのハイブリッドで見所満載! なのですが…。

阿修羅&ランボーとは無縁の作品としてタイトルを変えて、欧州販売用にローカライズされた作品にナニ文句言ってんだか。これだからマニアは嫌なんだ(???)。


ランボー準拠のゲームバランスなので、ラスボスはちょっぴりソフトな柔らか仕立て。ノーミスALLを目指して慎重に攻めるも良し、残機任せでゴリ押しクリアを狙うも良し。


エンディングもランボーでスタロロローン。本作の北米版でランボーとして描かれたビジュアルを加工せず、そのまま流用するのは肖像権的に問題は無かったんでしょうか? なお、スタッフロール(+スコアテーブル&BGM紹介)は阿修羅から何一つ変わっておりません。

あと、例の2Pキャラ+強化ボンバーアローのアレもそのまんまでした。

いやはや、堪能たんのう。

~糸冬~

| ゲーム | 20:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT