ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

目押し 目押せず 目も当てられず


PS版「オーダイン」(ナムコミュージアム Vol.4)を遊ぶ。

連日プレイしまくった源平は流石に満たされた感があるので、気分転換に同ミュージアムに収録されている本作をプレイ~。かつてゲーセンで夢中になって遊んだ頃を思い出したので、せっかくだからノーコンALLクリアまでお付き合いする事にしました。


だがしかし。我が身の経年劣化=動体視力の低下によってドリームコルテットのルーレットが目で追えなくなり、得意としていた目押しも全く出来ない有様だよ。なんてこった! アーケード版のリリース当時は、狙ったアイテム(主に100000クリスタル)を100発100中で当てる事が出来たってのに…。

忘れてしまった攻略パターンはプレイしていれば何れは思い出せるし、思い出せなくてもやり込みでカバー出来ます。でも、失われた動体視力を取り戻すのはそう簡単には行かないワケで。こりゃ参ったなぁ…。


最初のルーレットで20000or100000クリスタルを当てないと、2面終盤のショップで1UPを購入できないのが口惜しい…チクショー!!(ネクスィっぽく) まぁ、フツーにALLクリアするだけなら、スコアによるエクステンドで残機は足りるのですが。でも口惜しい…チクショー!!(ワンモア)

クリスタル不足で1UPが買えない事より、むしろルーレットで目押し出来ない事の方がツラいって云うか。


運良く1回だけルーレットで100000クリスタルを獲得して、取り敢えずノーミスで最終面に到達~。本作は最終面だけが飛び抜けて難しく、ストックボンバー(敵弾を吸収してタメ撃ちを可能にするバリア)の装備を前提としたようなバランス調整っぷりデス。

最終面は命綱であるストックボンバー(のバリア)を剥がすようなトラップが、多数仕込まれているのも最高に嫌らしいって云うか。


背景の回転方向を制御するギミックや砲台に囲まれまくり。矢印とCDのような円盤にも接触判定が有るため、バリアが剥がれないように隙間を縫うのは至難の業。僅かな無駄撃ちが迷路の回転方向や速度を変化させるので、砲台一つを破壊するにも神経を使います。

本作は6面までは割りと落ち着いた難易度なのに、何で最終面(7面)だけ極端にスパルタなんだか。


オーダイン最大の難関はステージ終盤に待ち構えるクボタブロック地帯。クボタブロックは破壊不能の障害物で動きが読み難く、回避パターンを組まないとノーミスで抜けるのは難しいデス。

勘違い豆知識:ヘルポッドを装備してクボタブロックに重ねつつ撃ち込むとメチャクチャ稼げるぞ!(それはエアバスター)


ラスボス・悪人クボタwithクボタマシーン。コクピット部分が弱点で、出現直後から密着して撃ち込む事で速攻撃破が可能…ナンですが、撃ち込みが足らずにクボタを増長させる結果に。クボタってこんなにアグレッシブに攻めて来たんだっけ。あわわわわ…。

荒ぶるクボタを何とか打ち倒し、トータル3ミスでノーコンALLクリアを達成。残機+残クリスタルボーナスを加算して最終スコアは600140点でした。こう見えても現役時代は1200000点くらいは余裕だったのですが、稼ぎに直結する目押しが出来ないのではハナシにならないって云うか。無念ダムネン。


エンディング。原子変換装置レプリケーターオーダインでクボタ基地を巨大な桜の木に変換。クボタの手から救出した恋人と共に地球へと帰還するのであった。

| ゲーム | 20:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT