ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続 最高の時間 最悪の時間


Wii用バーチャルコンソールアーケード「ファイネストアワー」を遊ぶ。

鬼門の2周目3面を突破して、いよいよ最終面へゴー。3面ラストの脱出口に通じる回廊でライデンに出くわさなかったのは、敵の出現テーブルにズレでも生じたんでしょうか(本作プレイ中に稀に起こる現象。本来なら出現しない敵に出会える事も有り)。むー、何かライデン代=3890点を損した気分…。


長く険しい最終面も始まったばかりだと云うのに、大失態でいきなりクライマックスな事態に発展。誘導ミサイルだらけの谷で降下をしくじって、ミサイルの雨を全身の毛穴で受け止めまくりですって。

アツクテ シヌゼェーッ!(オーバーヒート的な意味で)


オーバーヒート寸前でミサイルの雨は止み、九死に一生を得る。生きてるって素晴らしい。

この状態で先を急いでも速攻でアツクテシヌので、しばらくTEMPゲージを冷却する事に大決定。さすがに全快までは待っていられない為、取り敢えずゲージが黄緑色に落ち着くまで待機。

この情けない不祥事により15秒近くのタイムロスが発生。先を急がねば…。


洞窟の天井に果実のようにぶら下がった誘導ミサイルを、一個一個確実に潰しながら前進。

最終面にのみ大量出現するこのミサイルは、1発1万点の超インフレエネミー。このミサイルをより多く破壊する事に、本作のスコア稼ぎが集約されていると言っても過言では無いでしょう。

ミサイル稼ぎは時間との勝負。効率良くミサイルを破壊するには、的確な立ち回りと攻略ルートの確立、徹底した時間管理が求められます。って云うか滅茶苦茶シビアなんですけど。


最終面中盤。長いミサイル洞窟を抜けたトコロで、またしてもオーバーヒートの危機に直面。パンパー2機を画面端にハメるのに手間取り、危うくホカホカの蜂の巣にされるトコでした。

稼ぎは兎も角として、このポイントへの到達タイムが予定より10秒近く遅いのが気になるって云うか。やっぱり最終面序盤のゲージ冷却時間が後を引いてるようデス…。


自機へ纏わり付くビット以外の敵は全力でスルー。ダキシオスなんか相手にしてられない! 走って跳んで、避けまくりの交わしまくりで、1秒でも速くゴールを目指します。うう、残り時間がスゲー気になる…。


ピンチに次ぐピンチを潜り抜け、やっとの思いで地底基地の最深部に到達。ラスボスが鎮座ましましているガレージを速攻破壊します。

この時点で制限時間はギリギリと云ったトコロ。オーバーヒートが先か、ラスボス撃破が先か。はたまたどっちもか(ラスボスを倒した直後にオーバーヒートすると、ALLクリアボーナスを獲得しつつもガメオベラになってエンディングが見られないのデス)。


女神と天使を引き連れて、爆炎の中から最終兵器ゲルファウスト(ラスボス)が姿を現す。

自機の位置取りはバッチリなので、後は撃ち込みつつラスボスの攻撃を垂直ジャンプで回避すれば勝機はあるハズ…。ダメージが多いとタイムアップ後のオーバーヒートが速まる為、無駄なダメージは極力避けなければ…。


だがしかし。極度の緊張から攻撃回避のタイミングが徐々にズレ始め、避けるハズの敵弾にブチ当たりに行く始末。焦るあまり操作がおぼつかず、被弾に次ぐ被弾でTEMPゲージはみるみる内に赤く染まり…… 


ラスボスのパーツすら満足に破壊できないままオーバーヒート→ガメオベラを迎える。ノーコン2周ALLクリアを目前にしておきながら、プレッシャーに押し潰されてしまいましたとさ。

何かスゲー悔しいな。久々に腹の底から悔しいよ…。


その悔しさを原動力に変換し、更なる挑戦を継続するも結果は散々。1周目は楽勝なのに、2周目で惨敗を喫しまくりデス。って云うか、2周目ってこんなに難しかったっけ!? 参ったなぁ、ヘンな苦手意識(或いは負け癖)でも付いちゃったのかなぁ…。

結局、この日は3時間ブッ続けでファイネストアワーをプレイして、頭もココロもオーバーヒート。得も言われぬ敗北感に打ちひしがれるのでありました。っかしいなぁっかしいなぁ…。

| ゲーム | 20:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT