ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新 M.S.B.S.再起動の狼煙


SS版「電脳戦機バーチャロン」をライデンで遊ぶ。本作で練習してAC版をノーコンALLクリアした身としては、かなり思い入れの強い移植作品だったりします。

武器の誘導性能の関係でゲームバランスがAC版と若干異なり、画面表示速度が30fpsと云った違いもありますが、自分としては十分満足できる完成度でした。


アファームドへの開幕レーザーが大ヒット。SS版は敵アルゴリズムの再現性がなかなか高く、立ち回りの研究やパターンの構築に応用が可能~。SS版をやり込んで、AC版でも安定してヤガランデ戦をパス出来るようになったのは嬉しかったなぁ、とか。

割とどうでも良い話ですが、家で練習してゲーセンでリベンジを果たしたゲームは「A-JAX」以来でした。68版好きー。


長期戦になりがちなフェイ・イェンとの戦いを30秒ほどで制する。着地硬直を狙ったダッシュレーザーがクリーンヒットし、ハイパー化して残り体力が僅かだったフェイを仕留めました。高速で外周を逃げ回るフェイを捕らえるのはホント難しいです。

最後まで体力差を覆せず、何度タイムアップまで完走されてしまった事か…(対人戦含む)。


ライデン戦も順調にこなして最終面に到着~。ラスボス担当のジグラットはAC版より防御力が多少高いのか、3回ほど時間内に撃破できずに遺跡のオーバーロード(タイムアップ)を迎えました。コンティニューしてまでALLするつもりは更々ないので、今回こそはしっかり撃破したいトコロです。


そんな感じで2ターン目終了間際にジグラットを打ち倒し、SS版をノーコンALLクリア達成です。AC版(及びPS2版)での立ち回りをSS版にそのまま活かしたので、先日のPS2版の記事と似たような結果(クリアタイム)となりました。世の中案外こんなもの。


OMGをそこそこ堪能した感があるので、今度はDC版「電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム」を起動。リハビリがてらに少し触れてみましたが、OMGからオラタンへの究極進化っぷりに改めて瞳孔が開きました。凄い! 絶対に凄い!!


操作レスポンス良すぎ! バーチカルターン便利! 空中ダッシュ最高! ターボショット凄え! 近接攻撃まで増えた! 等など、感嘆の言葉は尽きない程に、新規追加アクションの数々が尽くゲーム性の向上に繋がっているのデス。

人気タイトルの続編(二作目)が前作を超えられず失敗するケースも多い中、ここまで極まった進化を遂げたゲームはそうそう無いって言うか(それでもオラタンは売り上げ的に残念賞だったそうで…)。


グラフィック&サウンドも大幅に強化され、我がライデン(馴れ馴れしい)のモデリングやステージBGMもよりカッコ良く、勇ましくリファイン。頼もしいレーザーはターボショットの概念によりバリエーションが増え、さらに戦略性の強い機体へと生まれ変わります。

この俺の最強に強まったレーザーを喰らえ!


デモ画面を見ていたら全盛期のCPU戦の記録が。さすがだな俺。やはり男はライデンとアファームド・ザ・バトラーを使いこなしてこそ、だな! 軟弱なバーチャロイド乗りは道をあけろ!!


……。………………。


友人との対戦を記録したリプレイに混ざって、こんなのも出てきたりして(分からない人は1面にラスボスがやって来たと思ってください)。SS版はリプレイ込みでセーブデータが消失(パワーメモリの接触不良によるデータ破損…)してしまったのですが、DC版のデータは今もなおビジュアルメモリに健在でした。ばんじゃーい。

| ゲーム | 20:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT