ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続 M.S.B.S.再起動の狼煙


PS2版「電脳戦機バーチャロン」をライデンで遊ぶ。今回は隠しボスとのご対面を目指し、アーケードモードでタイムアタックに挑戦~。前半ステージは5面のバル・バス・バウ戦で苦戦しましたが、それ以外の結果は概ね良好と云った感じです(あくまで自分基準ですが)。

果たして、デッドラインの3分59秒までにラスボスへ到達できるのか…?


後半ステージもそれなりに順調で、トータルタイム3分21秒でラス前のライデン戦を迎えました。このペースで行くと、隠しボスと遭遇するには38秒以内にライデンを撃破する必要があります。割と余裕な気もしますが、結構シビアな気もしなくもないって云うか。

グランドボムとバズーカで地道に相手の体力を削りつつ、本命のレーザーで大ダメージを狙いたいトコロ…(そうそう上手くは行かないのですが)。 


敵ライデンにグランドボムを踏ませつつ、バズーカを直撃させてフィニッシュ。ラウンド開始から29秒で打ち破り、トータルクリアタイム3分50秒で予選を通過しました。

いよいよ隠しボスのお出ましデス。


最終面のラスボスとして、アンオフィシャル(オリジナルフェイ・イェンことファイユーヴ)が出現。PS2版はAC版の完全移植に加えて、他機種版には無い様々な独自要素が盛り込まれているのも嬉しかったり。

アンオフィシャルを一度でも出現させれば、以降はプレイヤーキャラとして使用が可能となります。


難易度がNORMAL以上でのプレイで、最終ステージ「NIRVANA」到達時に1試合の平均時間が30秒以下の場合、ラスボスがジグラットではなく「unofficial」(アンオフィシャル)になります。

※PS2版バーチャロン公式サイトより抜粋


行くもハート(ビーム)、退くもハート(トラップ)。アンオフィシャルの基本スペックはフェイ・イェンのエモーショナル・モード時(ハイパー化)と同等で、レフトウェポンに新兵器ハートトラップを装備しています。

ハートトラップは弾速こそ遅いモノの誘導性能がバカみたいに高く、ヒット時に状態異常(機動性低下)を引き起こすのが厄介だったり。タダでさえ足の遅いライデンがこんなモノを喰らったら、それこそ鈍重な的にしかならないワケで…。

アンオフィシャルのラスボスとしての強さはジグラットと同程度。フェイ・イェン戦の立ち回りで十分戦えますし、最終面の地形がまっさらな事もあって、7面(実戦2面)のフェイ・イェンより相手にしやすい印象です。


アンオフィシャルの麗しきお姿。モデリングはそのまんまフェイ・イェンですが、左手に装備されたビームボウガンがオミットされているのが特徴。当然ボウガンは撃てませんし、近接攻撃もステゴロです(まるで見えない剣を持っているような攻撃モーションですが…)。

ダッシュ移動時に青い螺旋状の軌跡を描くのが美しい…。


画面端で縺れ合いになりながら、横ダッシュバズーカを命中させてアンオフィシャルを撃破。アンオフィシャルはヤガランデと同様に、その身を徐々に縮小しながら消滅しました。クリアタイムは4分39秒06。タイムアタック~と意気込んだ割には冴えない結果デス…。

| ゲーム | 20:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT