ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

稼ぎ&ゴリ押しの成果


GBA用「ダブルドラゴン アドバンス」をSFC+ADアダプターで遊ぶ。

今回もしっかり稼ぎつつハードランクに大挑戦。前回はソフトの不具合=ブルノフバグ発生によりクリアを断念しましたが、同じ轍は踏むまいと5面ボスエリアの攻略パターンを変更。画面左端の崖へ敵を誘導し、転落させる作戦を取ってみました。だがしかし。不慣れな場所での立ち回りは思うように行かず、逆にこちらが転落死を迎える有様だよ。

クラーーイフォーザムーーーン!!(辞世の句)


6面は水難事故を避けるべく細心の注意を払って進行。無理をせず慎重な立ち回りを優先し、危険な水脈地帯を何とかノーミスで突破しました。が、時間を掛け過ぎて、ボスエリア到達前に残り時間が10秒に迫る事態に。焦って先を急ぐあまり立ち回りが乱雑になり、キクチヨ軍団を相手に無念のミスを果たしました。

まぁ、仮にキクチヨ軍団を無傷で突破できたとしても、次のアボボ祭りでタイムオーバーだったろうなぁ…。致し方無し。


独特の地形を立ち回りに利用する事で、難易度が極端に低下するのが7面の面白いトコロ。通路の曲がり角を背にして待ち構え、襲い来る敵を次々と針山へ落として行きます。画面外の針山も活用すれば攻略は更にスムーズ。ただし即死攻撃を持つ緑のキクチヨにはご用心。


7面道中を鼻歌まじりで突破するも、ボスを相手に最大苦戦を強いられる。カリスティックとヌンチャクをボスエリアに持ち込めたので楽勝かと思いきや、早々にロストしてしまう体たらくって云うか。そんな感じで、ラストに登場する幻截拳五虎将のリーダー・レイモンドに袋叩きにされました。

分身に次ぐ分身でレイモンド本体への攻撃がなかなか通らず、けっきょく撃破するのに6機も費やしてしまったそうな。自機が死ぬ際に手にしていた武器は消滅してしまうので、死期を悟ったら手にした武器を一旦手放し、次の自機に備えて温存するのが良いやも。


そして最終面のトラップ地帯でまたしてもやらかす。今回は石像の繰り出す槍をダッシュで突破、その勢いを保ったまま一切減速せず、針山へ向かってランニングダイブを慣行しました。どうして俺は以下略。

スコア稼ぎの失敗と凡ミスの度にリセットを繰り返していたので、精神的な疲労が溜まってボーッとしていたって云うか…。無念。


ラスト1機でラスボス・ウイリーとの最終決戦。せっかくだから劇的なフィニッシュを飾ろうと、調子に乗ってバットを振り回していたらマシンガンで蜂の巣にされて候。虫の息ながらも生きながらえる。

ハードALLクリアを目前にして完全に油断していたと云うか、相変わらず慢心極まりないと云うか…。だが、それがいい(訳が無い)。


こちらのダウン中に近寄ってきたウイリーに、起き上がりざまの天殺龍神拳を放ちフィニッシュ!(更に爆魔龍神脚で追い討ち!!) ラストの失態は我ながら冷や汗モノでしたが、何とかハードランクをノーコンALLクリア達成です。ばんじゃーい!

エンディングの内容はノーマルランクと変わらないので割愛~。


エンディング~スタッフロール後に表示される謎のコマンドは、ハードを更に上回る高難度「エキスパート」への誘い。だが断る。

■特別企画:1Pダブドラモードにおけるブルノフバグからの脱出

一人でビリー&ジミーを操作する「1Pダブルドラゴンモード」でブルノフバグが発生したら、その後のゲーム展開は一体どうなってしまうのか? 通常の一人用と同様に、リセットする以外に終了する術は無いのだろうか!? 以前から気になっていた疑問を解決するべく、この機会に実践してみました。

そんなワケでビリーを壁際に配置して、ブルノフの掴み技の餌食になって頂く事に。


画面はビリーを追って上へスクロール。昇天する彼はやがて視界から消え去ってしまいます。ビリーをターゲットとして補足していたブルノフも動きを停止しました。しかし…


セレクトを押して操作対象をジミーにチェンジすると画面も切り替わりました。そして微動だにしないボスのブルノフを撃破すると…


見事ステージクリアとなり、次の面からビリーも戦線に復帰しましたとさ。

めでたしめでたし。

| ゲーム | 20:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT