ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

稼ぐは手間だが役に立つ


GBA用「ダブルドラゴン アドバンス」(以下DDA)をSFC+ADアダプターで遊ぶ。DDAに触れるのは本当に久し振りなのですが(ADアダプター購入時の動作チェック以来かも)、ヤルからにはデフォ設定でノーコンALLクリアを果たしたいって云うか。そんな感じで、今回はスコア稼ぎによる残機増殖を交えながら進行する事に大決定。残機任せのゴリ押しプレイなら、数年振りのDDAもナンとかなるでしょう。多分。

DDAの稼ぎと云えば、浮かせた相手への頭突き連打による永久コンボ! 1面開始直後に襲ってくるザコを画面左端へ誘導し、パンチ連打からのアッパーで浮かせます。あとは浮いたザコを落とさないように頭突き(1発200点)を延々と繰り返すだけ。開始直後から順調に頭突きを行えば、残りタイムが25秒を切る頃にスコアが50000点に到達して2ndエクステンドを獲得できます。

残りタイム10秒くらいまで頭突きで稼いだら、タイムオーバーにならないよう速やかに前進&殲滅~。


鞭を使ってボスを時間制限ギリギリまで痛めつけてから撃破。クリアボーナス3000点が加算されて、1面で95000点稼ぐ事が出来ました。点効率の良い攻撃を的確に当てて行けば10万越えも狙えるやも?

ちなみに自機のエクステンドは1st=20000点、2nd=50000点で、以降は50000点毎にエブリエクステンドが発生。残機表示は10機で0にリセットされますが、表示上の仕様なので10機以降も残機はカウントされます。増やしすぎて逆に残機が減った! ナンて事にはならないので大丈夫。


2面開幕もこのようにかせぐのだ。なお、3面と5面でも同様の稼ぎが可能です。1面以外は画面をある程度スクロールさせても開始地点まで戻れるので、稼ぎに失敗しても新たな敵を誘導してくれば再挑戦できます。

スコアを稼いで残機を増やし、ノーコンALLクリアの糧としよう。


DDA豆知識:敵は若干高い地形に居る自機に対して攻撃より接近(横軸合わせ)を優先する為、パンチを振り回すだけで勝手に突っ込んで来て自滅してくれます。ただし5面ボス前のダイナマイトと岩を持った敵は例外なので注意。

2面の画像のポイントで右端に向かってパンチを繰り出すと、敵はわざわざ段差を上って画面外へ回り込んでから殴られに来ます。背中を向けた自機に吸い込まれるように集まる敵の挙動は見もの。


同じく2面ボス前のラッシュも高低差を利用すれば楽勝。リンダが残していった鞭を使えば更に有利になります。DDAは随所に地の利を活かせるスポットが用意されているのが凄くイイのです。

ベルトフロアアクションの面白さは地形に集約されていると言っても過言では無いでしょう(過言)。


4面は走行中のトラック上での闘い。黒服勢(とダイナマイト持ち)を狭いフロアで迎え撃ちます。このステージで恐ろしいのはナンと言っても転落死。どんなに体力が残っていても、トラックから落ちてしまえば1機失うのです。手数の多い黒服と高威力のダイナマイトの組み合わせも嫌らしく、立ち回りに慣れない内は何度も転落or瞬殺される事でしょう。

黒服勢の出現に合わせて攻撃判定が広いダッシュA+B(龍尾乱風脚でも可)で画面右端へ押し込み、次々に転落させれば楽にクリアできるのですが…。


5面のボス出現エリアの攻略は崖から敵を落として行くのがセオリーとされていますが、自分はゲート前の地形で2面同様にハメる戦法が好きだったり。パンチ連打の打ち込みによるスコア稼ぎも出来ますし、なにより自分が転落死する恐れが無いのは安心って云うか。

だがしかし。ダイナマイトと岩を投げてくる敵に対してはこの戦法も無力なので、連中が現れたら段差を降りて優先的に始末する必要があります。やっぱ崖に落とす方が楽かなー…。


6面は(ミス以外で)残りタイムが一切追加されないシビアなステージ。全体的に足場が悪く、ちょっとした油断が水没死に繋がるのが恐ろしい。出現する殆どの敵を水脈に転落させないとタイムオーバーは必至で、4面と双璧を成す初心者殺しの嫌なステージです。でも慣れるとスゲー面白いよ。


7面道中は地形と武器を活かせば6面より簡単なモノの、ラストに控えるボスは一筋縄では行かないって云う。カリスティックによる徹底的な攻めまくりを維持しても、運が悪いと分身されて手に負えなくなるのが厳しいデス…。

邪魔な分身を始末し終えた直後にまた分身とか最悪なんですが。


最終面。槍と迫り出しブロックで瀕死の目に遭うも、奇跡的にトラップ地帯をノーミスで突破。安堵の溜息を漏らしたその刹那、誤操作による最速に速まったダッシュ移動が大暴発。そして針山に向かって華麗なるスーサイドダイブを敢行。

どうして俺は、こうなんだ…。


大広間での最終決戦。ラスト恒例のいつものあの曲をバックに大立ち回りを展開して、次々と現れる敵をバッタバッタとなぎ倒します。近接戦闘に拘らず、高威力のバット投げを繰り返してSTG気分を満喫するのもアリ。バットの貫通効果で2~3人まとめて倒すとスゲー気持ち良かったり。

エレン・ベーカー先生直伝のフルスウィング殺法をシャドーウォリアーズに見せてやれ!


ラスボスの宿敵ウイリーに怒りの爆魔龍神脚が炸裂。gdgdgプレイで何機も死にましたが、稼ぎの成果で余裕のノーコンALLクリアを達成しました。DDAはベルトフロアアクションの中でもプレイアビリティが広く、遊び甲斐があってホント面白いですわ。って云うか大傑作。

よーしパパ、次回はハードランクに挑戦しちゃうぞ~、とか言ってんの。もう見てらんない。


エンディング。双截拳の全てを手中に収めるべくマリアン誘拐を企てたウイリーはリー兄弟の前に敗れ去った。平和が訪れた街に二人の姿は無く、人々は彼らをダブルドラゴンと称え、その闘いは伝説として後世に語り継がれるのであった。

| ゲーム | 20:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT