ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コナミアンティークスMSXコレクションVol.1をレトロフリークで遊ぶ


zarazala氏のサイトで公開されている情報で殆ど事は足りるので詳細を知りたい方は下記のアドレスを参照して欲しい。各種エミュレータと氏が作成したツールを使えば簡単にROMイメージを抽出できるハズだ。

・zarazala氏のサイト
 http://www.geocities.jp/zarazala_9/koneta/konami_msx.html


ここでは具体的な方法をダイジェストで紹介。BIOS不要のPSエミュレータ「AdriPSX」で「コナミアンティークス MSXコレクション Vol.1」を起動。任意のゲームの動作中にF4を押してステートセーブを行う。

・AdriPSXのダウンロードと詳細解説
 http://www.emusite.com/pc/adripsx.php


「ファイル切り出し」で先ほどのセーブファイル(.sts)からROMイメージを抜き出す。切り出し元(セーブファイル)と保存先を指定したら赤く囲った部分に$1cc9bcと入力し黄色く囲った部分にセーブ元のゲームの容量を指定(画像はゴーファーの野望の場合)。処理開始を押す。

※各ゲームの容量
 ゴーファーの野望 256KB($40000)
 グラディウス 128KB($20000)
 コナミのボクシング 32KB($8000)
 上記以外のゲーム 16KB($4000)

・ファイル切り出し
 http://www.geocities.jp/zarazala_9/soft/index.html#filecut
 

切り出したファイルの拡張子を.romにする。動作を確認するためBIOS不要のMSXエミュレータ「blueMSX」で.romファイルを起動。デフォルトのフリーBIOSの仕様でゴーファーが海外タイトルで動作した。

・blueMSX
 http://bluemsx.msxblue.com/download.html


動作を確認したら例によってMSXAdvanceでGBAソフトに変換。レトロフリークにインストールする。


エミュレータも有るのにわざわざレトロフリークで遊ぶ。上記の方法でコナミアンティークス1から抜き出したROMイメージは全てblueMSXとレトフリで動作を確認した(レトフリの場合は音飛び&無音有り)。


※この記事の内容に関して当方は一切責任を負いません。実践される方は自己責任でどうぞ。

| レトロフリーク | 20:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT