ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

族 自称熱血硬派


PS2版「熱血硬派くにおくん」(オレたちゲーセン族)を遊ぶ。鬼門の2周目最終面が巧い事パターンにハマってくれたお陰で、何とか突破に成功しました。ハマれば開幕から右攻撃を連打するだけでラスボス・さぶを倒せるのですが、893の機嫌次第なトコロもあってなかなか巧く行きません。

かと云って正攻法で立ち回る程のスキルも無いので、自分にとってラスボス戦はホントに運ゲーなのデス…。


3周目1面をサクッとクリア。画面下の撃墜アイコン(ボスの標本でも可)が邪魔で、りきとくにおくんのアヘ顔ばんじゃいが見えないのが残念賞。

他にも2面のテトラポット(画面左端)で三角跳びをして生還、2面ボス・しんじを道連れに入水自殺、3面ボス・みすずでナメナメナメ…など、AC版くにおくんが稼動していた当初のネタプレイを堪能してはニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ している俺ダブルサマソ。


2面前半は周回を重ねる毎にバイクの出現数と移動スピードが増加。3周目ともなるとバイクの速度もかなり上がる為、正面切っての迎撃はかなり難しかったりします。ハヤクテシヌゼー。

そんなワケで、開始と同時に画面右端まで退避して安全にバイク勢を迎え撃ちます。バイクは画面端まで来るとターンする習性があり、その際に思いっきり減速するので非常に迎撃しやすくなるのデス。


3周目の最終面は敵配置が厄介なパターンでスタート。最初に倒しておきたい893(体力が極端に低いヤツ)を開幕で仕留め損ね、開始から30秒が過ぎても893どもを上手く纏められない有様だよ。

ピンチ。って云うか、大ピンチ。


残り時間が気になる余り、焦って遠めの間合いから攻撃→パンチが空を切る→893がドスを構える→硬直中のくにおくんにドスが突き刺さる→ワーッ!(断末魔)→糸冬

…今宵はここまでに致しとうござりまする(by武田信玄)。

| ゲーム | 20:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT