ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新 弾幕ノススメ


XBOX360版「怒首領蜂大復活 ブラックレーベル」を遊ぶ。かれこれ数年振りのプレイですが、蜂アイテムの位置や立ち回りはカラダに身に染み付いていたようで、極めてスムーズに侵攻まくり。1ミスで最終面まで到達しました。

そして、これまでボム無しでは歯が立たなかった量産型ぱふぇ(1号機&2号機)をノーボム撃破達成。シビアな弾避けを要求される「怒首領蜂 最大往生」をやり込んだおかげで、弾幕回避精度がちっとは上がったのかしら(いつもの嘘避けだと思うよ)。


やられ判定が小さい自機、リスクは無いに等しいオートボム、高威力+弾消し効果を持つハイパーは発動時と終了時に画面内の弾を一掃する等々、大復活BLは自機まわりのシステムが滅法強くてスゲー楽しいって云うか。自機が強いゲームはやっぱ面白いよ。

スパルタカス極まりない最大往生と比較するとヌルゲー以外の何モノでもないのですが、最終面の難易度が(主にティガリリの所為で)ズバ抜けて高いので、歪なカタチながらもゲームバランスは取れているのやも知れません。やっぱ取れてないやも。


最終面の暫定ラスボス・シューティを、毎度お馴染みの究極奥義にして最大級のゴリ押し戦法=ボム連打+オーラ撃ちで撃破。シューティはクセの強い(分かっていても避け難い)弾幕ばかり吐いて来るので、オートボムを頼りに無謀な回避に挑むよりはリソースを有効活用するべきって云うか。たとえボムりまくりでもノーコンALLすれば良かろうなのだ! …いや、なのです。

チキン!!!


だがしかし。どうやらエンディングを迎える手順を間違えたらしく、緊急入電で嫌なオッサンに死刑宣告される有様だよ。裏面には1度も行って無いし、蜂アイテムも意図的に取り逃がすようにしたハズなのになぁ…。っかしいなぁ、っかしいなぁ…。

まぁいいや。来いよ!!


エクストラボス・ゴールデンディザスター現る。この弾幕、この絶望感こそ戦争よ。真ボスの前座にしか過ぎないディザスターを、この手で葬り去る日は果たして来るのだろうか…。

いや、来ない(反語)。

| にっき | 20:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT