ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弾幕ノススメ


脳内の弾幕分が不足してきたので、XBOX360版「怒首領蜂 最大往生」アーケードHDモードを連日プレイ中。殺伐とした弾幕の世界で生き抜く喜びを久々に堪能中デス。

だがしかし。TYPE-A+自分の実力では、やっぱり最終面中盤が限度と悟りけり。厳しい、厳しすぎる(by埼玉銘菓)。


今度は初心者救済措置の隠し機体・TYPE-Dで再挑戦。せっかくだから、ゲームモードを(何となく)Ver1.5に変更してみました。1.5はアーケードHDと比べてハイパーが溜まり易く、その分だけ難易度の上昇も速まる諸刃の剣って感じ。ついでにスコア効率が飛躍的にアップするので、2ndエクステンドに余裕で手が届くのは有り難いのですが…。

そんなことより。TYPE-Dで今さら気付いたのですが、敵によってはレーザーよりショットの方がダメージ効率が良いケースもあって驚愕-PANIC-。1面の中ボスと2面の中ボスがソレで、ショットだとレーザーより速く倒せる(避け難い攻撃が来る前に倒せる)のです。最終面で再登場する中ボスども(画像)も例外では無い為、コンボボーナスより安全を優先するならショットでGOって云うか。


最終面もいよいよ終盤。半透明ビームの表現で画面処理に負荷を掛けまくる、TYPE-Dならではのタイマー落ち=スロー効果で難所をスムーズに突破。ボムのストックに加えて残機も1機キープしているので、余程のヘマをしなければノーコンALLクリアも行けるハズ…!


……。………………。

| にっき | 20:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT