ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レトロフリークで(改造パッチを適用して)ハックロムを遊ぶ/その2


「Rockman 3: The Last of Mushroom Kingdom?!」を遊ぶ。再現性の高いスーパーマリオのステージとボス戦をスルー出来るテンポの良さが気に入ったので、せっかくだからALLクリアまでプレイしてみましたよ。


終盤のワイリーステージの内部はスーパーマリオの8-4(+α)に相当し、地形がループするトラップもしっかり再現されていました。ループ処理が面倒で1本道にアレンジしてるんだろうなぁ…とか想像していた自分が恥ずかしいデス。

ラスボス戦~エンディングが原作の「ロックマン3」まんまだったのが惜しいトコロですが、ココまでスーパーマリオステージの再現に拘ったハックロムは他に無いって云うか。控えめに言って、傑作デス。


「ROLL-CHAN 3 IMPROVEMENT」を遊ぶ。ゲーム内容は「メガマン3」から変更は無いと思いますが、ロールちゃんの勇姿が見たくて大挑戦。ちなみに自分は8仕様より旧ロールちゃんの方が好きです。かなりどうでも良いハナシですが。

画像はワイリーステージのロールちゃん祭り。「ドキッ! ロールちゃんだらけの寒中メガマン大会」でも可。ポロリは無いヨ。


ゲーム内容がメガマン3なら攻略法もメガマン3なワケで、溜め込んだE缶の物量作戦でゴリ押しALLクリア達成~。エンディングは一部のグラフィックが書き換えられている程度で、新規オープニングデモ程の盛大な改変箇所はありませんでした。だが、それでもいい。


「Megaman Redux」を遊ぶ。独特の色使いで表現された各ステージのグラフィックを見たさに頑張ってみました。だがしかし。ロックマン3/メガマン3の易しさ(主成分:E缶)に慣れ切ってしまったのか、初代メガマンが偉く難しく感じられる有様だよ(実際難しいから困る)。

ラスボス・ワイリーの元へ辿り着くまでに、果たして何回コンティニューしたことやら…。


立て続けのロックマン/メガマンづくしで満たされた感があるので、ワイリーステージのボス戦は全てサンダービーム+セレクト連打で処理。美しいグラフィックをラストまでしっかり堪能させて頂きました。エンディングの配色に難があり、ロックやロールちゃんの顔が少し変に見えるのが残念賞。


「Nekketsu Kouha - Kunio Kun sprite hack」を遊ぶ。デフォ設定のレベル1は流石に易しすぎてモノ足りないので、今度は最高ランクのレベル3に挑戦してみるコトに。レベル2は最終面の迷路さえ分かれば適度な歯応えもあって楽しめるのですが、レベル3はと云うと…


ハッキリ言って地獄デス。画面内に3人同時出現する量産型りきは、倒してもスグに次のりきが補充されるので2人倒すのがやっとこさ。巧く立ち回っても相打ちになる事が多く、ジワジワと体力を削られて行くのがツライです。

そもそもレベル3の迷路さえロクに把握して無いのに挑むのがマヌケって云うか。まぁ、迷路の最短ルートが分かったとしても、自分にはクリア出来そうにありませんが…。


「Shinobi Arcade」を遊ぶ。こちらもMegaman Reduxと同様、美麗に書き換えられたグラフィックが気になってのプレイです。原作のNES版「SHINOBI」からの改変箇所はグラフィックの書き換えに留まらず、ボスキャラの体力設定まで弄られていたコトが判明。イージー仕様のパッチですら微妙に難しく感じられたのはソレが原因だったとは…。


ラスボスのマスクド・ニンジャは一定ダメージを与える毎に攻撃パターンが変化。初見では太刀打ちできないレベルの強敵ですが、本作では体力が多少増えている所為で更に手強いんでやんの。攻略パターンを忘れていたコトもあって苦戦しまくり、ノーミスで貯まった残機を全て消費してようやく撃破完了な有様だよ。

エンディングに関してはアーケード版を再現した本作より、NES版の一枚絵の方がカッコ良くて好きかなー。


「Super Flappy Bird Nightmare」を遊ぶ。緩急が付きまくるクセの強い操作性は微調整が難しく、満足に遊ぶことすら出来なかったり。せめて1-1くらいは突破したかったのですが、何度やっても8本目の土管が抜けられず、イライラが頂点に達したので継続を諦めました。ダメだこりゃ…。


マトモに遊ぶ気が失せたのでコードフリーク機能を試してみたりして。[常にファイヤーマリオ]を選択したら自機からマリオが出て来てメチャクチャ笑った。


「B-Wings Unlimited Morphs」を遊ぶ。全ウィングがセレクトボタンで常時選択できるのは楽しいのですが、B-WINGSのゲーム性が台無しで残念でもあったり。被弾して剥き身になってもセレクトを押せばウィングが装備されるので、殆ど無敵状態って云うのもゲーム的にイマイチなワケで。チートやハックロムも内容次第で延命措置や毒薬にもなるよなー、とか思いながら本作をプレイしました。

ちなみにノーコンALLクリアするまでに費やした時間は約1時間40分。長い、長すぎる(by埼玉銘菓)。


オワタ。

| レトロフリーク | 20:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT