ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TENCHI(天地を喰らう時、それは今)


Vita TVでPS版「天地を喰らうII」(ゲームアーカイブス)を関羽でプレイ。難敵の8面ボス・徐晃を(AC版込みで)初めてノーミスで倒し、6機残してノーコンALLクリアを達成しました。AC版ではサブキャラ程度に使っていた関羽ですが、メインの魏延より好成績を残せるとは…。


関羽の好調っぷりに気を良くして、今度は裏天地(+ハードランク設定)に挑戦。だがしかし。流石の関羽もハードな上級者向けモードには苦戦の連続で、ひたすら残機を消耗しまくる展開に。つらい、ツラすぎる(by埼玉銘菓)。

裏天地ではゲームシステムの変更により、タダでさえ鬼のように強い8面ボス・徐晃が手に負えないレベルにパワーアップ。まさか突進突きで7割ほど残っていた体力をイッキに奪われるなんて…。結局、徐晃を倒す為に3機も費やし、命からがら最終面へ…。


最終面で草薙の在り処をやっと思い出す。そうだよ、開始地点の左上でジャンプ攻撃だよ!! 草薙は殆どのザコを一刀両断にする最強の剣で、これまでの鬱憤を晴らすストレス開放措置って云うか。シーン切り替え時に必ず手放してしまうので、ラストの呂布戦に持ち込めないのが惜しいデス。


最終決戦ではメシが数多く出た(海老まで出た!)コトもあって呂布を1ミスで突破。多段ヒットによる即死を覚悟したローリングアタックのダメージはデフォ設定と然程変化は無く、割といつも通りの立ち回りでナンとかなりました。なさけむようの裏天地とは云え、やっぱり徐晃の攻撃力が異常すぎるんだよな…。


敵将 曹操、討ちとったりぃー! スタッフロールのリプレイを意識して、あえて必殺技でフィニッシュを飾ってみましたよ。いつもは最低1発は喰らう最後っ屁(爆弾)を偶然回避して、ノーダメージで曹操を倒せたのは嬉しいって云うか。


キャラ別エンディング。漢王朝の復興後、関羽は学校の先生に就任? 文武両道を地で行く漢(おとこ)なだけに、一人で全教科を受け持つことも全然余裕だったりするのでしょう。ああ、何か全キャラ分のエンディングが見たくなってきた…。


スタッフロール終了~。なお、ハード裏天地をノーコンALLクリアしても、ご褒美グラフィックやメッセージ等は全くありませんでした。せめて「一ヶ月に牛丼50杯食べましたからねえ」と云った名言が欲しかったデス。3があるといいなぁー。




| ゲーム | 20:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT