ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フォースを喰らう


Vita用「機動戦士ガンダム EXVSフォース」のコースモードをバルバトスで遊ぶ。メイスを使った荒々しい攻撃の数々は如何にも三日月っぽくて宜しいのですが、出来るコトが思った以上に少ない所為で早くも飽きてきました。

コースモードはCコースをノーコンALLするのがやっとこさ。格闘に特化した機体で一度にCPUを3機も相手にするのは流石にしんどいって云うか。僚機は相変わらず仕事をしてくれないし…。


バルバトスばかりなのもナンなんで、EXVSフルブーストでの愛機・アッガイを使ってみる。起き攻めに重宝していたアッグ召喚とアッグガイ召喚がオミットされていて、それはそれは淡白な機体に成り下がっていました。

アッガイは支援機召喚まくりで混戦に持ち込むのが楽しい機体だと認識していたので、本作のソレは残念極まりないって云うか。やはりフォースではフルブーストの代わりは務まらないようで(それは当たり前)。


キチーとかツレーとか言いつつもPS版「天地を喰らうII」(ゲームアーカイブス)を遊ぶ。AC版の頃から全くと言って良いほど触れていなかった黄忠を使ってみたところ、面白いように先に進めて驚愕彗星砲発射。弓矢連射>囲まれたらスライディングで逃げまくる>距離が開いたら弓矢連射の繰り返しで8面まで来れました。

攻撃射程の長さと地の利を生かした立ち回りが頼もしく、他のキャラでは味わえない未体験ゾーンっぷりに思わず瞳孔全開デス。何て云うか、じじい感激(by永田正月)。


だがしかし。その快進撃も最強最悪のボス・徐晃で尽きる。お供の忍者部隊に蹂躙されてロクに矢も射れず、徐晃を馬から引きずり落とすことなく終了しました。PS版天地II(のデフォ設定=エブリエクステンドあり)なら、やり込めば今の自分でもノーコンALL出来そうな。そんな感じ。

せっかくだから、黄忠でちょっと頑張ってみよう。

| にっき | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT