ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セガエイジス2500シリーズをレトロフリークで遊ぶ


・ファンタジーゾーン・コンプリートコレクション データファイル展開ツール(fzcc_unpack.zip)を下記の配信元(zarazala氏のサイト)からDLする。

http://www.geocities.jp/zarazala_9/index.html

・fzcc_unpackに対応するPS2用セガエイジス2500シリーズ(※1)のディスクからBIN.PAKをPCにコピーする。

・DLしたzipファイルを解凍してfzcc_unpack.exeを起動。PCにコピーしたBIN.PAKを指定。

・fzcc_unpack.exeのあるフォルダにBINフォルダが展開される。

・展開終了後、BINフォルダからSMSやMD用のROMファイルを抜き出してレトロフリークのGamesフォルダに移す。SMSは拡張子が.sms、GGは.gg、MDは.sgd、或いは.mdとなっている(※2)。

・レトフリで遊ぶ。

※1:対応ソフト/VOL.20:「スペースハリアーII~スペースハリアーコンプリートコレクション~」、VOL.21:「SDI&カルテット」、VOL.26:「テトリスコレクション」、VOL.29:「モンスターワールド コンプリートコレクション」、VOL.30:「ギャラクシーフォースII スペシャルエクステンデッドエディション」、VOL.32:「ファンタシースター コンプリートコレクション」、VOL.33:「ファンタジーゾーン コンプリートコレクション」

※2:MD用ROMファイルは拡張子が.sgd、.mdになっているので.binに書き換える。.sgtはSG-1000用ROMファイルで、.smsに書き換えるとレトフリで認識される(現段階ではサウンドしか出力されない)。


テトリスコレクションより抽出した幻のMD版「テトリス」をレトフリで起動。海賊版(俄羅斯方塊)では塗りつぶされていた権利者表記もしっかりクレジットされてます(それは当たり前)。


MD版はブロックの横移動が遅い(レバー入れっぱで加速しない)上に接着までの時間が短く、プレイ感覚がAC版と別物なのが惜しい。背景画とBGMの再現性は高いのに、ゲーム性に関わる重要な部分をおざなりにしちゃうのが勿体無いなぁ、とか。

海賊版の正体は「開発途中バージョンの流出モノ」と聞いていたので、上記の問題も致し方なしと思っていましたが、まさか製品版も同じ仕様だったとは…。


同じくテトリスコレクションに収録されたMD版「フラッシュポイント」の動作も確認。MDテトリスの欠点だった操作性が改善されています。が、シビアすぎるゲーム性にAC版の頃からついて行けない俺ウィリアム・ガイル大佐。


現在は未対応の(ハズの)Mk-IIIソフトと同様に、GGソフトもレトフリで正常に動作しております。ああ、ギアコンバーターの発売が待ち遠しいったらありゃしない。

やっぱり携帯ゲームソフトを遊ぶならTVの大画面に限るよな!!!!


ちょっと驚いたのがMk-III用「スペースハリアー3D」。本来なら立体視用の3D画面で立ち上がるハズが、レトフリでは通常の2D画面で起動しました。

このROMファイルがセガエイジス2500用の特殊なブツの可能性も有りますが、面倒な裏技で3Dを解除する手間が省けてラッキーって云うか。


ところで。ファンタジーゾーン コンプリートコレクションはオマケの"セガ・サウンド・トレジャーボックス"を収録している関係で、関連作品以外(fzcc_unpackに対応したセガエイジス2500シリーズ)のROMファイルも多数収録されていたり。

その殆どがレトフリで起動可能なので、セガタイトルを遊ぶ為にファンタジーゾーン コンプリートコレクションを押さえるのもアリやも。

・今回の記事を起こすに当たって参考にさせて頂いたサイト

■てきとうなブログ
http://ayasuke.exblog.jp/14479480/

※この記事の内容に関して当方は一切責任を負いません。実践される方は自己責任でどうぞ。

| レトロフリーク | 20:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT