ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レトロフリークでHomebrewまくり


マイクロSDのクラッシュにより失われたHomebrewの再インストールをようやく完了。ZIPファイルの展開とソフトの整理に結構な時間を費やしてしまいました。

これを教訓として、今後は新たなソフトを入手する毎に必ずバックアップを取ろう…。


そんな感じで、レトフリ上で動作する各機種のデモソフト(映像と音楽にセンスを塗し、高度な技術で融合したすごい自己主張ソフト)を鑑賞まくり。

アミガのメガデモ郡に魅了されて以来のデモ好きなので、それらに匹敵するステキっぷりを手軽に楽しめるのが夢のようですわん。視覚効果に拘りまくったGBAのデモも、チップチューン全開のFCのデモも最高極まりないって云うか!

…これでレトフリ(のUI)の使い勝手がもう少し良ければ、作業時のBGVとして大活用できるのになぁ。惜しい。って云うか、惜しい。


愛のあるユニークで豊かなゲームも絶賛好評堪能中。画像は個人的にお気に入りのGBA用ソフト「TTW Tribbles(トリブル騒動)」。「スター・トレック」の1エピソードをベースとした2次創作ゲームで、エンタープライズ艦内に蔓延したトリブル(ピンキーでも可)を駆除する内容です。

ゲームの出来は兎も角として(失礼)、市販のスタトレゲーでは先ず扱わないであろうネタを拾ってくるのが素晴らしい。2次創作かくあるべき。トレッカーばんじゃい。

どう見てもウケ狙いの1発ネタ的なモノから、作り手の執念を感じさせる完成度の高いモノまで、市販ソフトとは一味違う魅力がホームブリューには有るって云うか。そこにシビれる憧れるゥ。


GBA用「ロトリス」は「テトリス」の亜流作品。1ライン消す毎に画面が左右に揺れ、30ラインを突破する頃には吐き気を催す程の大揺れになります。これは、今までのテトリスには無かった、三半規管への挑戦が斬新きわまりない作品デス。だが、それがいい!

遊園地の海賊船のような揺れにより視覚が乱され、ブロックの落下ポイントを見誤りまくるのがすこぶる可笑しかったり。NEXT表示が無いのも、ゲームをより混乱させるアクセントになっていてイイ感じデス。テトリスとしての出来も(ホームブリューとしては)悪くないので、万人にオススメできる作品です。

■ロトリス配信元:PDRoms
http://pdroms.de/files/gameboyadvance/rotris


改造パッチはMD版「ベア・ナックル」シリーズが面白い。画像はベア・ナックルIIIのキャラ変更パッチで、ストIIのE.本田でプレイできると云うモノ。コンボのシメに繰り出す百烈張り手が強烈で気持ち良いデス。某S本田使いのあの男(ヒント:1月1日)もバカウケだ!

このパッチでは本田以外にザンギエフも使用可能で、こちらも完成度の高いキャラに仕上がっています。背後投げで強引に再現したスクリューがタマランですよ。

ベア・ナックルシリーズの改造パッチは、キャラ変更モノを中心に海外で数多く作られております。下記のファンサイトでパッチを大量に配信しているので、興味のあるレトフリユーザー兼ベア・ナックラーは覗いて見ると幸せになれるやも知れません。

■Streets of Rage Online
http://www.soronline.net/main.htm

| レトロフリーク | 20:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT