ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

謎の言葉 それはロディマス


FC版「スーパーマリオブラザーズ」の改造ソフト「スーパーマリオ ルイージの謎」をレトロフリークで遊ぶ。傑作・スーパーマリオにケツ作「トランスフォーマー コンボイの謎」をフィーチャーした、まったく新しい理不尽ワールドを体感しました。


ゲーム開始早々にパタクリボーが強襲。宙を舞いながら自機狙いの弾を撃ってきます(画像の赤く囲った部分が敵弾)。至近距離で弾を見てから回避するのは困難なので、攻撃周期を見切ってジャンプでかわすのがベター。

この開幕間もないエリアの難度は非常に高く、しばらくはスーパーキノコすら取れずに死にまくるコト請け合いって云うか。


全滅→ガメオベラの度にデモ付きのタイトルに戻されるのが億劫なので、ココはレトロフリークの持つコードフリーク機能を活かすコトに。残機が減らなければゲームオーバーにはならないぜッ!(それは当たり前)

…ああ、チートってスゲー便利だなぁ…。


1面中盤までノーミス進行を維持し、やっとファイヤーマリオへと進化を果たす。

これで一気に形勢逆転だ!! …と思いきや。ノーバウンドで水平発射されるように改変されたファイヤーボールはクリボーの頭上をかすめ、遥か地平線の彼方へ。ああ、背の低い敵には当たらないウルトラマグナス(ロボット形態)のショットを再現してるのか…。ゲロゲロ~!(死語)

本作ではファイヤーボールのしゃがみ撃ちが可能で、この場合は真上に火の玉を発射する有様だよ。ウルトラマグナス(トレーラー形態)もビックリポンや(ナウい語)。


1面ゴールの先には巨大クッパが待ち構えていた! ファイヤーボールを20発以上当ててもビクともせず、勝つ気マンマンでいたこちらはビクともしまくり。クッパの頭部をジャンプで踏む以外に攻撃する術が無いコトを知る。

だがしかし。クッパを踏むと自機が爆発したり、踏んだ反動で転落死したりで「なぜ?の嵐」(by吉沢秋絵)。例えボス戦で死んでも、1面の最初ッからやり直しってのが本格的にキツイんだよなぁ…。

あまりのスパルタっぷりに嫌気が差し込みつつも、手探りで試行錯誤を繰り返すコトに。ココまで来たら後には引けねぇですわって云うか。


悪戦苦闘の末、クッパの目の辺りをジャンプで踏めばミスにはならず、踏む度に方向キー右+Aボタン押しっぱなしでジャンプ制御が可能と悟りけり。そして連続5回の踏み付けで、遂に巨大クッパを撃破しました。ばんじゃ~い。


ねんがんのエンディング。ああ、ジョセフィーヌ ルイージは今何処。

今回のまとめ:たったの1面とは云え手強い作品でした。安直な改造モノにありがちな、即死トラップを連発して難度を上げる手法とは異なり、原作=スーパーマリオには無かった新たなギミックを盛り込んでの殺意は敬意に値します。そこまでして俺を殺したいかー、的な。

うま味が無く難しいだけのゲームに興味は無いのですが、ココまで作り込まれていると逆に攻略意欲をそそられるって云うか。そんな感じデス。


日を改めて再挑戦。本作でのスターの効果は一定時間無敵では無く、耐久力制のバリアと気付き活路を見出す。この仕様が判ってからは、ほぼ確実にクッパの元へ辿り着けるようになりました。

スター獲得後はクリボーに接触しないように気を付けて、極力足を止めずに進行すればバリア効果が切れる前にゴールも可能です。ちょっとの被弾は気にしない。


ついにねんがんのノーミスクリア達成~。分かってしまえば結構カンタンじゃなイカ!!

だがしかし。


ニコニコ動画で衝撃の真実を知り、その驚愕の展開に瞳孔が全開まくり。巨大クッパの撃破は、ルイージの謎のほんの序章に過ぎなかったようです。「おれは あんまりやりたくないな!!」(byしんいち/熱血高校ドッジボール部 サッカー編 ※しかもX68000版)

■パッチ配信元:SMB アーカイブ
http://smbarchives.run.buttobi.net/

※旧アップローダー>369.zip

| レトロフリーク | 20:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT