ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年末の過ごし方2014

■12月23日:X68000は死なず

地元獣の大田六助さんが来日。大田家のマウンテンサイクルから出土したX68000ソフトの数々を頂く。ありがたいって云うか、本当にありがたい。そんな感じで、頂いたソフトの中から「ドラゴンスピリット」を遊ぶ。

やっぱり電波新聞社による移殖はカンペキすぎ。新旧バージョンの収録に加え、1面BGMもサントラ準拠の完全仕様とか最高極まりないって云うか。入力遅延が無い分、ヘタなエミュ移殖なんかより余ほど出来がイイですわん。

■12月24日:ハードオフでジャンクを漁る

隣町のハードオフへ赴き、宝探しと称してジャンクを漁る。今回の収穫はホリ製の多機種用コントローラ「ファイティングスティックMulti」。お値段は税込み540円なり。動作品なら大もうけですが、果たして。


SFC、MD、PCE用の接続ケーブルは揃っており、レバー&ボタンの状態も良好。各機種で動作チェックしたトコロ、全ての機能が正常に動作しました。ファイティングスティックMultiは既に1台所有していますが、良いモノは何台もキープしておきたいって云うか。


動作確認の後はクリーンナップ&メンテナンス。本体をバラして各部を清掃~。レバーのシャフト&ガイドチップまわりにセラミックグリスを塗り、ボタンの接点部分もしっかり掃除しておきました。


同じくハードオフでの収穫物。「AIKa」の全話収録リマスター版と、「戦闘妖精少女 たすけて! メイヴちゃん」のDVD。いずれも北米版の新品で、お値段は各108円(税込)なり。安ッしー!! 他にも国内アニメの新品DVD(自分の知らないタイトルばかり)が108~324円で山済み&叩き売りされておりました。何処からかデッドストックが大量に持ち込まれたのかしら。

■12月25日:我は女子力を極めし者

PS3版「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」で飽きもせずエルフェルトまくる。期間限定配信のクリスマスカラーで聖夜を闘いまくる。

ダストアタックの打ち上げコンボが安定して完走できるようになり、日々の修行の成果を実感。

アーケードモードのやり込みで、立ち回りもコンボも充分身に着いた気がするのですが、身近に対戦相手が居ない現実。刹那さ炸裂。この想い、何処にブチ撒ければ良いのやら。

■12月26日:好きになれないモノは楽しめない

北米PS3版「カートゥーンネットワーク パンチタイムエクスプロージョン XL」を途中で放棄するコトに。どんなに好きな作品&キャラが揃っていても、ゲームそのものが好きになれなきゃ続けられないって云うか。

バトルモードは充実しているし、横スクロールアクション中心のストーリーモードはステージギミック満載で、ミニゲームイベントも盛り沢山。全体的に出来はかなり良いと思うのですが、如何せんゲームはスマブラなワケで。

スマブラ嫌いの自分に楽しめる道理は無く、リタイヤするのも致し方なし。

■12月27日:ベルトフロアの王様

スカッ! とするゲームを唐突にプレイしたくなり、PS2版「ファイナルファイト」(fromカプコン クラシックスコレクション)をチョイス。ノーコンALLクリア達成で腹の底からスカッ! とする。画像は巨漢の怪人・アンドレから2人の美女(♂)を守るべく立ち上がった二人の勇者。

コ-〒゛ィ-「奴ら…ゆるさん」
べノレ力゛ー「派手に出迎えてやろうぜ!」

■12月28日:力だけが正義でごわす

地元の友人、かろかろーさん&大田六助さんを招いて忘年会。素晴らしいメガドラソフト群でもてなしまくる。中でも究極的名作の「ああ播磨灘」を2人に勧めるも、速攻で拒否られたので自らがプレイするコトに。

開幕から [時空念動波→スタン中の相手をダッシュで土俵際まで押し込む→まわしを取る→寄り切り] の華麗なコンボで連勝を重ねまくり。すると、2人から「八百長!」だの「ハメだ!」と云ったブーイングを浴びる有様だよ。

相撲ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。土俵の向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。素人はすっこんでろ(中途半端+イマイチ捻りの足りない吉野家コピペ)。


メガドラまくりの後はPS3版「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」で対戦。案の定GGXrdには付き合ってくれずにションボリング・ベイ。電撃FCに付き合ってくれるだけでも感謝せねば。

だがしかし。愛しの大河はコンボも立ち回りも忘れまくりで、殴られまくりの斬られまくり。大河動け! 大河、なぜ動かんッ!? Xrdが発売になってから電撃FCには触れてもいなかったのですが、1ヶ月かそこらで大河の全てを失うとは…;;

とか思ったら、数試合ほどで闘いのカンを取り戻すコトに成功→手乗りタイガー大暴れ!→かろかろーさんに「やっぱ持ち主は巧いよな~」と嫌味を言われる→いや~、それ程でも(笑)

■12月29日:コナミSTGを愛す

久し振りにMSX2+に火を灯す。カートリッジスロットに刺さりっぱなしの「スペースマンボウ」を遊ぶ。程よい難易度が心地良く、死と再生を繰り返しながら2周クリアまで堪能~。

コナミと言ったらやっぱり「グラディウス」シリーズですが、それ以外のSTGも名作揃いなのがコナミのスゲーところ。やっぱコナミ最高~。

だが、我々の愛したコナミは死んだ。もう新作STGは望めないとしても、せめてアーケードでリリースしたタイトルは家庭用に移殖して欲しいモノです…。

■12月30日:ランボー者

マークⅢ用「阿修羅」を遊ぶ。そして、移殖作である北米マスターシステム版「ランボー」のヌルさを思い知る。阿修羅は高次面でミスると、ガメオベラに直結するくらいキツイ。って云うか、キツイ!! アイテムの出現周期がランボーより遅い所為で、一度死ぬと復活もままならずに終わるって云うか。

だが、それがいい! それでこそ真の漢のSTG・阿修羅! 軟弱者を突き放す硬派なゲーム性! そこにシビれるあこがれるゥ!! 俺はランボーの方が68000倍好きだけどな!!

■12月31日:来年の干支にちなんで

昨日までのブログ記事をまとめつつ、PS2版「トリオ・ザ・パンチ」(fromオレたちゲーセン族)をプレイ。羊の呪いを受ける。ガメオベラまで羊のままだったら、ノーコンALLクリアも楽勝なんだろうなぁ…、と、アーケード時代に抱いた妄想を思い出したり。

今年もこんな下らないブログを見て下さって、本当にありがとらのこいました。★★□ 来年は更新頻度がいっそう低下する予定なので、どうせならスルー推奨です。それでは、良いお年を。

| にっき | 20:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT