ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱり大河×ましろに光明を見出す


今日も今日とてPS3版「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」で逢坂大河を練習。サポートキャラは椎名ましろに落ち着いたハズなのに、可能性を模索して他キャラに浮気まくり。

しかし、どんなサポートでも高度なコンボは余裕で組めず、結局ましろと同等の運用しか出来ない俺古烈。


大河単体&ましろ絡みのコンボが安定してきたので、実践がてらにアーケードモードを難易度5(最高ランク)で遊ぶ。CPUはデフォ設定(難易度3)より攻撃的で手数も多いのですが、防御面は意外に脆いと云うか。

特に起き攻めには滅法弱いようで、コンボの押し付けだけで勝てるコトもザラだったり。しかし、隙を見せるとイッキに畳み込まれる為、決して油断は出来ないのが面白い。ありがちな超反応CPUを相手にするより、攻め甲斐があってイイなぁ、とか。


連戦、クライマックスアーツフィニッシュを決めまくり、最終面にセルベリアが登場。EX地獄突きコンボの餌食にしてやったり。ちなみに難易度5で無敗ALLクリアしても、ご褒美は何もありませんでした。無念ダムネン。

日々の修練で大河の何たるかは大よそ分かってきた(気がする)し、そろそろもう1人の本命=セルベリアに着手しようかな。


閑話休題。会話デモ中に表示されるキャラグラフィックが、2Dなのか3Dなのか分からなくて困る。2Dにしてはヌルヌル動いて立体感があるし、3Dにしては動きが限られていて、質感も薄っぺらいって云う。

2Dか3Dか、どっちもか(パンクショット状態)。

| にっき | 20:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT