ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北米版ウルⅣの人柱に立候補した男


北米PS3版「ウルトラストリートファイターⅣ」(アップグレード版)を予約してみた。別途、スパⅣAE(もちろん北米PS3版)を用意する必要があるモノの、国内版より2ヶ月も早く自宅でウルⅣが遊べるなら、多少割高でも余裕で無問題って云うか。


予約購入(14.99ドル)で支払いを完了できたと云うコトは、北米版ウルⅣにおま国対策はされてないと見て良いのかしら? ちなみに予約分は5/29からダウンロード可能で、実際にプレイ出来るのは発売日(6/3)からとのコト。残る2つの予選を突破して、6/3にウルⅣがプレイ出来る運は、全てカプコンUSAの神まかせ(エリア88っぽく)。


ウルⅣを予約すると、今作のメインビジュアル(ジャケットイラスト?)と思しきカスタムテーマがオマケで貰えたり。更に発売日には、特典として新キャラ用のアレンジコスチュームも貰えるとのコト。スゲー楽しみ。


そしてDL版スパⅣAEを購入(30ドル)。友人と遊ぶ機会の多いタイトルだけに、ディスクレスで起動できるのは何気に嬉しいって云うか。ちょっと高いけどナー;;


購入する際にHDDの容量不足を指摘されたモノの、40GBのHDD(使用可能領域32GB)をフォーマットしてもスパⅣAEをDL出来ないコトが判明。DLした圧縮ファイルの展開を考えれば、まだまだ容量が足りなかったようで。

結局、この日はスパⅣAEのDLを断念。以前からHDDの容量不足に困っていた上、ココの所は動作も不安定だったので、いよいよもって買い替えの時期と判断。早速、konozamaにてPS3で使用可能なHDDをご注文。到着を待つコトに。

※この記事は北米版ウルⅣの購入を推奨するものではありません。また、この記事を見て北米版ウルⅣを購入した際に生じたトラブルに当方は一切応じません。

| にっき | 20:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT