ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月

≫ EDIT

無改造でADアダプターの音質をカンタンに向上させる方法

※2018.5.11. ちょっとだけ追記



音量が小さい上に音質がスカスカで、低音すら満足に出せないGBA互換機「ADアダプター」の改善を図ります。ハンダゴテや電子工作のスキルは不要ですが、海外ソフトをSFCで楽しむ為のデバイスが必要デス。


・用意するモノ:SNES>SFC変換アダプター(いわゆる[3本足]未対応のモノ。画像の赤丸の部分に端子が無いヤツなら恐らくOKです。多分)。

ADアダプターに変換アダプターを装着。付属のAVケーブルを接続して起動すると、何故かGBAソフトの音質が向上します。音量の塩梅も低音の再現もバッチリですが、相変わらずステレオ音声には対応していません。

images2018-05-11_193000
追記。せっかくだから、ADアダプター+変換アダプターで手持ちのGBAソフトを総チェック。不具合っぽいモノは全く無く、どのソフトもADアダプター単体で起動した時と同等の動作+音質改善を確認しました。愛して止まない「ダブルドラゴン アドバンス」のサウンドもなかなか良さげな感じデス。

ADアダプターの端子部分の小さい端子を(変換アダプターで)マスクすると、音質が改善するのも不思議なハナシですけど。それにしても、あの小さい端子は何の為に付いているんだか。盲腸みたいなモンかしら。

images2018-05-11_193001
変換アダプターの挿入による音質改善の効果を、特に実感できたのが海外ソフト「イリディオンII」。澄んだ音色のメロディーと低音を効かせたドラムは、ADアダプター単体では味わえないシロモノです。ゲームボーイプレーヤーで起動するよりクリアな音質やも。多分。

| ゲーム | 20:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月