ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

≫ EDIT

沙羅曼蛇PORTABLEに収録されたグラ2をレトロフリークで遊ぶ


■CFWを導入したPSPを用意してPSP Filer等で「沙羅曼蛇PORTABLE」のUMDディスクをISO化する。CFWやISOの扱いに関しては方々で解説されているのでここでは割愛させて頂く。


■7-Zip等のISOに対応した展開ツールで沙羅曼蛇PORTABLEのISOからMSX用「グラディウス2」のROMイメージ(gradius2.rom)を\PSP_GAME\USRDIR\data\msx1plus\romsより抽出する。


■MSXadvance v0.4を下記のアドレスからDLして解凍する。
http://www.zophar.net/consoles/gameboy/msx/msxadvance.html


■cbios-0.27(フリーウェアのMSX用BIOS)を下記のアドレスからDLして解凍する。
http://cbios.sourceforge.net/


■\cbios-0.27\romsに収められているMSX1用BIOS(cbios_main_msx1.rom 、cbios_main_msx1_jp.rom 等)をMSXAdvance04Binフォルダに入れる。使用するBIOSの種類(リージョン)によってゲームタイトルと言語が変化するがMSXadvanceはMSX1専用につきMSX2や2+のBIOSを用いるとスプライト表示が乱れる等の不具合を起こすので注意。


■MSXAdvance.exeを起動してグラ2のROMイメージをドラッグ&ドロップする。

■右下のチェックボックス(画像の赤丸の箇所)をクリックして適用するBIOSを選択。

■Save...をクリックしてmsx.gbaを作成する。


■MSXAdvance04Binフォルダに作成したmsx.gbaをレトロフリークのGamesフォルダに入れる。

■レトロフリークのGBAカテゴリからmsx.gbaを起動する。


■LR同時押しでメニューを開いてOther Setteings->Mapper TypeをKonami5に変更。動作速度を安定させる為にVSyncはONに設定する。その他の項目はOFFかNormalを推奨。設定を完了したらBを押して前のメニューに戻りRestart。Mapper Typeは起動する毎に初期化される(Konami4に戻される)ので設定を完了した状態でクイックセーブしておくのも良い。


■グラ2がレトロフリークで動作する。


■チェックがてらに取り敢えず3面クリアまでプレイしたが動作は比較的安定していてSCC音源の再現性も良好だ。ゲーム中に音飛びしたり2~3秒無音になる事があるがレトロフリークでグラ2=MSX1ソフトが動作する事を考慮すればその程度の不具合は些細な問題である。


今回の記事をしたためるにあたって起爆剤となった比類なき情報元

■タカ&ノリ氏のTwitter
https://twitter.com/oridy2shoes/status/789875970467434496

※この記事の内容に関して当方は一切責任を負いません。実践される方は自己責任でどうぞ。

| レトロフリーク | 20:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自称裏切り者


北米SMS版「レネゲード」(熱血硬派くにおくん海外版)を遊ぶ。ゲームバランスやプレイ感覚は原作=NES版レネゲードと異なりますが、Mk-III/SMSでプレイできるベルトフロアアクションとしては出来の良い部類に入ると思われます。

だがしかし。敵の位置に対して自機の向きを判定するルーチンがテキトーで、最も近い位置にいる敵に対して背を向けたままになる事が頻繁に起こるのです。その状態で敵に攻撃するとバックキックを繰り出しますが、自機が背中を向けているので掴み技に移行できないって云う。開発元のナツメらしからぬ作りの荒さにちょっと閉口。


1面ボス・ジャック。本作ではボスの体力の有無に関わらずリングアウトさせる事が可能です(と云っても1面でしか行えませんが)。ダウンしたボスの起き上がりにダッシュパンチを繰り返す事で容易に起き攻め&リングアウトが狙えます。


本作はNES版レネゲードをベースとした移殖作なので、ステージ展開や構成はそれらに基づいています。2面終盤のバイクチェイスもしっかり再現されており、その面白味に欠ける内容まで忠実だったりして。

ストーリー上の演出的なステージに、ゲーム性を求めるのは無粋だと理解してはいますが…。


2面ボス・ジョエル。ボスをダウンさせたら頭部側へ回り込んでパンチを連打すると、ダッシュパンチを繰り返すより簡単にハメる事ができます。立ち上がるボスの背後からパンチを浴びせるカタチになるので、リバーサル攻撃も回避できて一石二鳥なのです。

この起き攻めはラスボスを含む全てのボスに対して有効です。が、パンチ連打に隙があると反撃を受けるので注意。要連射パッド。


3面ボス・キム。NES版ではチャイナドレスを着たみすずちんでしたが、SMS版はゴツくてマッチョなウーマンに変貌。本作の他のボスと同様、くにおくんに登場するボスと違って魅力が全く無いのがナンとも…。


最終ステージ・4面後半の屋敷内には量産型ボスが2体同時に出現。誘導しながら纏めて、ダッシュパンチでハメれば楽勝デス。なお、屋敷内の最短ルートはNES版とは異なり、左>右>右>左>左 となっております。

部屋の敵を一掃した際にドアから離れていないと、否応なしに最寄のドアへ吸い込まれてしまうのが嫌らしい…。


ラスボス・ルーカス。さぶと同様に拳銃を乱射してくるので、フトコロに潜り込みパンチ連打でダウンを奪います。ダウンさせた後は例によってハメまくりに移行~。


正面から起き攻めを狙うとリバーサル攻撃の足払いを喰らうので、頭部側へ回り込んでからパンチを連打。ボスの足払いは明後日の方向に繰り出され、スカッたトコロにこちらのパンチ連打が決まります。パンチ連打でラスボスを再度ダウンさせ、同様の起き攻めでハメれば終了デス。


ルーカス一味を打ち倒し、屋敷を後にする主人公・ミスターK。この後、屋敷が大爆発を起こしてエンディングは終了します。


まとめ:一新されたグラフィックや敗北デモの追加、主要キャラの大きなポートレートはなかなか魅力的です。しかし、先に挙げた自機の向きに関する不具合や、敵グロッキー時の掴み判定の薄さ(敵と密着状態から掴みに行くとすり抜けてしまう)もあって、レネゲード/くにおくんとしての出来はイマイチって云うか。そんな感じデス。

| ゲーム | 20:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真 自称熱血硬派


PS2版「熱血硬派くにおくん」(オレたちゲーセン族)を遊ぶ。今回は1周目ラスボス戦で危機に陥いりましたが、アドリブを利かせて窮地を脱する事に成功~。ラスボス・さぶを仕留めるまでの過程で893を全て倒したので、エンディングで熱血高校の仲間が7人揃いました。これは幸先イイやも!


2周目も極めて順調で、ラスボス戦をパターンにハメてノーミス撃破。この調子を維持できれば、全俺未踏の3周目クリアも夢じゃないって云うか(ちなみAC版でも3周目ラスボス戦が最高到達地点だったり)。

久々の絶好調なので気合を入れて頑張らねば!


勢いに乗って3周目1~3面をスムーズに突破。負ける要素ゼロって云うか、全く負ける気がしないって云うか。ようやく全盛期の実力を取り戻せた予感デス。

だがしかし。ゲーセン族版くにおくん(デフォ設定)の理不尽さは最終面に集約されているので、それまでの好調を過信すると痛い目に遭うのは確実なのです。気を引き締めて行こう。


最終面開幕で体力が低い893を開幕に捕らえるも逃がしてしまい、それが切欠となって立ち回りに大きな乱れが発生。やはり893が全員(4人)揃っていると纏めるのが難しいって云うか。そんな感じで、健闘も空しく凶刃に倒れました。

やっぱ最終面は厳しいですわ…。


何とか1ミスでラスボス戦に漕ぎ着き、攻略パターンに移行…した直後、くにおくんの攻撃範囲外から無情なるドスの一突きが。残りタイムは(パターンにハメれば)十分あるので、後は運を天に任せるのみ! とか思っていた矢先にドスッと来ましたよヨヨ…。

ラスボス戦を正攻法で立ち回るには時間がどうしても足りないし、そもそも立ち回るスキルが低いのでソレも無理って云う。そうなるとラスボス戦はやはり運絡みのパターンに頼らざるを得ないワケで。

どうしたもんじゃろのう(本年度流行語大賞最有力死語)。


今回のプレイで数年振りに自己最高記録を更新。3周目の壁を越えるのはいつの日か。

| ゲーム | 20:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

族 自称熱血硬派


PS2版「熱血硬派くにおくん」(オレたちゲーセン族)を遊ぶ。鬼門の2周目最終面が巧い事パターンにハマってくれたお陰で、何とか突破に成功しました。ハマれば開幕から右攻撃を連打するだけでラスボス・さぶを倒せるのですが、893の機嫌次第なトコロもあってなかなか巧く行きません。

かと云って正攻法で立ち回る程のスキルも無いので、自分にとってラスボス戦はホントに運ゲーなのデス…。


3周目1面をサクッとクリア。画面下の撃墜アイコン(ボスの標本でも可)が邪魔で、りきとくにおくんのアヘ顔ばんじゃいが見えないのが残念賞。

他にも2面のテトラポット(画面左端)で三角跳びをして生還、2面ボス・しんじを道連れに入水自殺、3面ボス・みすずでナメナメナメ…など、AC版くにおくんが稼動していた当初のネタプレイを堪能してはニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ している俺ダブルサマソ。


2面前半は周回を重ねる毎にバイクの出現数と移動スピードが増加。3周目ともなるとバイクの速度もかなり上がる為、正面切っての迎撃はかなり難しかったりします。ハヤクテシヌゼー。

そんなワケで、開始と同時に画面右端まで退避して安全にバイク勢を迎え撃ちます。バイクは画面端まで来るとターンする習性があり、その際に思いっきり減速するので非常に迎撃しやすくなるのデス。


3周目の最終面は敵配置が厄介なパターンでスタート。最初に倒しておきたい893(体力が極端に低いヤツ)を開幕で仕留め損ね、開始から30秒が過ぎても893どもを上手く纏められない有様だよ。

ピンチ。って云うか、大ピンチ。


残り時間が気になる余り、焦って遠めの間合いから攻撃→パンチが空を切る→893がドスを構える→硬直中のくにおくんにドスが突き刺さる→ワーッ!(断末魔)→糸冬

…今宵はここまでに致しとうござりまする(by武田信玄)。

| ゲーム | 20:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自称熱血硬派


PS2版「熱血硬派くにおくん」(オレたちゲーセン族)を遊ぶ。AC版くにおくんの海賊版(コピープロテクトの発動により、一部の敵の体力が異様に高く設定されている)を移殖してしまった為に、発売当時は非難轟々だった曰く付きのソフトです。今回はそんな悪名高いゲーセン族版くにおくん(デフォ設定)に挑戦してみました。

耐久力が異様に高くなった敵=武器を持った敵(スケバン以外)は正攻法で相手にしていたらキリが無いので、極力リングアウトを狙って仕留めます。


武器持ちを残してのボス戦は非常にシビアなので、ただ敵の数を減らすだけでなく、武器持ちを優先的に倒していく必要があります。崖っぷちでの立ち回りはハイリスク・ハイリターン。武器持ちのリングアウトを狙うあまり、うっかり自分が転落しないように。


オリジナルより極端に難しくなった最終ステージ4面。右端の893(赤枠)だけ何故か体力が低いので、コイツを真っ先に倒します。1周目はパンチ2発>掴んで膝蹴り2発>投げでノックアウト可能~。2周目は膝蹴りを3発にしないと1ターンで倒せません。

コイツを最初に倒せるか否かでクリアまでの難易度が変わってくるので、より確実に攻略するには数パターンある敵の初期配置に対応した立ち回りが求められます。


残った3人を誘導して一纏めにしたら、パンチ連打で押し込みまくり。一撃即死のドスを恐れず、正面から一歩踏み込んで殴るのが纏めるコツです。画面端まで押し込んで、893が全滅するまでひたすらパンチを繰り出します。


ちなみに本作(=海賊版)の893を倒すには、パンチ3発を1セットとして計14セット殴る必要があります(1面の坊主と2面の鉢巻も恐らく同等の体力と思われます)。

硬い、硬すぎる(by埼玉銘菓)。


ラスボス・さぶとの闘い。さぶが現れる前からドアの正面でパンチ連打していると、運が良ければ893から攻撃されずにさぶを倒せます。開始位置が微妙で成功率も高くは無いのですが、自分にはこの方法でしかさぶを倒せないのデス…。


パターンがズレて893に回り込まれてしまったので、ここはイチかバチかのアドリブ勝負に打って出る。運良く893が手出し出来ない位置取りが出来たので、あとはさぶをボコボコにするのみ!

やっぱラスボス戦は運ゲーだわ(…とか言ってるから上手くならないんだよなぁ)。


ノーダメージでさぶを撃破達成。さぶの拳銃も893のドスも即死攻撃なので、最終面の結果はノーダメorダイしか無いのです。熱血硬派の世界はホンマ世知辛いでェ…。


親友のひろしと熱血高校の仲間がくにおくんの勝利を讃えるエンディング。登場する仲間の人数は事務所内の893を倒した数だけ増えます(デフォ人数は4人)。

さあ2周目だ!(空手道っぽく)


2周目は1周目と然程変化は無く、立ち回りも一緒でOK。敵の体力が若干増量したりバイクのスピードが上がる程度の変化しか無いので、1周目が余裕なら2周目攻略も特に問題は無いと思います。


そんな感じで、2周目最終面までノーミス侵攻を維持。体力がUPした893との闘いはムリをせず、丁寧に立ち回れば勝機は十分あります。残りタイムが40秒を切る前に事務所へ突入できれば、ラスボス戦も何とかなるでしょう(あいまいな経験談)。


だがしかし。事務所内へ入って早々にパターンをしくじり、893に刺されて死亡確認。こちらの攻撃がギリギリ届かない間合いからブッ込んでくる893にひとこと申し上げたい。

「男なら拳ひとつで勝負せんかい!!」(byボンガロ)


最後の1機もパターン失敗。アドリブに移行して善戦するも、画面端で893の挟み打ちに遭い最期を迎えました。無念ダムネン…。


余談:今回の記事を起こすに当たり、現役時代の最高到達地点=3周目ラスボス戦を目指して連日プレイしていました。あわよくば記録更新もネタに出来れば良いなぁ…と想いつつ攻略に挑んだモノの、何度やっても2周目ラスボスが関の山って云う…。

5日間=計10時間ほどゲーセン族版くにおくんに取り組みましたが、明確な勝機が見えてこないので今回は攻略を断念しました。く、悔しい…(ビクンビクン)。

| ゲーム | 20:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弾幕一番


"-終 劇-"したなどと誰が決めたのか。XBOX360版「ケツイ ~絆地獄たち~ EXTRA」Xモードを遊ぶ。攻略を諦めきれず黙々とTYPE-Bでプレイを継続して、ノーミスで4面ボス・シンデレラアンバーの元へ到達。1ミスするまでにアンバーを最終形態まで追い込みました。

今回は1UP獲得こそ断念したモノの、ようやく現役時代の腕前に追い付いた予感です。よ~しパパ、この調子でエヴァッカニア・ドゥームをノーミス撃破しちゃうぞ~、とか言ってんの。もう見てらんない。


だがしかし。調子に乗って己の腕を過信した結果がご覧の有様だよ。ラストスパート中にボスゲージの残量が気になり、チラ見した瞬間に抱え死にしてやんの。ナニヤッテンダヨオマエー…。


最終面中盤、2機目の同型機をロックショットで捕捉。まんまと撃破に成功したモノの、待望の1UPはゲットならず…。同型機の出現直前にボムって危機を脱したのですが、どうやらソレがマズかったようです。ボムの有効時間って思っていたより長いっぽい。無念ダムネン。


中ボス・トラファルガーとの激戦。直前にボムを使い果たしていた事もあり、弾避けがプレッシャー無く楽しめる幸せ。死んで失うモノが(残機以外)無い=ノーボム状態になると、持病の抱え死に恐怖症から開放されるのデス。はっはっは! ボムを失った俺はもう無敵だ!!

「バカ丸出しですね」『バカだからね…』


1ミス+2ボムでトラファルガーを突破。そして敵の猛攻は激しさを増すばかり。画面奥には最終面後半のEVAC INDUSTRY中枢へと通じるゲートが口を開けて待っている。いざ行かん、地獄の只中へ。

翼よ、あれが縦穴だ!(辞世の句)


敵弾を一掃するEX機が頻繁に出現するおかげで、何とか弊社は縦穴を降下させて頂いている次第であります。って云うか、EX機がいないアーケードモードだったら太刀打ち出来ない難度ですわ。ココまで来てようやく最終面の折り返し地点って…。うへぇ。


弱気になったトコロで頭の中が絶望ムードに満たされ、最下層到達を目前にして被弾。そしてガメオベラ。ねんがんのトラファルガー撃破を達成できたので、自分にはもう思い残すことはありません。って云うか、易しいXモードですら俺には無理ですわ…。我がケツイに一片の悔い無し!(完)

取り敢えず脳内の弾幕分は十分に満たされたので、また思い出した頃にでも挑戦してみよう。




| にっき | 20:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弾幕波止場


XBOX360版「ケツイ ~絆地獄たち~ EXTRA」Xモードを遊ぶ。足の遅さが気になりつつもTYPE-Aで頑張っております。今回は3面中ボス・ヴィノグラドフから1UPを奪取するべく、集中力全開でアチョーに挑んでみました。

画像ではどう見ても敵弾に当たっているように見えますが、自機の極小判定のおかげで全然平気だったりします(ほとんど嘘避けですけど…)。


危機に瀕しても不退転のケツイで回避に努め、ヴィノグラドフを全パーツ破壊+ノーボム撃破達成! 数年振りにねんがんの1UPを獲得しました!!

1UPなんか取れて当たり前と思っていた時期も有りますが、現在の最弱に弱まった自分には難易度の低いXモードでも精一杯って云うか。だが、それでもいい! この貴重な1機に活路を見出し、今度こそ最終面の中ボス・トラファルガー撃破の悲願を果たさねば…!


だがしかし。喜びも束の間、4面序盤で凡ミス発生。貴重なボムを3発もキープしたまま盛大に抱え死にしました。あーあぁ…、せっかくの1UPもこれで帳消しって云うか…。

迂闊なミスで失った分を取り返そうと焦る余り、更なるミスを呼び寄せる結果に。どつぼスパイラル此処に極まれり。どうして俺は、こうなんだ…(byジャン・リー)。


我は抱え死にを極めし者。もうやだ帰りたい。


愛機TYPE-Bに乗り換えても成果は上がらず、抱え死に恐怖症でチキンボムの消費が増大。追い詰められた時には肝心の切り札が既にスッカラカンと云う有様だよ。最終面序盤の全翼機こそ何とか凌いだモノの、その後の猛攻には耐え切れず……。


最後の1機は大型砲台の急加速する弾を避け損なって抱え死に。そしてガメオベラ。失意のうちに戦う気力を失った者は、あっけない最期を迎えましたとさ。




| にっき | 20:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弾幕市場


XBOX360版「ケツイ ~絆地獄たち~ EXTRA」Xモードを遊ぶ。今回はTYPE-A機でプレイ。ロックショットの捕捉の速さを活かした立ち回りに、今更ながら面白さを見出しました。

足の速さと通常ショットの威力に長けるTYPE-Bの方が好みではありますが、TYPE-Aで攻略の幅を広げてみるのもまた一興って云うか。そんな感じで挑戦してみました。


3面中ボス・ヴィノグラドフから1UPを獲得する=ボムを使わずに全パーツを破壊した上で撃破するべく頑張ってみたのですが、ミスって失うモノ(現状では1機+ボム4発)のデカさを考えると、つい臆病になってしまう俺ソニックブーン。ヴィノグラドフの傍を行くEX機でタイミング良く弾消しすれば、アーケードより容易に1UP獲得が狙えるハズなのですが…。

で、結局プレッシャーに耐え切れず、ボムってヴィノグラドフを撃破完了ですって。

チキン!!!!!


4面ボス・シンデレラアンバーと戯れる。アンバーの吐き出す奇抜な弾幕の数々は避けていてスゲー面白いのです。が、ソレに見合った回避能力を持たない自分にとって、無謀なチャレンジは死に繋がる可能性があるワケで。

抱え死にこそ無かったモノの、アンバー撃破の為にそれなりの損害(1ミス+ボム3発使用)を被りました。まだまだノーミス突破は難しいなぁ、とか。


今回は最終面の中盤にも満たない地点でガメオベラ。使い慣れたTYPE-Bとは勝手が違う事もあり、無理が祟ってミスに繋がる場面もありました。やっぱり足が遅いのはキツイって云うか。

今まで通りTYPE-Bに絞って攻略するべきか、TYPE-Aで新たな可能性に賭けてみるか。現在絶賛好評お悩み中。どうしたもんじゃろのう~(早くも死語)。

| にっき | 20:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第三の弾幕


XBOX360版「ケツイ ~絆地獄たち~ EXTRA」Xモードを遊ぶ。ソフトを入手した当時はアーケードモードの攻略に夢中で、アレンジに相当するXモードは触れる程度しかプレイしていなかったのです。そんな経緯を思い出したので、せっかくだから今回はケツイXモードに挑戦してみました。


Xモードには全体が赤く染まった敵(EX機)が出現し、撃破時に画面内の敵弾を一掃します。他にも自機のロックショットで相殺可能な敵弾が追加され、敵の攻撃密度が多少高まりましたが、各面の道中はアーケードモードより遊び易い印象です(ボス戦はアーケードまんまのスパルタカスですが)。

画像は4面中盤に出現する厄介な移動砲台ども。XモードではこれらがEX機に設定されている為、連中がこぞって現れるエリアの難易度が格段に下がりました。だがしかし。その反動で気が抜けて、油断した瞬間に被弾する有様だよ。アホ(燃えプロっぽく)。


4面ボス・シンデレラアンバーのトリッキーな弾幕に翻弄されるのも実に久し振り。喰らい付いたら破壊するまで離さないロックショットで撃ち込みつつ、画面全体を使って弾幕を掻い潜る大立ち回りがスゲー楽しいって云うか。他の弾幕STGでは味わえないアグレッシブな攻防はケツイならではの魅力です。


地獄の最終面をヒイヒイ言いながら侵攻。厳しい、厳しすぎる(by埼玉銘菓)。このステージのアレンジBGMが素晴らしい出来栄えで、例え戦いに勝利してもノーフューチャーな主人公たちのイメージにピッタリ。雄々しくも悲壮感に満ち溢れた曲調は、ベースとなった1面BGMと比較しても聴き劣りしません。って云うか、スゲー良い…。


自機の同型機が敵として立ちはだかる。ボムらずに倒せば1UPが得られるらしいのですが、情け無い事に自分は未だにゲットしておりません…。今回はそれなりに足掻いてはみたモノの画面端に追い込まれてしまい、結局ボムって同型機を処理しました。無念ダムネン…。


アーケードで1度たりとも越えられたなかった中ボス・トラファルガーにてガメオベラ。全てのボムを注ぎ込んでも勝てませんでした…。仮にトラを倒せたとしても、まだまだ先は長く険しく果てしないワケで。トラファルガーを倒して、ようやく後半戦スタートだもんなぁ…。

ケツイ好きの一人として、せめてトラ退治くらいは成し遂げたいトコロです。ムリカナー。

| にっき | 20:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続新 弾幕ノススメ


XBOX360版「怒首領蜂大復活 ブラックレーベル」アレンジモードを遊ぶ。「ケツイ ~絆地獄たち~」の自機で大復活BLをプレイできるアレンジはオートボムが無く、ボムの積載キャパシティも増やせないと云う、素人お断りのゲームモード。過去に何度か挑んではみたモノの、頑張っても最終面中盤が限界と悟り、それ以降は華麗にスルーしていました。

だがしかし。ここ暫くの弾幕STG漬けで己の弾幕回避率がアップした(気でいる)ので、せっかくだから再びアレンジに挑戦してみたのです。


そんなアレンジでも3面中盤までは割と余裕なのですが、敵の攻撃が激しさを増す後半ともなるとハイパーボンバーマンの馬脚を現さざるを得ないワタクシ。アレンジ自機はボムスタイル仕様なのでボムを自炊できるのは有り難いのですが、ハイパー&ボムの消費が激しくて自炊が追いつかない有様だよ。

抱え死にだけはしとうない…。


3面終盤で事件発生。1UP要塞の回転レーザーにブン殴られて自機が爆発しました。確かココではハイパーを炊いて、発動時の無敵時間を活かしてレーザーをスリ抜けたハズなのに…。何故だ! 何故だ!?(KOF2001のイグニスっぽく)

XBOX360のSTGは基本的にリプレイから画像をキャプって記事にしているのですが、どうやら保存したリプレイにズレが生じた模様なのデス…。なんてこったい。


そんな感じで、本来なら最終面のティガリリ地帯後半まで進行するリプレイが、まさかの不具合によって3面ボス戦で終了デス…。リプレイがズレた原因として再生時の早送りを疑ってはみたモノの、最初から等速で送っても1UP要塞でもれなく死にました。

まぁ、最終面到達くらいなら今後も余裕で狙える(ハズな)ので、次回にチャレンジってコトで。トホホ…。


まともなリプレイを残せなかったのは無念ですが、ブログのネタとしては十分すぎる成果でした。嬉しいような悔しいような、笑っちゃいますよね!(by小倉久佳)

| にっき | 20:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月